通信制高校でも部活ができるの?学費も調べてみました!

通信制高校を選ぶときに部活ができる学校がいいと考えている方も多いはず。

学校に通う上で、自分のやりたいことを見つけてそれを続けることはとても大切です。

通信制高校ですとオプションコースによっては専門分野の勉強もできるので、比較的自分のやりたいことを見つけることは簡単だと思います。

高校時代に周りの人達よりも成長して将来はプロ選手になりたい。

自分の好きなスポーツを通信制高校校に通いながら続けていきたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな通信制高校の中でも部活動に力を入れている学校を選んで紹介します!

通信制高校だから気軽にスポーツができる!

通信制高校を卒業するには、レポートによる自宅学習と、スクーリングによって所定の単位を取得しなければなりません。

活動はスクーリングとは別に日程を確保し、活動の時間に当てるというやり方が多いようです。

通信制高校によって活動の頻度やどれほどの時間やるのかといったことは異なりますが、週一度活動することが多いようです。

週一度でしたら無理なく活動に参加することができますし、週に一度のいいリフレッシュにもなるのではないでしょうか。

部活動で友達を作ろう

通信制高校ではスクーリングなどの日程もそれぞれのスケジューリングによることが多いので、なかなか友だちができない場合もあります。

しかし活動に参加した場合は、何人かの友達と週に一度一緒に活動をすることになります。

活動を通じて、自然と仲のいい友達ができることもあるのではないでしょうか。

友達ができることで、また学生生活が楽しくなりますし、いままで気づかなかったことにも気づくことができるのではないでしょうか。

通信制・定時制の大会がある!

通信制、定時制の部活動にも、大会があるのをご存知ですか?

全国高等学校定時制通信制体育大会といって、陸上競技、柔道、サッカー、の大会が毎年開かれています。

野球でも、全国高等学校軟式野球選手権大会や全国高等学校定時制通信制軟式野球大会といった軟式の甲子園が開催されており、通信制、定時制の学校が参加することができます。

最近ですと、野球部がある通信制高校も多くなっているので、より大会も盛んになってきているようです。

専門コースという手段もあります

通信制高校によっては自分の興味のあることを勉強できるオプションコースを開設している場合があります。

そういった中にはスポーツを専門的に学べるコースもあります。

もし部活動という枠組みにとどまらず、将来は自分の大好きなスポーツのプロになりたい、なにかしら関わった仕事に就きたいと考えている人はオプションコースを受講するのもいいのではないでしょうか。

スポーツが盛んな学校の学費の目安は?

部活動に参加するには細々とした費用がかかるのでそのぶん費用が気になりますよね。

学費が安くてスポーツに力を入れている学校をここで1校紹介します。

鹿島学園高等学校の場合

鹿島学園高等学校は非常にスポーツに力を入れている学校です。

オプションコースでスポーツを専攻することもできるので、自分のやりたいスポーツを極めたいと考えている方にオススメです。

寮や設備なども充実しており、目一杯活動ができるのではないでしょうか。

注意すべき点は、キャンパスによってできる種目が異なること。

自分のやりたいスポーツができるキャンパスをきちんと選びましょう。

何人ものプロを輩出している実績もあるので、非常に信頼感がありますし、部活動の他にも高校卒業資格取得のためのサポートや進路についてのサポートも手厚い学校です。

入学費 50000円
授業料 7000円/単位
施設費 24000円/年間
通信費 5000円/年間
合計 655000円

こちらの合計は就学支援金を利用した場合の金額ではありません。家庭の経済状況によって異なりますが、授業料が大きく軽減されます。

また、これらの他に教科書代や修学旅行費用、オプションコースや通学コースによつ追加の学費などがかかる場合があるので、詳しくは資料請求で確認したほうがいいでしょう。

→鹿島学園高等学校の学費詳細

部活を通じて最高の高校生活を過ごそう!

通信制高校でも部活動をちゃんとやることができます。

オプションコースを受けて専門的に学ぶほどではないけど、高校でも自分の好きなスポーツを続けたいと考えているという方は是非検討してみてください。

部活動の場合は、オプションコースと比べて学費もかからないのでその点でもオススメです。

今回紹介したような通信制、定時制を対象にした大会などもあるので、部活動に入っても、目標を持って取り組むことができるのではないでしょうか。

大切なのは、学校で自分のやりたいことを続けることではないでしょうか。

今回紹介した鹿島学園高等学校以外にも部活動に力を入れている学校はまだまだありますので、自分に合った通信制高校を見つけることをオススメします。

そういった情報はなかなか学校のホームページにも載っていないことが多いので、どこか気になる学校が見つかったら一度資料を請求してみるといいですよ!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ