通信制高校の学費ってフリーターでも払えるの?

現在フリーターとしてアルバイトやパートをしているけど、将来のためにも高校卒業資格を取得して新しい仕事を見つけたい・・!

そんなふうに考えたとき最もおすすめなのは通信制高校。しかしそこで心配なのが学費ですよね!

フリーターは収入も少ないので授業料の支払いが不安に思えますが実際のところどうなんでしょうか?

通信制高校の学費はどれくらい?

まずはあまり想像がつかないひとも多いと思うので、通信制高校の学費がどれくらいなのかみていきましょう。

平均年間学費は30~40万円、高校卒業までにはだいたい150万円が必要だといわれています。

→通信制高校の学費の相場を調べてみた

授業料はかなりピンキリ

しかしこれはあくまで平均的な金額。

安い学校であれば20万円前後、また高い学校だと100万円以上の学費を支払わなければならない場合もあります。

卒業までにかかる費用が学校選びで重要な要素だということは言うまでもないでしょう。

フリーターの方が自分の収入だけで学校に通おうと思うとかなり大変です。

制度も利用しよう

しかし絶対に自分の収入だけで高校を卒業しなければならないなんて思ってはいけません!

たしかに家庭からは資金を援助してもらえない場合もあるでしょう。

でも日本にはたくさんの高校卒業資格取得を応援する制度があります。

高等学校等就学支援金がそのひとつですが、ほかにも返済不要の奨学金などもあります。

こうした便利な制度を積極的に利用すれば、フリーターでも今の収入のまま通信制高校に通うことができるでしょう。

というかそもそも、あなたは今の自分の収入がどれくらいかを把握していますか?

フリーターの収入はどれくらい?

1週間にどれくらい働いているのか、時給がどのくらいもらえているのか。それによりフリーターの収入は非常に大きく変わってきます。

アルバイトといっても、1日8時間・週5日働いているのと、1日4時間・週3日働いているのでは全然状況が違いますよね。

今回は週40時間働いているひとの年収について計算してみます。

時給800円のケース

時給 800円
週給 32,000円
月給 128,000円
年収 1536,000円

時給900円のケース

時給 900円
週給 36,000円
月給 144,000円
年収 1728,000円

時給1,000円のケース

時給 1,000円
週給 40,000円
月給 160,000円
年収 1920,000円

実家暮らしなら学費も支払えそう

毎月の給料を眺めているだけではあまり実感がわきにくいかもしれませんが、年収として考えると200万円近くもらっていることになりました。

実家暮らしであれば、通信制高校の授業料を支払うのもそう難しくはないのでしょうか。

もちろん今までよりも趣味に使うお金などが減ってしまうかもしれませんがそれは仕方のないことです。

働きながら通えるの?

しかし上記は週40時間働いた場合の年収。そもそもフリーターとして働きながら通信制高校に通えるのか不安に思っている人もいるでしょう。

しかも通信制高校への入学を希望する人は既に高校生活を何らかの形でリタイアしてしまった人が多いです。勉強しながら働くことなんてできるのでしょうか?

登校は最短3日!?

それができちゃうんです!

私立の通信制高校なら年間の登校日数最短3日程度で卒業ができる学校もあります。

これならアルバイトを特別休む必要もなく、指定された登校日にきちんと出席することもできますね。

もっと定期的に登校死体!という場合は週1日の通学がおすすめです。

授業時間を昼間か夜間か選べる学校もあります。

働きながら通えるので学費の支払いにも問題が出ません。

自宅での勉強はオンラインで

指定された登校日に授業に出席する以外にも、通信制高校を卒業するためにはレポートを提出しなければなりません。レポートというのは中学校などでよく宿題で出されるワークのようなもの。

毎日働きながら家で勉強までするなんて根性がないとなかなか続かなさそうですよね。

勉強が苦手だという人は正直チャレンジする勇気が出ないかもしれません。

しかし今の時代、勉強は紙と鉛筆でしなくてもよくなりました。

私立の通信制高校の多くでは、授業をインターネット配信で見てそのままPCまたはタブレットでレポートを作成する、オンライン学習を勧めています。

これならバイト先への通勤時間や休憩中にも勉強を進められますし、なにより「さあ勉強するぞ!」と無駄に気合いを入れなくて済みますね。

高卒資格をとるなら通信制高校がおすすめ!

高認試験を受けるのも、高校卒業資格を取得する一つの手です。

一度も高校に通ったことがなく自宅で勉強がスムーズにできるのならそれもありでしょう。

しかし既にいくつか単位を取得している人や、試験勉強が苦手な人は通信制高校がおすすめです。

フリーターの方でも学費は十分に支払うことができますし、高校卒業資格取得後に正社員としてどこかに就職できれば、もはや学費のことなんて気にならなくなるでしょう!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ