大川学園高等学校の学費や特徴について

高校ときくと、毎日登校して朝から夕方まで授業を受けるという全日制をイメージしがちですが、高校はそれだけではありません。

通信制高校というまったく変わったスタイルの学校もあることを忘れてはいけません。

ここでは、埼玉県にある通信制高校の大川学園高等学校について、学校の特徴やコース、学費について詳しく紹介していきます。

私立で唯一福祉科のある大川学園高等学校

大川学園高等学校は、創立70年を誇る歴史と伝統を兼ね備えた、大川学園が運営する通信制高校です。

校舎は埼玉県の飯能市にあり、埼玉、東京、神奈川、千葉、群馬、山梨に住む方を入学者の対象としています。

また、埼玉県の私立通信制高校の中でも唯一福祉科のある学校であり、併設されている大川学園医療福祉専門学校との連携が強く、福祉系を目指している人に非常に人気です。

学費について

まず検定料から見ていきましょう。検定は新入学、編入、転入に関わらず、4月と10月の2回です。

検定料も一律で25,000円となっています。

学費はコースによって大きく異なりますので、一律の学費のみ紹介していきます。

入学金30,000円

施設設備(年間)40.000円

1単位9,000円

年間でおおよそ280,000円となっています。私学の通信制高校では比較的通いやすい学費です。

学費の詳細が気になった方は、学校のホームページから学校資料を取り寄せてみてください。

充実したコース

大川学園高等学校には全日型コースと週1日型コースがあります。

全日型コースには福祉科と普通科があります。一方、週1日型コースは普通科のみとなりなす。それではそれぞれのコースの特徴を見ていきましょう。

全日型コース福祉科

福祉科では、その名の通り、福祉について専門的に学ぶことができます。大川学園高等学校は併設の大川学園医療福祉専門学校と強固に連携しています。

そのため、介護実習室や入浴実習室、家政実習室など、普通の学校では絶対にないような、充実した施設設備を活用することができます。

これらの施設を活用して、3年間で最大49単位を専門科目として履修ができます。そして最も魅力的なポイントとして、介護職員初任者研修を修了することができることです。

また卒業してから大川学園医療福祉専門学校の介護福祉学科に内部進学することもできるので福祉系の仕事を目指す方には嬉しいですね。

これらの要素が大川学園高等学校から多くの福祉のスペシャリストを生み出す大きな要因でしょう。

全日型コース普通科

普通科(全日型コース)は、基礎学力を身に付ける事がベースで、多彩なカリキュラムを組むことによって学力の向上を目指していきます。

3年間の履修単位数は必修科目と選択科目を合わせて、75単位とゆったりしたカリキュラムとなっています。そのため、自分のペースで無理なく学ぶことができます。

編入や転入の場合であれば、前の学校の単位を引き継ぐことも可能です。

選択科目は生徒の要望に合わせて、文化教養系、生活系、スポーツ系といった18単位の中から自由に選ぶことができます。

授業で使うテキストは大川学園高等学校オリジナルのテキストとなっており、一人ひとりの生徒の学習ペースに合わせたものとなっています。

そして平成28年度からは、慶應義塾大学大学院SDM研究科の先生による特別講義が始まりました。

これは「物を見る力」「発想する力」「発表する力」を伸ばす目的として始められました。勉強を学ぶだけでなく、その先まで見据えた、通信制高校ならではのユニークな試みです。

 

週1日型普通科

つぎに週1日型コースの普通科について紹介します。このコースは毎週土曜日の週1日のスクーリングを基本としています。内容は自宅学習でのレポート学習です。

放課後には、基礎学力講座や資格試験対策講座が実施され、基礎学力をしっかりと身につけたい生徒や、資格取得を目指している生徒が任意で受講できます。

週1日のスクーリングということなので、アルバイトをしたい方や、仕事で忙しい社会人におすすめです。また、通信制高校の中では比較的スクーリングが多いため、勉強のサポートがしっかりしています。

学費に余裕がないから働きながらしか稼げないという人や自分で資格勉強する時間を増やしたい人に人気のコースです。

通信制高校でも福祉を学べる

埼玉県の通信制高校の大川学園高等学校について、特徴やコース、学費について紹介していきました。

通信制高校は今や全国に数多くありますが、そのなかでも大川学園高等学校はその他の通信制高校に比べて、学校の特色がはっきりしている通信制高校です。

先ほど紹介した福祉以外の点では、部活動にも力を入れています。バスケットボール、ソフトテニス、柔道などの運動部から、軽音楽、美術、書道などの文化部まで幅広くあります。

また宿泊研修、球技大会、体育祭、文化祭など全日制の学校に負けないくらい、楽しい学校行事が盛りだくさん用意しています。そのため高校生活を楽しみという方にもとてもおすすめの学校です。

高齢化社会が進む中で、介護、福祉はどんどん需要が増していきます。

このような現状から、福祉の道に進むのも一つの手ではないでしょうか。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ