通信制高校飛鳥未来きずな高等学校の学費

今回は、通信制高校の中でも進学率が高いと評判な飛鳥未来高等学校の姉妹校である、飛鳥未来きずな高等学校の特徴やコース、学費について詳しく紹介していきます。学費が安く専門分野が充実している点が魅力な学校なのでそれをお伝えしていきます!これであなたもきっと通いたくなるでしょう。

飛鳥未来きずな高等学校の学費

通信制高校を選ぶ理由は学費が安いからですよね。そのため学校選びを大きく左右する学費についてまず紹介していきます。就学支援金の対象学校なので、ここでは就学支援金で差し引いた学費をコースごとに紹介します。

ベーシックコース

入学金10,000円 施設、設備費60,000円

単位履修料(1単位:8000円)224,000円 補修費100,000円 教材費30,000円

合計424,000円から就学支援金で差し引いて、実質負担金は289,624円です。

スタンダートコース

入学金10,000円 施設、設備費60,000円

単位履修料(1単位:8000円)224,000円 補修費180,000円 教材費30,000円

合計504,000円から就学支援金で差し引いて、実質負担金は369,624円です。

週3DAYコース

入学金10,000円 施設、設備費60,000円
単位履修料(1単位:8000円)224,000円 補修費280,000円 諸軽費50,000円

合計639,000円から就学支援金で差し引いて、実質負担金は504,264円です。

私立の通信制高校の相場の学費を考慮すれば、比較的通いやすい学費と言えます。

※紹介した学費は、大宮キャンパスのものです。キャンパスによっては異なる場合もあります。
コース別に学費をご紹介したので、続いてそれぞれのコースの特徴を見ていきましょう。

進学率が高く専門分野が充実している

飛鳥未来きずな高等学校は全国各地にスクーリングできるキャンパスがあるため、どの地域からでも通いやすいです。

北は札幌から、南は沖縄まで全国に9ヶ所設けています。本校は宮城の登米です。

2017年に開校した学校なので、多くのキャンパスの施設や設備がとてもキレイです。ただし、一部のキャンパスは元々使用していたところを利用しています。

飛鳥未来きずな高等学校は新設校であるため、まだ進路実績はありませんが、姉妹校である飛鳥未来高等学校は、進路決定率が90.5パーセントと、通信制高校の中で非常に高い数字です。

それゆえ、飛鳥未来高等学校の評判はとても高いので、飛鳥未来きずな高等学校も進路に関して、とても期待値が高いです。これが大きな特徴の1つです。

充実した専門分野

そして、もう1つの特徴として、高校生ながら専門学校の授業を受けられるということがあります。

女性に人気のある、メイクアップ講座から、就職で役立つであろう、医療事務の講座まで幅広いジャンルの学ぶことができます。

なぜ専門学校の授業を受けられるかというと、飛鳥未来きずな高等学校を運営している、三幸学園は多くの專門学校を経営しているからです。

そのため、三幸学園が運営している専門学校であれば、授業を受けれる他、進学が優先されます。

専門学校以外にも大学、短期大学もグループ内に属しているので、専門学校以外の進路も選べます。この制度が、進路決定率を押し上げる大きな要因でしょう。

なにをするか迷っている人は、この制度を使ってさまざまな体験をして、自分の目標がみつかるかもしれません。

選べる登校スタイル

コースは、自由登校制のベーシックコース、スタンダートコースとクラス制が採用される3DAYコースがあります。

ベーシックコース

ベーシックコースは、週1日から毎日でも登校が可能なコースです。

登校の日数や登校時間は自由に決めることができるので、いつ来ても、いつ帰っても問題ありません。

スタンダートコース

スタンダートコースもベーシックコースと同じく、自分で自由に登校の日数や登校時間を決めることができます。

ベーシックコースと異なる点は、スタンダートコースは週1回のホームルームがあることです。

クラスのみんなで学校行事に参加できるので、学校生活を楽しむこともできます。

ベーシックコース、スタンダートコースともに自分の時間を作れるので、アルバイトをしながら通いたい方、仕事の忙しい社会人の方などにおすすめです。

週3DAYコース

週3DAYコースは名前の通り、週3日の登校があります。

クラス制で週3日あるので、全日制の学校のように友達を作りやすい環境があります。もちろん、学校行事にも参加します。

姉妹校である飛鳥未来高等学校の文化祭は、他校の生徒が多數訪れ、通信制高校の中でも大変盛り上がりをみせているので、飛鳥未来きずな高等学校の文化祭も大規模な楽しい文化祭を行えるでしょう。

このような学校生活を存分に楽しみたいという方には、週3DAYコースがとてもおすすめです。

高校生活を充実なものにしてくれる

通信制高校の飛鳥未来きずな高等学校の特徴やコース、学費について詳しく紹介しましたが、いかがでしたか。学費が安いだけではなく、通学スタイルを選ぶことが出来て専門分野も充実している学校はそんなに多くはありません。通信制高校で心配になるのは学費と進学率です。その両方を満たしている素敵な学校だと言えるでしょう。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ