通信制高校の月々の学費を安くするには?

通信制高校へ入学や転入を考える際に気になるのが金銭事情ですよね。

入学金や授業料、教科書代などを含めて月々どれくらいの学費がかかるのでしょうか。

通信制高校を選ぶポイントはいろいろあると思いますが、学費も重要なポイントですよね。

そこで今回は通信制高校の月々にかかる学費の比較と、その学費を安くする方法を紹介します!

(お得に一人暮らしをしたいのなら→通信制高校の学生寮で学費を安く抑えよう

通信制高校における月々の学費事情

学業にかかる費用でもある学費。通信制高校の場合も主に入学金、受講料、教材費が占めています。またこの学費は公立の場合と私立の場合で大きく異なります。公立と私立を順にみていきましょう。

公立通信制高校の場合

東京都の場合だと入学金が500円、1単位あたりが336円です。通信制高校は単位制をとっている学校が多く、授業料ではなく受講料という呼び方をします。受講料は年間だとおおよそ1~3万円になります。

この受講料、入学金とは別に必要な費用もあります。

  • 日本スポーツ振興センターへの共済掛金(165円/年)
  • 教材費(科目によって異なる)
  • レポートや書類などを送る際に発生する郵送費

他にも細々としたものがあるかもしれませんが、主にかかる費用は以上です。年間3万円程度なので、月々で言うと2,500円ほどとなるでしょう。

私立通信制高校の場合

私立の通信制高校の場合は公立の場合と異なって学費にも大きなバラつきがあります。

入学金は2~5万円、受講料は1単位あたり6000円からになります。年間だとおおよそ18万円にのぼります。

他にも、施設使用費やスクーリング代がかかります。最安の通信制高校であっても、年間の学費は20万円を超えるでしょう。

月々の出費は1万6,000円以上となります。

月々の学費だけで比較できない良さがある?!公立・私立の通信制高校のちがい

上記のように学費だけみていると公立のほうが割安でよいと感じます。

しかし公立や単位、高卒認定に特化したカリキュラムであるため精神的なフォローや卒業後のバックアップなどは手薄になっています。

ここでは公立通信制高校と私立通信制高校のちがいについて詳しくみていきましょう。

自由度が高い!

自由度は圧倒的に私立の通信制高校のほうが高いです。公立の場合は登校日こそ少ないものの、期末試験やスクーリングの日程が決められており、それに出席しないと単位を取得できません。一方私立通信制高校では、スクーリングの日程を調整できたり、インターネットを通じてレポートを提出できたりと自由度が高くなっています。

勉強以外の総合学習が豊富!

通信制高校にも文化祭や旅行といった学生生活を楽しむための行事があります。公立の場合でもそういった行事に参加することでスクーリングの単位を認められます。一方私立の場合はそうした総合学習のバリエーションが多く、公立同様の学校行事に加えて就職向け、大学受験向け、資格取得向けのコースが存在します。

精神的なサポート体制が整っている

上記したようにこれは私立通信制高校のほうが手厚くサポートしてくれます。公立もまったくサポートしてくれるわけではありませんが、私立はカウンセラーの時間が設けられていたり、ひとりひとりに合わせたカリキュラムを作成してくれたりします。

学費を安くするには

学費だけで選ぶなら公立ですが、サポートが充実している私立に行きたいひともいますよね。それでも学費がネック…。しかし奨学金や支援金を使えば私立でも安くなります!

ここでは学費を安くする方法をいくつか紹介します。

就学支援金

1つ目が就学支援金です。地方自治体によって差はありますが、世帯収入が910万円以下の家庭に対して国が支援金をだしてくれます。申請は公立私立関係なくでき、公立は1単位あたり350~700円、私立は1単位あたり4800円程度給付金をもらうことができます。しかし、すでに高校卒業している、休学の場合を除いて在学期間が48ヶ月を超えている、世帯収入が月30万4200円以上の場合はあてはまりません。

奨学金

また、奨学金も得ることができます。種類はさまざまですが、無利子のもの、返済不要のものもあるのできちんと調べてみることをおすすめします。

特待生制度

また大学進学意欲のある場合や、芸術スポーツなどの分野で活躍している場合は特待生制度を受けることもできます。

学費が安い通信制高校

ここでは学費が安い私立通信制高校トップ3を紹介したいと思います!

1位:鹿島学園高等学校
年間の学費目安は脅威の19万円。3年間通っても60万円いきません。ほかにも教材費等かかりますが、私立の中で最安値です。
2位:N高等学校
2016年に開校したばかりの比較的新しい学校。インターネットを活用したオンライン授業が中心です。また大手有名企業が経営しているというのもポイントです。
3位:ヒューマンキャンパス高等学校
知名度も高く専門課程が多彩な学校。現在人気上昇中です。10月から3月の間はお得に入学できます。

 

まとめ

通信制高校の場合、なによりも大切なのは通信制高校を卒業して、高卒認定を得ることです。いくら学費が安くても、通うことが可能かどうか見極めことは大事です。

事前調査を怠らず、ステキな通信制高校ライフを送ってくださいね。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ