通信制高校について学費別で特徴をまとめてみた

通信制高校の学費は学校によって大きく異なってきます。

金額ごとに、代替の学校の特徴をまとめてみました。

内容はおおよそのもので、実際の学校情報と異なる部分もあるかもしれませんが、さまざまな実際の情報に基づいてまとめています。

そもそも学費の相場は?

はじめに通信制高校の学費の相場を確認しておきましょう。

私立の通信制高校では、年間学費の相場が30万円から40万円程度だといわれています。

公立の学校はあまり学校によって違いがみられないようです。

では金額別にまとめていきます。

5万円から15万円

年間学費10万円程度で通えるのは、ほとんど公立の通信制高校のみです。

しかも高等学校の学費は免除される都道府県がほとんどなので、教材代のみで通えることが多いんですよ。

しかし教科書や行事のための費用で、年間5万円程度はかかるので一切お金をかけることなく高校卒業できるわけではないことを頭に入れておいてください。

学費が安い分、私立の通信制高校と比べるとサポートが薄い場合も多く、卒業率はあまり高くない学校が多いですが、最近では指定の登校日以外にも登校して勉強ができるような学校も増えています。

15万円から25万円

私立の通信制高校のなかでも比較的学費が安めの学校がここにあたります。

基本的に登校日数は年間10日以下、自宅学習が中心になるのが特徴です。学費が安い学校のほとんどが宿泊型の集中スクーリングをおすすめしています。

学校からのサポートは必要最低限なので自己管理が苦手な人は卒業のハードルが高くなってしまうかもしれません。

最近では登校日数が少なくても、オンライン上で先生に相談できるなどインターネットを利用したサポートも注目されています。

学習内容は高校卒業のための基本的な教科のみで、専門課程カリキュラムなどは選択できない場合が多いです。高校卒業資格さえとれればいいという方におすすめです。

25万円から40万円

私立の通信制高校で一番多いのが、この30万円前後の金額です。

登校形式は学費が安めの学校と同じような集中スクーリングが多いですが、週に1回の登校でもこのくらいの金額が多いです。

この金額になると、週1回程度であれば専門課程カリキュラムを選択できる通信制高校も増えてきます。

しかし週3日以上の登校となるとこの金額ではなかなか難しいです。

週1回程度きちんと登校して、先生にレポートの進捗などをこまめに確認してもらいながら着実に高校を3年間で卒業したいという人におすすめです。

40万円から70万円

高校卒業資格を取得するだけが通信制高校の目的じゃないという人は、このくらいの学費を検討しておくのがおすすめです。

基本的な通信制高校のカリキュラムと別に、大学進学など専用のコースを選択したりできます。

なかには個別指導に対応してくれる学校もあるので、中学校の学習内容もほとんどわからないから自力で勉強するのは無理だという人は検討してみましょう。

資格が取得できるような専門課程も選ぶことができる場合が多いので、高校卒業後なんらかの進路をきちんと決定したいという人におすすめです。

週5日登校の学校でも、安めの通信制高校ならこのくらいの金額で通うことができるのではないでしょうか。

70万円以上

この金額は通信制高校の学費としては高めの金額です。

そのぶん全日制と同じように週5日の登校もできる学校が多く、さらに高校卒業以外の役立つ資格がとれる授業や、就職や進学に有利となる専門カリキュラムを受講することができるなど充実したサポートが多くあります。

不登校などを経験した生徒に向けたメンタル面のフォローが充実している通信制高校も多く、個別指導や担任を生徒自身が選択できる制度など、公立の学校にはないさまざまな工夫があるので、どんな人でも高校卒業にチャレンジしやすいです。

週5日登校を推奨している学校は、通信制高校でも制服がある学校もあります。その場合はもちろん制服の購入費用などが学費とは別途でかかるので注意してください。

学費が高い学校の注意

学費が高い通信制高校には利用できるさまざまなサポートがありますが、実はそういったサポートを利用しないまま卒業してしまう生徒も多いです。

これでは高い学費を払った意味もなくなってしまうので、入学後は進路指導や資格取得など積極的にサポートを活用していくようにしましょう。

自分から特別授業に申し込んだり資格に挑戦したりするのは、遠慮してしまってなかなか難しいかもしれませんが、まずは先生や両親に相談してみるところからは始めてみてはいかがでしょうか。

通信制高校は安いからっていいわけじゃない!?

このように年間の学費によって、受けられる授業やサポートには違いがあります。

学校を選ぶ上で皆さんが重視するのはやはり費用の面が大きい傾向にありますが、安いからといってその学校が通う本人に適した学校というわけではありません。

学費が安いということだけが理由でただなんとなく公立の通信制高校を選び、自学自習が想像以上に難しくて結局また学校を途中で辞めてしまうという人も多くいます。

自分に合った学校を探すのが重要です。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ