岐阜県民にオススメ!学費面から見た通信制高校

「通信制高校に通いたいけど学費が気になって…。」

そんな悩みを抱える方は実はたくさんいます。

学びたいこと・やりたいことがある学校に行きたくても金銭面の問題はやはり重要ですもんね!

今回はそんな悩みを抱える方のために通信制高校の学費についてご説明したいと思います。

また、今回は一例として、最後に岐阜県の通信制高校の学費について触れています。

通信制高校の学費ってどれくらい?

通信制高校に通う上で、最初に気になって来るのは金銭面の問題。

特に、高校を卒業してから大学や専門学校への進学を考えている方は、学費を少しでも安く抑えたいですよね?

ここでは、通信制高校の学費がどのくらいなのか?また、全日制高校や定時制高校と比べてどうかといったことを解説していきます。

通信制高校の学費相場

通信制高校の通い方には、主に3つの通い方があります。

1.自宅学習&提出物が日々の学習の基本の高校

こちらの平均的な学費はおおよそ20~30万円となっています。これに就学支援金のサポートが加味されて、実際には15万円程度になっている方が多いようです。

2.サポート校や学習センターが一緒の高校

こちらの平均的な学費はおおよそ60~80万円となっています。

3.専門のことが学べる高校

こちらの平均的な学費はおおよそ60~80万円となっています。

ただ、これは平均的な数値でしかありません。実際には、私立か公立か、設備やサポートの種類によって値段は大きく異なってきます。

なので、気になる高校がある時は、HP等を確認してみるのが最も確実な方法です。

全日制高校や定時制高校に比べてどうなの?

まず、全日制高校や定時制高校と通信制高校の学費は安いことがほとんどです。

なので、通信制高校は非常に通いやすい環境にあると言えます。

ただし、これも私立かどうか等の問題で大きく異なってくるので注意が必要です。

また、私立は高額な分、手厚いサポートを受けられるので就職や進学を考えている方などは私立のほうが環境は整っている場合が多いです。

皆はどうやって学費を払っているの?

自分と同じように通信制高校に通っている生徒がどのように学費を払っているのか気になりませんか?

普段あまり顔を合わせる機会がないことに加え、友人同士でもお金の話はちょっと話し辛いですよね?

そこで、ここでは通信制高校に通う生徒がどのようにして学費を払っているのかこっそり教えちゃいます!

学費を払えるか心配

「バイトを始める予定だけど、学費を払えるのか心配。」

なんて声もよく聞くことがあります。

しかし、サポートが充実しているので全く心配する必要はありません!

実際に、奨学金などを上手く利用することで高校に通っている生徒も多くいます。

働きながらでも通える?

もちろんです!

実際に働きながら通っている生徒はたくさんいます。

通信制高校の魅力は、自分の仕事や趣味の時間を確保しつつ、勉強や学びたいことを学べるという点にあります。

登校日数や課題の量など、通信制高校によって様々なので、ぜひ自分にピッタリの高校を見つけてくださいね。

岐阜県の通信制高校の学費について

学費については理解していただけたでしょうか?

最後に一例として、岐阜県の通信制高校についてご紹介します。

岐阜県の公立高校「ぎふ国際高等学校」

例えば、岐阜県の公立通信制高校「ぎふ国際高等学校」の3年間の合計金額は72万円程度です。

これは、教科書等の費用やスクーリングの費用も含んでいるので、あなたが3年間実際に通ったことを想定して算出された数字です。

公立高校なだけあって、3年で100万円かからない値段で通うことができ、質の高い教育も受けることができます。

岐阜県の私立高校「第一学院高等学校」

私立の例を出すと、「第一学院高等学校」に通うと想定した場合の3年間の合計金額は113万円程度です。

これは、公立の高校に比べ高額なように思えますが、この高校はその分サポートが非常に充実しています。

その証拠に、高校卒業後に優良企業へ就職する生徒や、難関大学へ進学する生徒も多数輩出しています。

さらに、グローバルな活動にも非常に力入れており、様々な国際的に活躍する生徒も多く輩出しています。

もちろん、「ぎふ国際高等学校」も「第一学院高等学校」も全国から通うことができますよ!

学費は気にせず自分の信じる道を!

あなたが本当に通いたいと望むなら、自治体の奨学金など金銭面の問題をサポートしてくれる制度も多数存在します。

中には、通信制高校に通う生徒だけを対象にした財団法人安倍育江基金奨学生といったものもあるんですよ。

自分が心から学びたいこと・やりたいことがあるのなら迷わずに資料請求をしてみて下さいね。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ