通信制高校でドルフィントレーナーの勉強を!学費も解説!

将来は水族館でイルカと一緒に泳ぎたい!
海の生き物の素晴らしさをみんなに伝える仕事に就きたい!
そんなふうに思ってはいても具体的にどんな学校に行けばいいのか、ドルフィントレーナーになるためには何が必要なのか、ぱっと答えられる人はきっと少ないと思います。
将来水族館で働きたい人におすすめなのが、通信制高校で高校生のうちからペットや動物について学ぶこと!
今回は実際に通信制高校でドルフィントレーナーを目指した場合にかかる学費などを解説していきます。


ドルフィントレーナーになるための勉強を通信制高校で!

高校でドルフィントレーナーの勉強ができると聞くと、「そうはいっても高校では教科書の勉強くらいしかできないでしょ!」と思うせっかちな人もいるかもしれません。
全日制の普通科の高校ならそうです。
しかし通信制高校ではさまざまな専門学校と提携した、専門分野が学べるカリキュラムを用意しています。
ドルフィントレーナーを職業として目指せる日本ウェルネス高等学校のペットコースでは、日本ペット&アニマル専門学校と提携し、動物に関する専門的な知識を高校生のうちから得ることができるんです。
もちろん通信制高校なので高卒資格も取得でき、早くからドルフィントレーナーとして働きたい人には一石二鳥!
ここからはこのペットコースの水族館専攻では実際にどんな勉強をするのか見ていましょう。

海洋生物の知識を勉強!

動物と接するにはまずは知識を身に着けなければなりません。
魚類の進化や生態などから、クラゲやイソギンチャクなどの無脊椎動物の生態・飼育方法などを学ぶことができます。
実際に水族館で働くときに最も活きる知識です。
こういった生物の飼育方法・繁殖方法から、海・山・川などの自然環境保全についても学ぶことができるので幅広い知識を身につけることができます。
生物を扱う上で座学は欠かせません!
もちろんドルフィントレーナーに必要不可欠となる、イルカや海獣類へのトレーニングの概論も勉強します。

実習室で実際に生物を飼育!水槽のレイアウトなども勉強

校内の実習室では小さな水族館のような形で実際に水生生物を飼育します。
ただ可愛い生き物を飼育するだけでなく、水族館での展示を意識した水槽のレイアウトについて学び、いろいろな展示方法を学ぶこともできるのが魅力です。
また水生生物を販売しているショップで使われるようなポップの制作なども合わせて行い、通信制高校に通いながら楽しく海の生き物を飼育することができます。
毎日自分の好きな生き物に触れることが出来るので充実した学生生活が過ごせそうですね。

人気の高い水族館での研修!

ドルフィントレーナーになるためにはやはり、実際にイルカと触れ合う経験が最も重要です。
通信制高校のペットコースでは高校生のうちから水族館に就業体験として訪れ、イルカショーの手伝い、海洋生物への餌やりなどを体験することができます。
水槽の掃除など大変なこともあるようですが、憧れの職業を体験できるということで生徒たちも一番楽しみにしているイベントだそう。
水族館での就業体験はイルカなどの生物と触れ合うことができるのはもちろん、コミュニケーションスキル社会人のマナーも学べるので保護者の方からも評判がいいそうです。

ダイビング実習など海での実習やボランティアも

水族館だけでなく、本物の海での実習も必要に応じて行います。
水槽の中で泳ぐためにはダイビングのスキルも必要不可欠です。
実習を受けてスクーバダイビングライセンスも取得することができるので、通信制高校を卒業したあとにもしドルフィントレーナーにならなくても、将来活かすことができるスキルを得ることができます。


通信制高校でペットコースに入った場合の学費

通信制高校でドルフィントレーナーになるための勉強をするとなると、提携する専門学校に通う必要がある学校がほとんどです。
今回は参考のため、日本ペット&アニマル専門学校にある水族館・ドルフィントレーナー科の学費を紹介します。

授業料(年間) 680,000円
施設設備費(年間) 350,000円
飼育管理費 40,000円
年間合計金額 1070,000円

しかしこれはあくまで専門学校だけの金額。
実際に通信制高校でペットコースに通うとなると、ここにプラスで通信制高校の学費を支払わなければならないので、ただ高校卒業の免許を取得するコースに入学するよりも少々費用の負担は大きくなります。
しかしそのぶん得られるものも大きいですし、高校に通ったあと専門学校に通う場合と比べれば学費の負担は若干安くなる可能性が高いです。
ここまで直接的に水族館の仕事と学生のうちから関わることはなかなかできないので、多少費用がかかっても入学する価値はあるのではないでしょうか。


高校卒業してすぐに働きたいなら手に職をつけよう!

今回はドルフィントレーナーになるための方法として通信制高校を紹介し、入学した際の学費を解説しましたが、もし高校を卒業してすぐに働きたいのなら、、他のどんな職業だとしても通信制高校は大変おすすめです。
就職サポートが充実している学校も多いですし、学生のうちから就業体験をさせてくれる高校も多いですよ。
普通の高校よりも早く社会に出ることができるので、早く自立したい方も積極的に検討してみてください。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ