通信制高校に編入する際の学費について

高校中退した人の中には高校だけは卒業しておきたいと考える人も多くいると思います。また、ただ単に通っていた高校自体に馴染めず通いなおしたい人もいると思います。

その際選択肢は3つあります。全日制高校、定時制高校、通信制高校です。この中で通信制高校以外の高校では編入すること自体が難しく、学年も1つ下になってしまう場合がほとんどです。そういう時学費も他の高校と比べてリーズナブルな通信制高校への編入を考えてみてはいかがでしょうか?

通信制高校ではこれまで取得していた単位の引継ぎも可能なので短い期間で卒業までの単位取得も可能ですよ!

(学費の支払いに不安がある方はこちらの記事もおすすめ!→通信制高校の就学支援金で学費を安くしよう)

単位制の通信制高校は編入が簡単!

通信制高校は単位制を取り入れているので編入するにはとてもおすすめです。一般的な全日制の高校は学年制なので遅れてしまうと遅れを取り戻すのが難しいですが、通信制高校は単位制なので簡単に遅れを取り戻せます。

また、編入の場合以前通っていた高校の単位を引き継ぐことも可能なので残りの単位を習得することでスピード卒業もできます。

高校を中退してしまって高校卒業を諦めているひとは、是非通信制高校という新たな可能性を考えてみてはいかがでしょうか?

学費で悩んでいる方にもおすすめ?

高校に通い直したいけどまた全日制高校なみの学費がかかってしまうのではないか。そんな不安を持つ方におすすめなのが通信制高校です。

全日制高校では公立で大体年間20万円以上かかってしまいます。しかし、通信制高校では実質無料で行くことも可能なのです。

通信制高校は基本的には登校の必要がなく自宅で学習しレポートを提出するのが基本となるのでお金がかかりません。また、就学支援金も適用される為ただでさえ安い学費をさらに安く抑えることもできます。

それに加えて通信制高校はスクーリングがないときなどは空き時間にアルバイトをすることも可能なので、自分で学費を払いながら学習することもできます。

一般的な高校生より多くの時間が自由に使えるので経済的に厳しい人や、やりたいことがある人にも通信制高校はおすすめです。

通信制高校の学費について

上では通信制高校のメリットについて紹介しましたがここでは気になる学費について説明したいと思います。

通信制高校の学費は安い学校では10万円、高いところでは100万円と差はあるのですが大体の相場は決まっています。

基本的に通信制高校は自宅学習とレポート提出になってきます。これは、学校への登校も少なく特別な授業もないので学費を安く抑えることができます。
この一般的な通信コースの平均的な学費は年間で20万円から30万円となっています。これは学校側に設備、サポート体制によって費用が異なるのでおおよその学費になります。

ここから就学支援金として12万円程度引かれて実質払う学費は15万円程度で安いところでは7万円になります。

編入の時期は?単位の引継ぎは?

ここでは編入の時期を説明いたします。公立の通信制高校では4月に受け入れる場合がほとんどのようです。また、欠員がでた場合に限りますが2期制が始まる前に9月に募集することもあります。

私立の場合は4月か10月に編入できるパターンが多いようです。ただし、随時編入のできる通信制高校も少なくありません。

単位の引き継ぎについて

ここからは単位の引継ぎに関して説明したいと思います。

基本的には3月までの単位が引継ぎ可能となります。例えば1年生の3月の時点で中退した場合は編入し手からも取得単位はすべて引き継げます。

しかし、2年生の6月に中退した場合は1年生で取得した単位しか引き継げないということになります。

こうした単位の計算は通信制高校を卒業する上で重要になってきます。なぜなら、計算を間違えて、1単位でも卒業要件より足りなければ留年になってしまうからです。

単位の計算法は入学前にしっかり確認しましょう。

まとめ

現在では高校の種類も、専門的な分野を教えるところから全日制高校・定時制高校・通信制高校と学ぶ時間や環境まで多様化しています。

そういった中で公立の全日制高校に行けず私立は学費的に厳しいという人にも、高校に入ったは良いものの高校の雰囲気に馴染めない人にも、周りの人との人間関係がうまくいかないという人にも通信制高校という選択肢はとても選びやすいものとなってきていると思います。

私立の通信制高校では編入や転入もしやすいのでぜひ検討してみることをおすすめしたいと思います。

自分に合った通信制高校選びを

もしも、貴方が学費を基準に通信制高校を選ぶなら公立が良いと思います。

しかし、割高のように感じる私立ですが、自宅で勉強するのは大変という人や、通っていて途中で挫けるかもしれない人へのサポートが充実しています。

それゆえ、公立よりは学費がかかりますが私立の通信制高校がおすすめです。

通信制高校なら全日制高校とはまた違い生徒さんの様々な環境にあった高校生ライフが送れると思います。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ