秋田県から通える学費の安い通信制高校は?

通信制高校に通う上で気になってくるのはやはり学費のこと。

どうせ通うのなら、誰でも良い高校に安く通いたいですよね!

今回はそんな方のために学費の安い通信制高校と選ぶ上での注意点をご紹介します。

これから、高校を選ぼうと考えている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

通信制高校の学費を見る際の注意点

皆さんは興味のある高校の学費をきちんと調べていますか?

実は、ホームページなどにその高校の情報を全て掲載している高校は非常に少ないのが現状です。

「実際に入学してみたら、想像していたよりも学費がたくさんかかった…。」

なんてことにならないようにまず初めに学費を見る際の注意点をご紹介させていただます。

学費は全ての合計金額

今の時代は、スマートフォンやパソコンが普及し、誰でも簡単にインターネットが利用できるようになりました。

そんな時代だからこそ、皆さんの多くはネット検索で興味のある高校のことを調べますよね?

しかし、高校の多くがそのホームページでは、入学金や授業料のことしか情報が掲載されていません。

それすら掲載されていないことも少なくないです。

入学料や授業料の他にも、制服のある高校ならば制服の費用、特別な実習のある学校ならその実習の費用が加算されます。

なので、授業料等が安いからと言って必ずしも学費が安いというわけではありません。

資料請求を利用しよう

「じゃあ、どうやってかかる費用を調べればいいの?」

という声が聞こえてきそうですが筆者のオススメは資料請求です。

何故かと言うと、電話の場合情報を聞き逃すとも限りませんし、内容を後から見返すこともできないからです。

その点、資料ならばいつでも見ることができ、またその高校についての詳しい情報も知ることができます。

なので、まずは資料請求してある程度全体を把握した後に分からないことを電話口で直接質問するというのが最も良い方法ですね!

就学支援金制度と奨学金制度

通信制高校を選ぶ上で知っておいて欲しいのが、就学支援金と奨学金という2つの制度です。

この制度を上手く利用することで、とっても安く高校に通うことができちゃいますよ!

就学支援金制度

この制度は、高校に通う生徒が国に申請することによって支援金を受け取ることができるという制度です。

もちろん通信制高校の生徒も例外ではなく、公立の高校なら授業料無料・私立高校なら授業料のうち年間約12万円が支給されます。

また、この制度は学校を通して国に申請を出す必要があるので注意が必要です。

奨学金制度

奨学金制度は全日制や定時制高校だけの特権だとは思っていませんか?

実は通信制高校でも奨学金制度を利用することは可能で、通信制高校の生徒限定の奨学金なんてものも存在します。

ただし、収入や人数制限などの問題もあるので必ず利用できる制度ではないので、自分で利用することが可能なのかどうか確認する必要があります。

秋田県でオススメの高校

最後に実際に秋田から通うことのできる通信制高校を2つご紹介します。

どちらも学費が他に比べて安い高校なのでぜひ参考にしてみて下さい。

NHK学園高等学校

まず、1つめの高校はNHK学園高等学校です。

この通信制高校の特徴は、何と言っても学費が非常に安いこと。

他の広域制通信制高校と比較しても、学費の安さではトップクラスです!

また、社会人の入学者も非常に多く

「生徒って若い子ばかりで自分は馴染めないんじゃ…。」

と考えている方にもオススメできる高校です!

ECC学園高等学校

次に、ご紹介するのはECC学園高等学校です。

この通信制高校の特徴は、単位あたりの授業料にスクーリング費(宿泊費や食費など)込みの値段として10000円と設定しているところです。

そして、就学支援金制度により1単位あたり 4,812円支給されるので、授業料もかなりお得になります。

高校卒業に必要な単位数が74単位のため、35万6088円も国から支給を受けることができます。

もちろん、ご家庭の所得によって就学支援金の支給額も違うので、もっと安く通うことが可能な方もいらっしゃいますよ!

学費で入学を諦めないで!

通信制高校に通っている生徒さんの通学理由は様々だと思います。

高校の卒業資格を取得したいという方、特殊な技能を身に付けたいという方、中には趣味に時間を割きたいからなんて方もいらっしゃいますね。

しかし、これらの生徒さんが全員お金に余裕があるかと言われればそうではありません。

アルバイト等で働きながら通っている生徒さんもたくさんいます。

なので、もし皆さんが気に入った高校があったのなら、

「入学したいけど、お金がないから諦めよう・・・」

と入学を諦めたりせずに就学支援金や奨学金などの制度を調べてみたり、アルバイトで働きながら高校に通えるかを調べてみることをオススメします。

思い切って入学してみると、学校生活を通してあなたの理想の自分に出会えるかもしれませんよ!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ