名古屋にある学費の安い通信制高校をどこよりも詳しく紹介!

通信制高校を選ぶ上で一番重要なもののひとつが学費ではないでしょうか?いくら自分の行きたい高校にドンピシャだったとしても、学費が高くて諦めざるを得ない…そんなこと、起こらないのが最もいいことなのですが、残念ながらそういうわけにもいきません。

そこで、3年間なんと100万円以下で済んでしまう、つまり1ヶ月換算で3万円未満というお手軽価格の通信制高校を名古屋の”区”別にご紹介します!学費が安いからと言ってそのサービスの内容が劣っているというわけではないですし、乞うご期待!

(卒業後に就職を考えるなら→就職実績の良い通信制高校の学費は?

名古屋市中区にある通信制高校の学費

名古屋の中心地、中区にはたくさんの通信制高校があります!自分に合った学校が見つかると思いますよ!

鹿島学院高等学校/名古屋栄、ゆいまーる学園、ギタークラフトアカデミー高等部名古屋校、金山キャンパス

鹿島学院高等学校はにほんに130箇所ものセンターを持つ日本有数の通信制高校で、卒業資格も全日制高校と同じです。

学費が3年間で65万円ほどというリーズナブルな設定にも関わらず、通学のバリエーション(週1~5日通学から、本校での全寮制まで選べます)や専門授業(美容、芸能他計14コース)が豊富です。是非一度は資料を取り寄せ、じっくり考えてみたい通信制高校ですね。

精華学院高等学校/名古屋栄学習センター

精華学院高等学校はタブレット学習を推進している通信制高校で、年間を通して様々な活動を企画しており、本校は山口県にあります。学費は3年間で76万ほどで、生徒の満足度が高い通信制高校でもあります。

日本ウェルネス高等学校/名古屋キャンパス

この通信制高校の大きな特徴は、スポーツ教育に非常に優れていることです。オリンピック連続出場やワールドカップ優勝をする選手、オリンピック日本代表監督や公式トレーナー、国際大会で活躍するスポーツ選手を数多く排出しており、スポーツの名門校と言えるでしょう。

スポーツ以外にも、高校卒業資格取得を目指すためのコースが、登校頻度別に3つと、専門特化コースが10近くあり、学びに適した環境であることには違いありません!学費も3年間で76万ほどととっつきやすい額でしょう。

未来高等学校・名古屋みらい高等学院

未来高等学校は、平日コースを始め、通信制高校卒業を目指した様々なコースが設置されており、自分のペースで通うことができます。選考はありますが、学費は3年間で73万、かつ生活保護世帯への授業料軽減お取り組みにも積極的なので、家庭のお財布事情と相談して、是非一考してみたいところですね。

名古屋市昭和区にある通信制高校の学費

大学や文化的施設も多い昭和区。学習するのにもってこいの地域です。

鹿島学院高等学校/ゆいまーる学園

鹿島学院高等学校自体は「中区」の見出しの方でもご紹介していますが、130箇所もある学習センターのうちの一つ、ゆいまーる学園についてご紹介すると、鶴舞駅から徒歩7分という好立地にあり、いじめや暴力がからむ非行関係の物事に関係を持ちたくないという学生さんにおすすめです。

主には、大学受験などの進路に向けて勉強をし、中学内容からでも遡ってくれます。学費は鹿島学院高等学校全般と同じで、3年間で65万円ほどです。

代々木高等学校/名古屋サテライトキャンパス

ここは全て個人指導で授業を行うというのが特徴で、コースも専門を学ぶものから難関大学をめざすものまで様々です。

少しご紹介させていただくと、普通科コースは、中学レベルの学習から大学を目指す人まで、幅広い学生に補習等で対応し、通信制高校にしては珍しく、出席を重視しているコースです。また、英進コースというのもあり、これは旧帝大のような難関大学や医学部をめざすコースとして開講されています。

専門に特化したコースでいうと、高度ITコース、ファッション・ビューティーコース、乳幼児セラピストコース、カラーコーディネーターコース、エステティックセラピストコース、メイクアップアーティストコースがあり、幅広く各分野に興味がある学生を募集しています。学費は3年間で69万円ほどです。

名古屋市名古屋駅前にある通信制高校の学費

他の区にも学習センターを持っている通信制高校がほとんどです。鹿島学院高等学校(名古屋駅前キャンパス)、精華学院高等学校(名古屋駅前学習センター)はそれに入ります。

唯一駅前(中村区)のみに校舎を持っているのがヒューマンキャンパス高等学校・名古屋学習センターです。ここでは、学べる分野が40以上、目指せる業種はなんと70位上もあり、加えて現場で実際に専門学習ができるカリキュラムも設定しているため、自分の興味関心にピッタリ合ったコースで勉強したいと思うのだったら、この通信制高校をおすすめします。学費も3年間で93万ほどで、ここで紹介している他の通信制高校よりは高めですが、それでも全日制の高校と同じくらいでしょう。

その他の区にある通信制高校の学費

まずは、鹿島学院高等学校の匠高等学院が東区にあるということをご紹介します。さすが130箇所ものセンターをもつ通信制高校、どの区にもセンターを構える勢いですね。

NHK学園高等学校/名古屋大谷協力校(瑞穂区)

NHK学園高等学校といえば、50年もの歴史があり、日本最大規模の通信制高校で、現在は日本全国で約4400人の生徒が在籍しています。授業はNHK高校講座を使い、生徒一人ひとりに合わせた豊富なコース構成が特徴です。

名古屋大谷協力校はと言うと、約50名の生徒が在籍しており、年齢層の幅も広いので、家族のような雰囲気のクラスルームなのだそうです。

この校舎ではネット額種Doltコース、ネット学習コース、ベーシックコースを取り扱っており、生徒活動も盛んで、遠足や体育祭、文化祭もあるのだそうです。こんなに教育制度が充実している割には学費は3年間でおよそ79万円であり、手に届きやすい学校と言えるでしょう。

愛知県立旭陵高等学校(東区)

まず驚くのはその圧倒的な安さです。なんと、3年間で10万!一年で3万、一ヶ月で3000円未満ほどしか費用がかからないのです!その上、入学検定もなく、かつ全日制課程と同じように高校卒業認定を受けることができるのですから、いいことだらけです。

なぜこんなに安いのか?それは、旭陵高等学校が愛知県に2校しかない通信制家庭のみの県立高校だからです。通信制高校は殆どが私立ですから、それに比べたら圧倒的に安いということですね。

県立ですから、基本的には県内在住か勤務している人が通えるのですが、県外に住む人でも問い合わせてみることで通える可能性はあります。一度資料を請求して問い合わせてみてはいかがでしょうか?

名古屋にはバラエティ豊かな通信制高校があります!

名古屋市内にはたくさんの通信制高校があります。きっと自分に合った学校も見つかるはずです。

一度資料を請求して、どんな学校があるか確認してみてはいかがですか?


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ