母子家庭だから私立通信制高校の学費を支払えるか不安です…

「全日制よりも学費が安いから」そんな理由で通信制高校を検討する家庭も最近では多く、収入が低い傾向にある母子家庭でも通信制高校への入学を考えるケースが多いです。

しかし公立の通信制高校は各都道府県に数校しかないので倍率が高いこともあり、少し学費が高いと思われる私立の学校を検討している家庭は授業料の支払いについて不安を持つこともあるのではないでしょうか。

今回は母子家庭の皆さんにスポットをあてて通信制高校の学費について解説します。

母子家庭の平均年収

あなたの家庭はどのくらいの年収をお持ちですか?

一口に母子家庭といっても母親が正社員として働いているかもしくはパートタイムで働いているか、またお子さんの収入があるかないかなどによって年収は大きく変わってきますよね。

平成22年の調査データによると、シングルマザー・母子世帯の平均年収は291万円。

ちなみに同じ片親の家庭でも父子家庭のほうが母子家庭よりも収入が高くなる傾向にあるようです。

その他の家庭と比べると

家庭の形態に関係ない児童のいる世帯の平均年収は、658万円(平成22年の調査より)。

つまり母子家庭の多くは平均の半分以下の収入で生活をしているということになります。

学費が安いといわれる通信制高校だとしても、授業料の支払いに対して不安な気持ちを抱くのは自然なことだといえるでしょう。

しかし学費の支払いがものすごく難しいのかといえばそんなこともありません。

通信制高校の学費の平均額

通信制高校の学費は私立でもだいたい30~40万円ほどだといわれています。

→通信制高校の学費の相場を調べてみた

同じ私立でも全日制高校と比べてもかなり安い授業料なんです。

平均年収と同等の収入だった場合、30万円支払いが必要だったとしても260万円残ることになります。

負担を減らすためにおすすめの制度

しかし30万円も出費があるのは母子家庭にとってかなり大きな痛手でしょう。

できるかぎり負担を減らすためにさまざまな制度を利用するのがおすすめです。

多くの家庭が以下のような制度を利用して通信制高校へ通っています。

学校に資料を請求した際に詳しく記載があることも多く、学校側も利用を推奨していますよ。

高等学校等就学支援金

就学支援金は高校を卒業するために国が授業料を一部負担してくれる制度です。

世帯年収額によって給付される金額は異なり、母子家庭に多い世帯年収250万円以下のケースではなんと基本支給額の2.5倍もの金額を受給することができます。

もともと学費の設定が安めの学校を選べば、授業料を実質無料にすることだって可能です。

なお、この高等学校等就学支援金を利用できるのは、高校卒業までにかかる費用のなかでも授業料のみとなっています。

そのため学校への交通費や制服の購入代金、修学旅行の参加費用、入学時にかかる入学金さえも適用することはできません。

奨学金制度

そこで登場するのが奨学金制度です。

奨学金なら利用に制限が少ないので、制服の購入や行事への参加費用としても利用することができます。

返済が必要ない奨学金も多いのでなるべく返済不要な制度を利用するのがおすすめです。

奨学金というと大学生が利用するイメージが多いかもしれませんが、通信制高校の学費にも利用できるとはびっくりですね。

教育ローン

ローンの利用には抵抗があるという家庭も多いかもしれませんが、母子家庭でも教育ローンなら審査に通ることがほとんどなので安心してください。

高校を卒業後に生徒本人が働くようになってから学費を支払うことができるので、意外とローンを利用する家庭は多いです。

おすすめの通信制高校

母子家庭のお子さんが通う学校を選ぶ際に、気をつけたいポイントをここでは幾つか紹介します!

学校選びのときにぜひ参考にしてみると気に入る学校が見つかりやすいかもしれません。

レポート提出はオンラインか郵送か

母一人子一人の家庭の場合は自宅にパソコンがなかったり、インターネット環境が十分でなかったりすることも多いですよね。

最近の通信制高校はネットでレポート提出ができる学校も多いのですが、ネット環境がない家庭では逆に不便なこともあります。

郵送でのレポート提出が可能かどうかはあらかじめ確認しておくといいでしょう。

進路指導が充実しているか

通信制高校は実は全日制高校以上に進路指導が充実している学校が多いです。

進路について親が相談を受ける時間をとることができないぶん、学校はなるべくサポートが多いところを選ぶのがいいでしょう。

高校卒業後の大学へ入学する際の費用についても相談できることもあります。

まとめ

結論から言うと母子家庭でも通信制高校の学費であれば、いろいろな制度を利用すれば全日制と比べて支払いは難しくないです!

入学してみるとクラスメートにも自分と同じ状況の人がたくさんいることがわかるでしょう。

今の時代片親の家庭は非常に多いのでそのぶん制度も増えてきています。

高校卒業のために上手なやりくりを心がけましょう!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ