通信制高校にも行事はある!?内容や費用について解説

通信制高校への入学を検討している皆さん、こんにちは。
皆さんのなかには集団行動が苦手な人、「クラスのみんなで盛り上がろう!」というような雰囲気が苦手な人も多いかと思います。
そうするとクラスで参加する体育祭や文化祭なんかもちょっと苦手ですよね。
通信制高校にも行事はあるの?そんなよくある質問に詳しくお答えしちゃいます!


通信制高校にも行事はあります!

結論から言うと通信制高校にも行事はあります!
しかし全日制の高校と違って通信制高校はクラスがないところがほとんど。
そして生徒も学校に通うことが苦手な人が多いです。
そのため、全日制とはちょっと形式が違います。

参加は自由!

ほとんどの通信制高校が行事の参加を希望者のみにしています。
身体的な理由や精神的な理由から、なかなか大きなイベントに参加できない生徒が多いのと、社会人など成人した生徒も多くいることが理由です。
しかし自由参加にすることで、より学校生活に意欲的な生徒が集まり行事を盛り上げることができます。


よくあるイベントと通信制ならではの特徴

ではここからは通信制高校によくある行事と、全日制とは違う部分をご紹介します。
先述したように基本的に自由参加のものなので、これを読んでどのイベントに参加するか検討してみるといいかもしれません。

文化祭

高校の一番大きいイベントといえば文化祭ですね。
数少ない学校外の人と関わるイベントでもあります。
全日制では丸2日生徒たちがひたすらクラスでの活動に勤しみますが、通信制ではそういった学校はあまりありません。
登校日数が少ない学校ではもちろん準備時間も少ないので、半日は外部から講師を呼んで講演会をするなど、生徒も受け身となる内容を取り入れたりしています。
なお通信制高校の多くにクラスは存在していませんが、部活が積極的に活動している学校は実は多いんです。
そのためクラスや学年での活動よりも部活での活動が多くなるよう。
このように学年を超えて多くの交流ができるのが、通信制の高校のいいところでもあります!

体育祭・スポーツ大会

通信制高校の多くは体育祭とまでは呼称せず、「スポーツ大会」などと呼ぶことが多いですが、きちんと運動を中心に行う行事もあります。
しかし体育祭ほど競技の種類は少なく、競技内容は球技が多いです。
また自由参加で1つのキャンパスではさほど人数が集まらないため、関東圏内に複数キャンパスがある学校では、スポーツ大会のときにはキャンパス対抗で合同開催をすることが多く、何百人もの人数が集まります!
応援団など有志による活動がある学校もありますよ。

遠足

遠足や社会科見学・芸術鑑賞教室などの課外授業は実は通信制高校では全日制よりも多く実施されているんです。
なかなか学校に来ることはできなくても、まずは楽しいイベントに参加することで先生や同級生に馴染んで欲しいが故の工夫だそう。
人気の行き先はディズニーランドで、これはさすがに参加する生徒も多いようですね。
あらかじめ先生が生徒の性格や交友関係から判断してグループ分けしてくれることが多いので、友達がいなくて不安だという人も安心して参加できますよ。
なお、全日制よりも引率の先生が多くサポートも細かいのが特徴です。
なかには各グループに先生がつく通信制高校もあるようです。

修学旅行

宿泊型スクーリングを行っている通信制高校も多いですが、それとは別に修学旅行を用意している学校もあります。
いじめなどがあるんじゃないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、自由参加なので基本的にスクーリングや登校に意欲があり、積極的に学校で友達をつくりたいような生徒しか参加しないので安心です。
加えてここでも引率の先生が細かいサポートをしてくれますし、なかには保護者も参加可能な場合もあります。
通信制高校では基本的に先生と生徒の距離が近いので、友達同士のような感覚で一緒に旅行を楽しむことができて楽しいと生徒から声もあがっています。
また、他の宿泊行事としては海外研修などを行っている学校もあるようです。


イベントの費用は明記されていない・・?

楽しい行事を知って参加したくなってきたところで、気になってくるのが費用です。
特に私立の学校では遠足や修学旅行など高額になることもあるよう。
しかもこのようなイベントに参加するための費用は、ホームページなどに明確に記載されていない学校がほとんどなんです。
最後に行事にかかる金額を知るためのポイントをご紹介します。

学校に問い合わせてみる

一番簡単なのがこれですね。
しかしまだ入学すると決めていないのに、電話で問い合わせるのって少し勇気がいるものでもあります。
私立の学校だと一度電話したら入学するまでしつこく勧誘があるんじゃ…なんて思ってしまいますよね。
そんなときには冒頭できちんと「他の通信制高校と比較するための参考にしたいので正確な金額を教えてほしい」と伝えるといいでしょう。

在校生向けの資料をホームページなどで探す

入学案内に自分が入学する年の参加費用が明記されていなくても、在校生に向けた資料にならはっきりと金額が記載されている場合もあります。
ホームページには在校生に向けた案内があるページがあるので、そこを確認してみるといいでしょう。
また口コミなどでも費用についてはよく話題にでます。
インターネットで積極的に情報収集してみるのがおすすめです!


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ