通信制高校で高卒と同時に美容師免許取得!学費など徹底解説

ヘアアレンジやファッションが好きで将来は美容師を目指している、そんなみなさんにおすすめなのが通信制高校の美容師免許取得コース
夢を目指すにはまず高校を出てから、と思ってはいませんか?
美容の専門学校と提携した通信制高校に入学すれば、高校に通いながら美容の勉強をして卒業と同時に美容師免許を取得することだって可能なんです!


通信制高校なら高卒と同時に美容師になれる!?

早いうちから夢に向かって努力したい!
そんな意欲高い皆さんに今人気なのが、通信制高校で高卒免許取得の勉強をしながら、美容や音楽など自分が興味ある将来に役立つ専門課程を学ぶコースです。
美容コースなら、高校卒業と同時に美容師免許も取得できる高校もあるんですよ!
今中学生の皆さんは「そんなすごいこと高校生でできるのかなあ…」と思うかもしれませんが合格保証制度がある学校もあるので、安心して保護者の方にも話をすることができるんです。

提携の専門学校に同時入学

とはいえ通信制高校の中だけで、国家資格を取得するための専門的な勉強をすべて行うのは難しいです。
そのため多くの美容コースでは、通信制高校に入学すると同時に提携の専門学校に入学する運びとなります。
ここで注意してほしいのが提携している専門学校はきちんと美容師免許が取得できるのかということ。
高校卒業と同時に国家試験に合格できる学校もあれば、実はそうでない美容の基礎を勉強だけの学校もあるんです。
基礎を学ぶだけの学校に入学してしまうと、高校でせっかく人より早く美容を学んだのに卒業後さらに専門学校に通わなくてはならなくなります。
もちろんそれが無駄になることはありませんが、どうせなら高卒と同時に美容師免許が取得できる学校に入学することを是非おすすめしたいです!

高校の勉強は2年まで!3年次からは免許取得に集中

通信制高校では年間の取得単位数を自分のペースで設定することができます。
通信制の美容コースに通った場合、3年生では国家試験の勉強があり、高卒のための勉強やレポート提出と両立するのはなかなか難しいです。
そのため通信制高校の美容コースでは2年制までに高校卒業単位のほとんどを取得することを目指します。
そうすることで3年次には思う存分美容師国家試験に向けた勉強をすることができるんです。

同い年の多くの学生より早く美容業界デビュー!

多くの学生は高校を18歳で卒業して、そこから2~4年間専門学校に通ってから、美容師免許を取得することになります。
その場合、実際に美容師として働けるようになるのは20歳から22歳。
しかし通信制高校で免許を取得してしまえば、18歳には一人前の美容師としてデビューすることができちゃうんです!
ファッションの業界は若ければ若いほど注目されますし、下積み期間も長いので、早いうちから業界に出て勉強を積むことが肝心。
通信制高校なら同級生よりも早く夢を叶えることができますよ!


飛鳥未来高等学校美容師免許取得コースの学費

しかし高校に通いながら専門学校に通うとなると、心配なのが学費ですよね。
同時に2つ学校に通うとなるとアルバイトなどもなかなかできなさそうなので、自分で働いて学費を稼ぐのも難しそう。
実際に通信制高校の美容過程に入った場合の費用はいくらかかるのでしょうか。
飛鳥未来高等学校の1年次の学費を例に見ていきたいと思います。

入学金 10,000円
施設設備費 90,000円
単位履修料 36単位×8,000円=288,000円
補習費 145,000円
教材費・その他諸経費 約35,000円
合計 568,000円
美容家通信課程費用 約410,000円
総合計 約978,000円

高校卒業後に専門学校に行くよりも安い

飛鳥未来高等学校では、初年度に約100万円の学費が必要であるようです。
しかし専門学校に通うことを考えれば納得の金額といえるのではないでしょうか。
2年次は約90万、3年次には約100万円の費用がかかるので卒業までには合計300万円ほどかかるようです。
なお、就学支援金対象の方は上記の金額から一部費用が免除されるため、負担を少なくして学校に通うことができます。

ヘアアレンジやファッションに興味がある皆さん!

文化祭や体育祭で同級生にヘアアレンジしてあげるのが好きだったり、ファッションや美容の業界で将来働きたいな~となんとなく考えていたりする中学生の方。
もしくは今高校に通っているけど、将来は美容業界で働きたいという強い意志ができて、できるだけ早いうちから行動に移したい高校生の方。
通信制高校なら学費も安く高卒と同時に美容師の国家資格を取得することができます!
しかし将来の仕事を10代のうちから決めてしまうことに不安がある人もいるかと思います。
でも美容師の免許はいつとっても無駄になるということはありません。
高校生の間に取得して、その後ファッションの大学に行くなどという幅広い進路の選択もできます。
通信制高校では中学生から参加できるイベントを多く開催しているので、ぜひ一度専門学校と併せて見学に行ってみてください!


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ