通信制高校の学費が高いと思われがちな理由

通信制高校の学費って全日制高校より高いと思われがちですよね。
皆さんの中にも費用が大きいから入学を諦めようとしている人も多いのではないでしょうか。
今回は通信制高校の学費が高いと思われがちな理由を解説します。

通信制高校の学費って高いの?

そもそも実際のところ通信制高校の学費って高いのでしょうか?
一口に通信制高校といっても公立や私立などいろいろありますが、登校日が少ないにもかかわらず全日制高校よりも高いと思われてしまいがちですよね。
通信制高校の学費の相場といえば40万円前後と言われますが、安い学校を見つけようとしてもなかなかネットでは見つかりにくいものです。

そんなこともない

このサイトで紹介している学校など、費用を安く抑えられる通信制高校も実はたくさんあるんです。
就学支援金などの国からの給金を利用すれば、年間10万円以下の金額で単位を取得することだってできます。

しかし金額が高い学校では年間100万円を超える費用がかかる学校もあります。
安い学校と比べるとなんと10倍近くの金額になるわけです。
間違って高い学校に行ってしまうことを考えるとこわいですよね。

費用は通い方次第

どうしてそんなに学費の金額がピンキリなのかというと、通信制高校は通い方や取得する単位数に自由がきき、個人で好きに選ぶことができるので、どうしても学校の形態などで費用に差が出てしまうんです。
ここからは学費が高くなってしまうときの原因と、そうならないための対策を紹介していきます。

全日制と同じように通うと高くなる

通信制高校では登校日数を自由に選択することができます。
各学校の金額を見て学費が高いと感じているあなた、登校日数が多いコースの金額を見てしまってはいませんか?
登校日数が多ければ多いほどお金がかかるのが通信制の学校の特徴です。
週5日通えて、それに加えて修学旅行などの行事もたくさんある、そんな学校は生徒に関わる人間の数も多いのでもちろん費用も高くなってしまうんです。

大学進学に特化している学校では、長期休暇の講習などがあってさらにお金がかかる場合もあります。
しかしそのぶんレポートの提出など、先生に十二分にサポートしてもらいながら行えるので、卒業率が高くなる傾向にあるのも登校日数が多い高校の特徴です。
飛鳥未来高等学校なら、数あるコースから自分にあった登校スタイルを選べるます。

登校日数を少なくすれば安くなる

そんなわけで登校日数がなるべく少ない学校やコースに入学すれば、高い学費を支払わなくて済みます。
年間5日ほどの登校だけで卒業できる学校だってあるんですよ。
こちらの鹿島学園高等学校なら数日の登校で卒業も可能です!
登校日が少ない学校はどうやって授業を受けるのかというと、今多いのがオンライン授業でスクーリングを補う方法です。
その場合にはPCやインターネット環境が必要にはなりますが、教科書の購入などは一切必要なし。

そのため結果的に3年間の合計費用が、紙ベースの学習の場合より安くなる場合が多いです。
なお、稀に「何日登校しても年間の学費は変わりません!」と謳っている学校もあります。
たくさん登校したいならこのような学校を探してみるといいでしょう。

専門課程の授業を受けると高くなる

通信制高校では高校卒業のための教科学習だけでなく、ダンスや美術など専門課程を学ぶこともできます。
授業の内容も専門学校と同等レベルの学校も多く、こういったコースを利用した場合には年間30万円以上は費用が上乗せされるほどです。

福祉関係のコースで資格が取得できるなど、卒業後の就職に活かせるようなものならお金をかけてもいいかもしれませんが、趣味の延長のようなコースを選んでしまうと保護者の方は後悔してしまうこともあります。
ジャンルは本当にさまざまなものがあり、音楽やスポーツ、保育や英語など勉強に直接繋がりのあるものからそうでないものまであります。

不要な人は高卒のための最低限の勉強でOK

もちろんこのような専門課程のコースは不要であれば選択しなくても問題ありません。
学校側から薦められることもあるかもしれませんが、あまり高い学費を払いたくないなら高校卒業に必要な最低限の科目を履修すれば大丈夫です。

しかし入学を検討している時点で何か大きな夢や目標があって、高校卒業後はその道の専門学校などに進学している場合は注意が必要。
もしかしたら今ここで専門課程を受講しておけば、専門学校への進学は不要になるかもしれません。

専門学校には一度入学するのに大きな覚悟とさらに大きな費用が必要になりますが、通信制高校の専門課程なら気に入らなければ次の年に変更などもできるので、まずはいろいろなジャンルの仕事を体験してみることが狙いで専門課程を受講するケースも多いようです。
また、専門学校と提携して高校在学中に美容師免許がとれるコースなどもありますよ。
ヒューマンキャンパス高等学校なら様々な専門コースを選ぶことが出来ます。

まとめ

通信制高校の学費が高いと思われてしまいがちな理由を2つと、安くするためにすべき工夫をアドバイスしました。
また、通信制高校といえば私立の学校というイメージから、費用も高いと思われている部分もあります。

そもそも公立の学校で通信制を採用している高校が少ないので仕方はないですが、同じ私立でも全日制高校と比べれば学費は格段に安いところが多いです。
学費を比較するときには必ず自分が通いたいコースまで決めてから、比べてみるといいと思います。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ