通信制高校に通ってダンスのプロを目指そう!学費など解説

いま幼稚園や小学校の頃からダンスを習い、学生のうちからプロのダンサーを目指す人が増えています。
実際に中学生の頃から世界大会などで活躍している日本人もいるんですよ。
またダンス甲子園も毎年熱い闘いで盛り上がっていますね。
そういった若いうちから活躍している人たちは、勉強よりも何よりもダンス優先の生活を送っています
そんな生活を送るために通信制高校に通っている人も多いんです。
今回はダンスを仕事にするために通信制高校へ通うメリットや学費例を紹介します。

ダンスのプロになるために通信制高校に通うメリット

実はダンスは、いろいろなジャンルから専門課程を選んで学ぶことができる通信制高校のなかでも人気のジャンル。
ダンス専門の通信制高校サポート校があるほど、生徒の人数もどんどん増えているようです。
どうしてそんなにも通信制高校はダンサーに人気なのか?
全日制高校ではなく通信制高校やサポート校に通って高校を卒業するメリットをご紹介します。

自分の時間が増える

通信制高校の最も大きな特徴はとにかく自分の時間が増えることです。
全日制高校では基本的に週5日学校に通わなければならないので、レッスンを受けられるのは夕方以降の時間になってしまいます。
衣装など何かとお金がかかることも多いですが、アルバイトをする時間もそんなにとれないですよね。
しかもダンスのイベントは夜間に行われるものも多いので勉強との両立はとても大変。
おかげで中退してしまう人もたくさんいます。
しかし通信制高校なら最低年3日ほどの登校で卒業できるので、自分の時間をしっかり持つことができるんです!
また好きな時間に自由に登校できる学校も多いので、一人で勉強を進めるのが不安な場合はダンスレッスンの前後に必ず高校に寄るなど自分で工夫して時間をつくることができます。

学校でも本格的な練習ができる

多くの通信制高校には専門課程というオプションコースがあり、そこではその道のプロフェッショナルから本格的な授業を受けることができます。
ダンスのコースも人気が高く、普段スタジオでレッスンを受けている人も多く入学しているようです。
通信制高校のダンスコースではジャンルを問わずさまざまな踊りを学ぶことができます。
いろいろなジャンルを経験して、自分のジャンルの技術をさらに上昇させることが出来ると生徒からの評判も高いです。
ジャンルは本当にさまざまで、ヒップホップやロックはもちろん、テーマパークダンスやバレエなど特殊なものまで勉強できるコースもあります。
また私立の学校なら自由に使えるスタジオを完備しているところもあるので、休日も登校して設備のいい環境で自主練をすることもできます。
最近は外で踊るにもルールが厳しくなってきているので、自分で練習しようと思ってもなかなかいい環境でできないですよね。
そんなときいつでも使えるスペースがあるのはとても便利です。

レベルの高い仲間と出会ってチームが組める

ダンスで大事なのは個人のスキルだけでなく、チーム全体のスキルやチームワーク。
自分にぴったりのパートナーやチームのメンバーを見つけるのはとても難しいです。
レッスンを受けている人でも趣味で受けている人から、プロを目指している人までいろんな人がいます。
通信制高校なら本気でダンスがしたい人が集まっているので、ナンバーのメンバー募集などもすぐにできますよ!
学年を超えてイベントを行う高校も多いので、年齢に関係なく一緒に踊りたい人に出会えること間違いないです。

学費の金額目安

ではここからは実際にダンスを専門的に学べる通信制高校に入った場合の学費を見ていきましょう。
今回はバックダンサーコースやテーマパークダンサーコースが用意され、幅広いジャンルを勉強できる東京芸能学園高等部ダンス科の学費を例にあげます。
なお、東京芸能学園高等部は通信制高校サポート校。
以下の学費に加えて通信制高校の費用もかかるので注意してください。

年間授業料 600,000円
施設維持費 170,000円
初年度総額 770,000円

東京芸能学園が提携している通信制高校の学費はおよそ20万円なので、1年で約100万円の費用がかかるということがわかりました。
予想より金額が高いと感じている人が多いのではないでしょうか。
しかし高校の費用には就学支援金が適用できますし、教育ローンなども使えるのでご安心ください。

安くしたいなら専門課程に入らない選択も

このように学校でもダンスを専門的に学ぼうと思うと、学費は少し高い金額に鳴ってしまいます。
あまり高校に費用を使いたくないなら、専門課程に入らないというのも一つの手です。
高校卒業のための勉強に時間を使わず、自分の時間が多くなるというだけでも十分なメリットになります。
実は通信制の学校には、すでに芸能界で活躍している生徒なども在籍しているんですよ。
真剣に夢を追いかける同級生と一緒に勉強することで、自分のダンスにもいい刺激になるはずです。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ