学費が安い!通信制高校の魅力とは

家庭の事情で学費を払うのが難しい、授業がわからなくてついていけなくなった、いじめられた…いろいろな理由で全日制の学校に行くことができない方がいます。

勉強をしたいのに進学の費用がまかなえない、将来のために諦めたくないことがあって高校に通えない、そのように悩んでいる方でも、通信制高校なら充実した高校生活を送ることができます!

通信制高校の学費について

通信制高校の特徴として、全日制の学校に比べて学費が安いことがあげられます。そのため、経済的に全日制高校に通えない方々の心強い味方となっています。通信制高校は自宅学習を中心としていて、単位制の学習スタイルです。ですから、定時制や夜間に通うのと同じように、働きながら学校に通うことができます。

公立高校ならさらにお得!

通信制高校には、公立と私立があり、学費は学校によってさまざまに異なります。私立はサポート面が充実していますが、学費が比較的高くなってしまいます。一方、公立では学費が安いのが魅力です。例えば、私立では一年で数十万円の負担がある高校もありますが、公立では一年で数万円程度しかかかりません。

しかし今私立高校ならではの学費補助制度もたくさん整ってきています。

東京都では私立高校も無償化となる動きもあるので要チェックです。

→通信制高校の学費も!東京都「私立高校授業料無償化」って?

学費の安さは高校選びの重要ポイント

過去に中退してしまった、また不登校になってしまった学生でも垣根なく受け入れ、高校卒業までをしっかりサポートしてくれる。さらに、経済的不況の中で少しでも学費を安くして学校に通える。これらの理由から、近頃通信制高校の人気は高まっています。

学費やそのほかの費用負担は、働いて学費を稼ぎながら高校に通いたいと考えている方にとって、一番に考えなければならないポイントです。各学校のホームページや資料請求などをして、実際に必要な負担を確認してみましょう。また、通学でかかる費用と比較したり、カリキュラムやコースで追加的に必要な負担も調べてみましょう。学費を減額してくれる奨学金などの制度も適用して計算してみるといいでしょう。

通信制高校のイロハ

通信制高校は、学校への通学ではなく、インターネットやテレビ授業などを通して、教育を受けられる高等学校です。「高校を卒業したことが認められる」ためには、3年以上の在籍期間や、所定の単位を取得することが必要です。この条件は、通信制高校に限らず、全日制や定時制の高校でも同様となっています。

あなたのペースに合わせて入学から卒業を目指そう

多くの通信制高校は、単位制・2学期制を採用しています。よって、春と秋の学期はじめに進入学を受け入れている場合が多いですが、随時新入生を受け入れている学校もあります。

通信制高校では、年に二回も入学機会があり、転入や編入のハードルは低くなっています。そのため、入学を一度諦めてしまっても、半年でまたそのチャンスが回ってくるため、いつからでも学び直すことが可能です。さらに、留年制度がないため、あなたのペースで確実に卒業を目指すことができます。

通信制高校の卒業後

通信制高校はどこも中途退学者が多いんじゃないか…というイメージは過去のものです。

現在では学校側が高卒資格だけでなく、卒業後のキャリア計画への手厚いサポートも充実していて、高い卒業率となっている学校も増えています。

このように、様々な魅力あふれる通信制高校があなたの夢や思いを全力でサポートしてくれます。様々な視点から、あなたにピッタリの高校を選んでください。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ