通信制高校の学費の不安について

この記事では、公立の通信制高校と私立の通信制高校での学費の違いはどれくらいなのかの不安をまずは解消していきます。

さらには有名通信制高校を実例に、どのくらい費用がかかるのかを紹介していきます。

そして最後に、学費を払えないかもという不安を持っている人もいるでしょう。

そんなあなたのために費用の負担額を減らす方法を紹介します。

(私立と公立の通信制高校の学費の違いについて、より詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!
通信制高校の学費の相場を調べてみた)

通信制高校の学費の公立と私立の違いからくる不安

通信制高校に通う際にまず考えるのが、公立と私立どちらにしようかではありませんか。

公立と私立では大きく費用が異なりますので、どちらを選べばよいのか不安になりますよね。

そこで公立と私立の平均の学費や、学費の差が何に影響しているのかについても教えていきます

学費の違いについて

公立を選択された場合の学費から紹介していきます。

東京都の場合は1単位あたりの授業料が336円・日本スポーツ振興センター共済掛金165円・その他費用(教材費など)約3万円となっています。

神奈川県の場合は1単位あたり(平日が700円・日曜日が350円・IT講座が350円となっています)その他費用(教材費、教育振興費など)約2万円となっています。

入学金は500円程度となっています。

一方で私立を選択された場合は1単位あたり6,000円から10,000円ほどかかります。

そのほかにも施設設備費や教材費など数万円ほどかかります。

公立と私立では卒業率が違う

先ほど紹介しましたように私立の通信制高校の費用は高いのが分かったと思います。

しかし高いぶんサポート体制がしっかりしています。そのサポート体制の差は、卒業率に出ています。

公立の通信制高校の卒業率50%程度です。

しかし私立の通信制高校の卒業率は90%と非常に高いです。

多くの人は「自分は卒業できるのか」と不安を抱くはずです。

その不安がある人は、学費は高いですが私立の通信制高校も検討されたほうが良いと思います。

不安を払拭!有名通信制高校の学費を紹介

学費の平均は分かったが、実際の有名な学校の費用がわからないのでまだ不安だと考える人も多いと思います。

そこで全国規模を誇っている私立の有名通信制高校の学費を一挙に紹介していきます。

ヒューマンキャンパス高等学校(一般通信課程)】

入学金 0円
授業料 204,000円
施設費 60,000円
教科学習費 32,000円
合計(初年度) 296,000円

【第一学院高等学院(本科通信コース)】

入学金 10,000円
授業料 250,000円
本校指導関連費 30,000円
ライブキット代 21,000円
合計(初年度) 311,000円

飛鳥未来高等学校(ベーシックコース)】

入学金 10,000円
施設設備費 60,000円
授業料 250,000円
授業料 200,000円
補習費 100,000円
教材費 30,000円
合計(初年度) 400,000円

鹿島学園高等学校(通信制課程)】

入学金 50,000円
施設費 24,000円
授業料 250,000円
合計(初年度) 199,000円

【ルネサンス高等学校】

入学金 50,000円
授業料 240,000円
施設設備費 20,000円
教育関連諸費 20,000円
デジタルネット教材費 35,000円
スクーリング費 65,000円
合計(初年度) 460,000円

いかかでしたか。私立の通信制高校と言っても学費は学校によって大きく異なるのがわかってもらえましたか。

実際の学校の学費を見ることで、不安が解消されていれば幸いです。

学費の負担額を減らす方法

サポート体制のしっかりしている私立の通信制高校に通いたいと考えているが、先に紹介された学費では払えない可能性があるという不安を持っているあなた。

そんなあなたのために、費用の負担額を減らす方法を紹介します。

最初に紹介する方法が就学支援金を使う方法です。

就学支援金とは高校卒業のために国から支給される支援金のことです。

もちろん通信制高校も対象です。

受給できるかはご両親の所得が関わってきます。

これが受給できた場合、年間で12万円ほど授業料が減額されます。奨学金と違い返済する必要もないので、受給できる方は事前に調べておきましょう。

就学支援金以外の補助制度

次に紹介するのが教育ローンを利用する方法です。

教育ローンとは学業に関することのみに使うことができるローンです。

通常のローンとは比べ物にならないほど金利が低いのが特徴です。

手続きもそんなに難しいものではないので、教育ローンを使うのも1つの手です。

奨学金もおすすめ!

最後に紹介するのが、奨学金制度を利用する方法です。

この制度も機関からお金を借り入れることができる制度です。

しかしこの制度は学校での態度が悪かったり、卒業への意欲がないと判断されたりした場合は利用できなくなります。

またローンと同じように利息もかかるので簡単に申し込まないほうが良いです。

いかがでしたか。通信制高校に通う上での学費についての不安は解消されましたか。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ