通信制高校で建築を学びたい!学費は?

建築の仕事は様々な能力・技術を持った人達が協力しながら進めていきます。

その中でも、要であるのが建築士です。

建物の設計や、工事の管理を行う人達の事であり、業界に関わりたいと考えている多くの人がこの職業を目指しています。

専門的な教育を受けなければ、なる事の難しい職業でもあります。

勿論、現場で働く大工さんも、男の子の憧れの職業として根強い人気があります。

大工は花形仕事と言った所でしょう。

では、通信制高校卒業後に、建築士、大工などになる事は可能なのでしょうか。

また、実際に仕事に着く、関連の資格を取るのに有利な通信制高校の学費はどれくらいなのでしょうか。

(建築を先行する場合、一般コース以上に学費がかかります。支払いが不安な方はこの記事も参照しましょう!

通信制高校の就学支援金で学費を安くしよう)

建築士と技術労働者の違い

建築士になる為には国家資格を得る必要がありますが、学歴と実務経験年数が条件を満たしていなければ試験を受ける事が出来ません。

高校の土木科を卒業した人は3年以上実務経験を積めば試験を受けられる様になります。

大学、短大、高専の土木科を卒業した方は、1年以上実務経験を積めば試験が受けられ、建築科を卒業した場合は、実務経験なく試験が受けられます。

通信制高校の専門コースは、全日制工業高校の建築科と違い、こうした例が適応されない場合もあるので注意が必要です。

技術労働者か建築士か

全日制の工業高校の中には、製図や構造設計などを中心に学ぶ建築科を設けている所があります。

しかし、それ以外の工業高校や通信制高校では、大工、電気工、内装工といった所謂技術労働者になる為に必要な勉強をする事になります。

業界に関わりたいと考えている人には、どちらも大きな人気がありますが、現場における役割は全く違うので注意が必要です。

また、専門学習を受けず大工になった場合、試験を受けられるようになるまで7年かかるので、注意しましょう。

建築について学べる通信制高校

建築を専門的に学べる通信制高校は多くありませんが、震災復旧や、東京五輪終了後も続くであろう新開発などの関係で、特に建設業界の躍進が予想されています。

業界の高齢化、人手不足が深刻な現状もあり、若手に大きなチャンスが与えられる傾向は強くなっています。

また、そうした状況を受け、新たに通信制高校に専門コースが創設される可能性も大いにあります。

相生学院の新しい試み

通信制高校の中では、相生学院が建設業界と手を組み、新しい学習スタイルを行っています。

2015年に新設された専門コースは、週5日のうち、4日間現場学習を実施し、残る1日で一般科目や、製図等の勉強を行っています。

この実習は、企業が見習いとして扱うので、一般的な職業体験よりも実践的な仕事を行うことができ、給料も出ます。

通信制高校以外の同学年と比べても早く成長できますし、お金を貰う事も出来るなんて一石二鳥ですね!

CADや設計デザインの勉強も!

通信制高校の中でも規模が大きい事で有名な鹿島学園では、古河キャンパス(茨城県)などいくつかのキャンパスで、CAD講座や設計デザイン講習を行っています(費用は学費と別)。

CADとは、従来の製図作業をコンピューターで行う為のソフトの事であり、時にはこのソフトを使った製図作業全般の事も指します。

今やIT技術との連携が必須な建設業界においてCADが使用できる事は、採用時に非常に大きなアピールとなります。

設計デザイン講習を学ぶと、ゼネコン、設計事務所への就職時に評価してもらえる可能性が高まります。

こうした会社に入り見習いを経ると建設設計者として空間、機能デザインといった仕事を受け持ちますが、高校時からその基礎を学ぶ事が出来ます。

建築について学べる通信制高校の学費

ここでは、学費について紹介していきます。

条件が当てはまる通信制高校は全国にいくつかありますが、今回はその中でも1番、注目度の高い相生学院の専門コースの学費を紹介していきたいと思います!

相生学院は、主に大工や電気工といった現場労働者の育成に力を入れているので、設計、デザイナーとして仕事に関わりたいと考えている人は注意が必要です。

相生学院専門コースの学費

入学金 50,000円
授業料 9,000円/1単位
諸経費 30,000円/年

相生学院の学費は、上記の様になっています。

また、これとは別に一般科目や製図の勉強等の為の教材費などがかかりますので注意が必要です。

実習に行く事で学費を一部負担する事が可能ですが、もし学費の支払いに不安を抱く場合は、就学支援金といった補助金制度を通信制高校の場合は特別に利用する事が可能です。

就学支援金を利用しよう!

就学支援金とは、学校を通じて国に申請する事でもらえる支援金です。

公立の通信制高校では学費の中から授業料が全額免除となり、私立の通信制高校では年間学費約12万円が減額されます。

こうした制度を利用して学費負担を軽減する事で通信制高校に通えている人は大勢います。

もし学費の支払いに不安な場合は、積極的に利用しましょう!

まとめ

業界で働く為に、高卒資格や設計の資格が必ずしも必要な訳ではありません。学費の支払いが不安なら尚更です。

しかし、通信制高校に通う事で、「どういった大工になりたいか」「その為には何をすれば良いのか」といった自分の人生に対する考えは間違いなく深まります。

それは、仕事面だけではなく、生きていく上で大切な能力でもあります。

スキルアップだけを目指すのでなく、人間的成長もしたい方は、通信制高校進学も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ