通信制高校の学費の平均金額は?

通信制高校への入学を考えているみなさん。
入学金や授業料っていくら掛かるのか気になりませんか?
今回はそんな気になる学費の平均を調べてみました!是非学校選びの参考にしてくださいね!

通信制高校には公立と私立があります

まず知っておきたいのは、通信制高校には公立校私立校の二種類が存在するということです。
全日制の高校と同じですね。
公立校と私立校のどちらを選ぶかによって登校にかかる金額はもちろん、サポート体制や授業内容までもが違います。
それぞれの特徴をしっかり把握して自分に合った学校を選びましょう。

学費の平均はいくら?

さて、前述の通り通信制高校にも公立校と私立校があります。
全日制の高校と同じように、公立校と私立校では学費の平均も変わってくるのです。ここからは、公立校と私立校それぞれの平均の学費を紹介していきます。

公立の通信制高校の学費

公立の場合、私立と比べて授業料が安いことが特徴です。

◆入学金…500円(東京都の場合)
◆年間授業料…3万円~10万円程度

卒業最低限の単位数をとる場合、3万円ほどと非常に安い費用で済みます。
とにかく授業料を安く抑えたいという場合は公立校を選ぶことをオススメします。

私立の通信制高校学費

私立の場合は公立校よりもかかる金額が高いのが一般的です。
ただしその分、サポート体制や施設設備が充実していることが特徴です。

◆入学金…2万円~5万円
◆年間授業料…10万円~

私立校は授業科目、コースが多様な為、授業料に差が出ます。
芸術系や専門的な授業科目を取る場合、授業料が100万円を超える場合もあります。

公立の通信制高校と私立の通信制高校の比較についてはこの記事も参考にしてください。
→通信制高校の学費を公立と私立で比較

学費に惑わされずに自分に合った通信制高校を選ぼう

公立校の方が平均の学費が安いことがわかりました。
しかし、大切なのは自分に合った通信制高校を選ぶこと。
入学を決める前に、それぞれの高校の特徴をしっかり捉えておきましょう。

公立の通信制高校の特徴

公立校の特徴を以下にざっくりまとめました。

  • 私立に比べて登校日が多い
  • 公立校の場合、あらかじめ高校側が登校日(スクーリング)を指定しており、そのスケジュールに沿って登校するというスタイルが取られていることが多数。
    学校にもよりますが、このスクーリングの日程はだいたい週に1度程度。
    自分でスケジュールを立てる必要が無い手軽さの反面、決められた登校日にしっかり登校しないと卒業が難しくなるという特徴もあります。

  • 卒業率が低め
  • 先程も述べたように、公立高校では登校日が学校側で決められています。
    同じように、期末テストの日程もあらかじめ決められているのです。
    この期末テストの受験日に受験することができずに単位を落としてしまう人が多く、それに伴い私立校に比べて卒業率が低くなっているとのこと。
    時間に余裕がない体力に自信がないという人には公立校よりも私立校のほうが合っているかもしれませんね。

    私立の通信制高校の特徴

    私立校の特徴は以下です。

  • 登校日を自由に設定することができる
  • 公立校と比べ、自由に登校日を決めることができるのが私立校の特徴です。
    私立校には週に5回登校することができるものから、月に2回程度の登校ですむ高校もあります。
    また、登校型のコースの他に、ネット上で授業を受けられるもの、年に数回の合宿でまとめて登校するものなど、様々な形で登校日を設定することができるのが私立校の特徴です。
    期末テストの受験日もある程度自由に決めることができるので、公立校に比べ単位が取りやすくなっています。
    体力に自信がない、学校に通うのが苦痛に感じてしまう人は私立校の方が合っているのではないでしょうか。

  • サポート体制が充実公立校に比べてサポート体制が充実している
  • インターネットの動画で勉強を復習することができる、郵送やメールでレポートを提出することができるなどの勉強面でのサポートの他にも、カウンセラーを設置しているなど精神的なサポートもできる体制が整っています。
    授業についていけるか不安がある、前に通っていた学校で上手くクラスに馴染めなかった等の経験がある人にも安心して通うことができるのが私立校です。

    サポート校を併用した場合の学費って?

    通信制高校について調べているとよく目にするのが「サポート校」という文字。
    サポート校とは、通信制高校での学習をサポートしてくれる塾のような存在なのですが、このサポート校にも、もちろん費用がかかってきます。
    その年間の金額はだいたい40万円~100万円程度。
    通信制高校と併用してサポート校を利用する場合、合計の費用が高くなってしまうこともしばしば。
    私立校ですとサポート校が併設されていることもあるので、どちらがお得になるのか要チェックです。
    参考記事:→通信制高校とサポート校両方通うと学費はいくら?

    いかがでしたか。
    公立の通信制高校と私立の通信制高校それぞれの学費の平均が分かったかと思います。
    お金の問題以外にも、授業の科目やサポートの体制などチェックすべき項目はたくさんあります。
    気になる学校があれば資料請求をして自分に合っている学校を見つけてくださいね!


    →「学費の安い通信制高校を検証」トップへ