通信制高校で福祉の資格を取ろう!学費やおすすめ情報

将来は介護や福祉に関わる仕事をしたいと考えている方、通信制高校でみんなより一歩よく早く福祉に関わる専門的な勉強をしてみませんか?

通信制高校では高校卒業のための勉強を最低限にして、さらにプラスアルファでさまざまな専門課程を勉強することが可能。福祉関係の仕事は高卒でも就職がしやすいこともあり、そういった専門課程のなかでも人気なのが介護に関する資格が取得できるコースです。

まずはこのようなコースに入学するメリットからご紹介します。

通信制高校で福祉の勉強をするメリット

将来は介護士になりたいと思っていても全日制高校の普通科に行った場合には、実際に専門的な勉強を始めるのは高校卒業後。短期大学や四年制大学、また専門学校に進学した際に勉強を始める人がほとんど。

もちろん実際に介護職に就職して現場で活躍することができるのもそういった学校を卒業したあとになりますが、介護の資格には現場で数年働いたあとでないと取得できないような資格もあります。そのためできるだけ早く現場で働いておくことで、将来的にどんどん上のレベルを目指せるようになるんですよ。

高校在学中から現場で実習が可能

通信制高校で福祉に関する専門コースに入学した場合、高校生のうちからインターンやボランティア、またアルバイトという形で介護施設などに訪れて実習をさせてもらうことができます。

介護関係の仕事を目指す生徒のなかには、ただなんとなくの理由で入学している生徒も多くいます。そういった生徒は実際の現場を体感することがとても大切。

もしも現場や仕事内容が自分に合わないと感じたならば、まだ高校生なので他の専門課程の勉強を始めるといった切り替えができますし、現場での就業体験を通してさらに意欲が増したなら、専門学校の予定を四年制大学に変更するなど高校卒業後の進路を変えることもできます。

実習のときに、先輩介護士に進路のことなどを相談できる機会もあるので、仕事についてしっかり理解することができますよ。

介護職員初任者研修資格、ホームヘルパー2級資格が取得できる

通信制高校のなかには在学中に上記の資格を取得できるようなコースもあります。この介護職員初任者研修資格というのは、介護福祉士やケアマネージャーを目指す際に必ず必要になってくる大切な資格。

この資格を取得して現場で3年以上働いて初めて、介護福祉士の受験資格を得ることができるんです。また、ケアマネージャーの受験資格を得るためにはそこから2年以上働いて、5年以上の経験が必要になります。

これらの職業を目指しているならば、なるべく早めに現場に出て働くことが重要です。介護職員初任者研修資格を通信制高校在学中にとっておけば、資格を取得してすぐに学校と両立しながら同級生より早く働くことができますよ。

福祉関係の大学への進学にも特化

専門課程が学べるコースでは、そのジャンルの進学に特化した対策をとってくれます。通信制高校からは進学するのが難しいというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、介護の道を目指す人が進学することの多い専門学校や短期大学への進学をする生徒はとても多いです。もちろん四年制大学への進学も増えてきています。

さらに通信制高校の授業の一環として、専門学校の授業を受けることができる場合もありますよ。

保育の勉強もできる

通信制高校の専門課程では福祉と保育のコースが一緒になっていることも多いので、幼児教育についても一緒に学ぶことができる場合が多いです。最近では保育士や幼稚園教諭の資格と、社会福祉士などの資格を両方持っている人も多いので、活躍の場を広げるためにも幅広い学習をすることはとても重要。

もしもどちらの勉強もできるようなコースに入学した場合には、積極的に両方の授業に参加してみるようにするといいでしょう。

専門課程の勉強をしたときの学費は?

ではここからは、介護福祉士などの資格取得を目指して通信制高校に入った場合に学費がどのくらいかかるのか説明していきます。資格を取得できるとなると通常の高校よりも格段に費用が高くなりそうですが、実際のところの学費はどうなのでしょうか。

今回は通信制高校サポート校の代々木高等学院にある保育福祉コースを例にあげて紹介します。

授業料 702,000円
教育充実費 140,400円
生徒会・保護者会費 2,000円
初年度学費 844,400円

学費は基本的な通信制高校の費用と比べると大幅に高い、約85万円となりました。専門学校に行くことなく、高校卒業後すぐに就職できることを考えれば納得もいきますが、家庭の収入状況によっては負担が大きいこともあるかもしれませんね。

学費の支払いは補助金などを利用しよう

高校在学中に資格がとれる福祉関係の専門課程は、メリットも大きいぶん学費も高めになってしまいます。費用の支払いがきびしい場合には、アルバイトで稼ぐほか国からの補助金などを使って負担を減らすことがおすすめです。

通信制高校でも就学支援金が利用できますし、奨学金制度や教育ローンを利用すれば卒業後の返済で学校を卒業することができますよ。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ