通信制高校の学費を徹底比較しよう

通信制高校への進学や転入を考えるうえで、最も重要なポイントと言っても過言ではないのが学費ですよね。

このページでは、公立や私立による学費の違いについてや通信制高校だけの場合の学費やサポート校も通う場合の学費など、いろいろ通信制高校の学費に関することを比較しながら紹介していきます。

ぜひ通信制高校を選ぶうえでの、情報の一つにしてください。

通信制高校での公立・私立の学費の比較!

通信制高校にも、全日制の高校のように公立と私立の通信制高校が存在します。

みなさんのなかにもなんとなくの理由で分かる人もいると思いますが、公立の通信制高校のほうが学費は安くなっています。

→公立の通信制高校の学費を検証!

公立の安いところであれば、入学金が500円・授業料が年間で1万円~3万円・その他費用として年間で約3万円とかなり安い値段で通うことができるようになっています。しかしこれはかなり安い例です。

一方で私立は、入学金が2万円~5万円・授業料が年間で18万円~・その他費用が年間で約3万円となっています。このように比較すると公立よりも高いことが一目瞭然ですが、こちらも私立の中ではかなり安い値段となっています。

なぜ私立は学費が高いのか

私立のほうがなぜ高いのか。

結論から言えば私立の方がサポート体制が充実しているからです。

具体的に言いますと、例えばレポート提出がネット上でできるようになっています。また学習を進めていくうえで分からないことも出てくると思いますが、その疑問点へのサポートも私立の通信制高校のほうが充実していると言えます。

さらにテストや登校日の日程でも、公立と比較すると私立のほうが融通が利き、自主性がかなり求められる公立よりも卒業はしやすくなっていると言えます。

そのほかにどんな費用がかかるか

先にも述べたように、通信制高校では自主性が少なからず求められます。

そうなると自分だけでは卒業が難しいと思う人もいると思います。

そんな方が通われるのが、サポート校です。

サポート校の学費は、週に何回通うかや設備それからコースによって大きく違ってきます。

平均的なサポート校の初年度の学費は50万円~100万円ほどになっています。

またサポート校というのはあくまで学習をサポートするところなので、高校卒後資格はもらえないので通信制高校にも同時に通う必要があります。

しかしサポート校が通信制高校と併設している場合があります。その場合ですと、入学金は払う必要がなくなりサポート校の学費は抑えることができます。

サポート校にはどのような制度があるのか

サポート校の基本的な役割は通信制高校のレポート課題やテストそれからスクーリングの指導などの補助となります。

つまり先も述べたように、自分一人では学習を進めるのに不安がある方にとってはとても心強いです。

また資格の取得に関する授業や職業体験に関する授業があったりと生徒の要望に応えられるように、さまざまなサポートが充実しています。

専門コースを選んだ場合の学費

通信制高校には高校卒業の資格を得るための通常の勉強と並行して、自分の好きな美容やアニメなどに関することが学べる学校があります。

そこに通うとなると、通常の授業料とは別に15万円~30万円ほどプラスで払うことになります。

これは全日制の高校では絶対にできないことなので、自分の専門的に学びたい分野があれば、専門コースを選んでみてもいいですね!

通信制高校の負担額をおさえるのには?

学費の負担を抑えるために、生徒が学校を通して国に申請を出すことでもらえる就学支援金というのがあります。

就学支援金の支給額を私立の通信制高校に通う場合で計算してみると、1単位当たりの年間支給額は4812円・一年間で25単位の履修をした場合は120,300円・卒業に必要な単位74単位を三年間で履修した場合は356,088円です。

しかし家庭の所得に応じて支給額は変動します。

就学支援金をもらっても、私立の場合は自力で負担する額はけっこうなものになりますが、公立のサポート体制と比較して私立を選ぶ人も少なくないです。

特待生の制度や奨学金制度の利用

就学支援金をもらっても、まだ足りないという方もいると思います。

そんな方にオススメなのが学校で設けている特待生の枠をゲットすることや、奨学金制度を利用することです。

特待生の制度と奨学金の制度を比較するともちろん特待生の制度のほうが良いですが、誰もがその枠を貰えるものでもないので、返済義務のある奨学金を選択するのも1つの選択肢と言えます。

まとめ

登校日が少ない通信制高校と言っても、費用は多少なりともかかります。

サポート体制を比較すると私立の方がおススメですが、学費の面を比較すると公立のほうがオススメであると言えます。

しかし学費の面で比較してそれだけで決めるのは、間違った選択をしてしまいかねません。

なぜなら通信制高校に通う目的は、卒業することですから、自主性に自信がない方が費用が安いだけで公立を選ぶのは少し危険です。

それですので費用とサポート体制を比較しつつ、その学校で卒業できるかも考えながら学校を選ぶことが大切です。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ