通信制高校の学費と補助制度について

通信制高校への入学や編入を希望するときに、学費やその補助制度はみなさんが最も気になる点だと思います。

今回は、公立校と私立校を比べながら、平均的な費用や、どの制度を利用すると学費が補助されるのか、を紹介していきます。

通信制高校の学費や補助制度

通信制高校にも、公立校と私立校があります。

公立校の通信制高校は、私立校に比べて学費が安くなっています。

安いところでは、下記のような学費で通うことができる学校もあります。

入学金…500円、授業料…単位あたり300円~(年間1~3万円)、そのほか費用…年間3万円

これに比べて、私立校の学費は比較的高めに設定されています。

入学金…2~5万円、授業料…単位あたり6000円(年間18万円)、そのほか費用…年間3万円

学費が高いとはいえ、私立校はレポート提出がインターネットに対応していたり、学習サポート体制が充実しているので、もやもやをそのままにしないで、その都度問題を解消して安心して学習を進めることができます。

また、試験やスクーリングの日程の調整においても、私立校は柔軟に対応してもらえるようです。

そのため、卒業率において、自立して学習していかなければならない公立校より、私立校の方が高い傾向があります。

そのほかの費用

自力で学習しなければならない通信制高校の卒業に自信がない人は、安心して卒業できるサポート校にも通いながら、卒業へ向かうようです。

通信制高校のサポート校で必要な学費は登校スタイル、コース、キャンパス設備などで、様々です。

平均的には、初年度50~100万円程度が必要になり、私立の全日制高校ほぼ同じです。

加えて、サポート校のみでは高校卒業ができないので、通信制高校にも入学が必要です。結果的に、通信制高校とサポート高校の費用がかかってくるので、通信制高校のみに通っている学生より、学費は高額になります。

しかし、サポート校では、スクーリングでの指導、通信制高校のレポートや認証テストの対策などのサポートが充実しているので、自力で学習することに自信がない人でも、安心して卒業を目指して高校生活を送ることができます。

また、カウンセラーの設置、資格試験対策や職業体験の授業があり、生徒の様々な学習スタイルや思いに対応できる体制が整っているのも、サポート校のポイントです。通学や登校にあまり気が進まない人、夢をあきらめたくない人などにとって、サポート校は心強い味方になるでしょう。

就学支援金を利用しよう

高等学校等就学支援金とは、高校に通う学生が国からもらえる支援金のことです。全日制の高校だけでなく、通信制高校にも適用されます。これには、学校を通して、国への申請が必要です。公立校では授業料が全額無料、私立校では年間約12万円分、授業料の補助を受けられます。

就学支援金の補助額

私立校の場合、所得に応じて変化しますが、1単位あたりの年間支給額は4,812円で、卒業に必要な74単位分の支給額は356,088円となります。

私立校を選ぶ場合、就学支援金を使っても個人の負担はありますが、卒業率やサポート体制の強みから、私立校を選ぶ学生は多くなっています。

そのほか利用できる制度

就学支援金以上に資金が必要な場合、奨学金や学校が設置している特待生枠を使うことも可能です。

奨学金は、学校や日本学生支援機構などが参加している基金などへ審査にパスすることが必要です。しかし、返済義務や利子があることには、注意しましょう。

特待生は、学校が定めた大学への進学意欲や学力がある学生、もしくは芸術やスポーツなど多岐にわたって将来の活躍が望まれる学生が、使うことができます。

勉強やそれまで続けてきた活動を続けるために、全日制の学校には通えない人などは、この特待生枠を利用することのメリットが多くあります。

まとめ

登校する日が少ない通信制高校でも、それなりの学費が必要になってくることがわかったと思います。

もし、自立して学習ができるという自信や、それだけの学力があると思うのならば、学費のあまりかからない公立の通信制高校を選んでも大丈夫でしょう。

しかし、

いじめや不登校の経験があり、特定の日にきちんと登校できるか不安がある。

大学進学を目指したいけれど、それだけの学力があるかわからない。

高校卒業のための勉強だけでなく、将来の夢に向けた活動をあきらめたくない。

高校の勉強と、ほかにやらなければならないこととの両立が不安。

このような不安がある方は、私立の通信制高校を選ぶことで、最終的には卒業も早くできて、思い描く高校生活や未来へつなげることができるかもしれません。

学費は最も重視するべき点です。しかし、それだけに着目して、行くことができる高校の選択しを狭めてしまうのはもったいないです。その学校で自分のやりたいことができるのか、サポート体制の中で、確実に卒業に向かうことができそうか、という将来の自分をイメージしながら、高校を選んでみましょう。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ