通信制高校の学費を比較するときのポイント

通信制高校を比較するうえで重要な要素の一つが学費ですよね。
ではその学費を比較するうえで大事なポイントはどこでしょうか?
何の知識もない段階で調べてもわからないことも多いと思います。
ここであらかじめ通信制高校の学費について勉強してみましょう!


通信制高校の学費を構成する要素

まずは通信制高校の学費の中には何が含まれているのか確認しましょう。
これらの項目ごとに比較してみるのも一つの方法です。

選考料

選考料とはわかりやすく言うと受験料
入学の際に受験する試験にかかる費用です。
だいたい1万円ほどですが、推薦入試だと高額になる場合もあります。
また、合格するまで何度も受験したり複数校受験したりすれば、それだけ高い費用を負担することになるので、一度でしっかり合格する学校を選ぶことが負担を減らすことにも繋がります。

入学金

入学金は初年度の入学時のみかかる費用です。
費用は無料のところから数万円のところまであって、通信制高校によりけり。
なお、退学などを防ぐために高額に設定している学校もあるようです。
このように初年度は授業料に加えて入学金もかかるので、2年目以降よりも負担が大きくなります。

授業料

授業料は通信制高校によって大きく異なります。
公立の通信制高校では年間5万円までの学校が多いですが、私立の通信制高校では最低でも20万円はかかると思っていたほうがいいでしょう。
ホームページなどでの表記は1単位ごとである場合が多いです。
なお、美容やファッションなど専門分野を勉強するコースや、国家試験に向けた学習をするコースなどは費用が大幅に高くなります。
学費のほとんどを占めるのがこの授業料なので、比較する際にはしっかり確認しておくことが大切です。

施設管理費

私立の学校に必ずといっていいほど設置されているのが施設管理費。
初年度のみ学費に含まれている学校もあれば、毎年負担する必要がある学校もあります。
金額は数千円から数万円まで。
入学金が無料な分施設管理費にお金がかかる、というような通信制高校なども稀にあるので、諸費用だからといってあまり確認していないと痛い目にあうかもしれません。


明記されていない可能性があるもの

ここまで紹介した学費は、各通信制高校のホームページや資料に明記されていることがほとんど。
しかし、毎年金額が変わるなどといった理由で明記されていないことが多いものもあります。
明記されていないところほど比較するうえでは重要だったりするので、疑問に思う点はあらかじめ学校側に確認しておきましょう。

教材費

一般的には教科書やワーク代となります。
しかし専門分野を学ぶとなると、美容系ならメイク道具など機材にお金がかかる場合もありますので注意が必要です。
自分が選択するコースによっては授業料と同じくらい費用がかかる場合もあり、学費に大きく加算される可能性があります。
しかし公立の通信制高校では1万円以下という学校も多いです。
説明会や体験入学などのときに、あらかじめ自分が通う予定のコースの生徒はどのくらいお金がかかっているか確認しておくことをおすすめします。

スクーリング費用

スクーリングとは通信制高校でいう登校日のこと。
全日制高校のように学校に行き授業を受ける形で行う学校もありますが、私立の通信制高校で多いのは宿泊型スクーリングです。
中には沖縄などのリゾート地で立派なホテルに泊まって行う学校もあるので、そのような場合には費用が一気に増します。
毎年金額に細かい変更があったりするため、ほとんどの学校が学費には掲載していないので、今までは平均してどのくらい負担があったのかなど教職員に聞いてみるといいでしょう。


比較するときの注意

通信制高校の学費について少しはおわかりになったでしょうか。
今まで公立の学校にしか通われていない人には特にややこしいかと思います。
では学費を比較するときには具体的にどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

卒業に必要な単位数を確認

先述したように、授業料はホームページや資料上に1単位あたりの金額で記載されています。
そのためまずは自分が高校卒業にあたってどれだけの単位数が必要なのか確認しましょう。
それがわからないと実際いくら学費がかかるのか正確に確認することができません。
なお、1年次から新入学する場合には74単位が卒業に必要となります。
1年間では26~28単位の取得を推奨している通信制高校が多いです。

どのくらいイベントに参加するのか

通信制高校には自由参加のカリキュラムが多くあります。
全日制高校では修学旅行や遠足というと特別な事情がない限りは全員参加するイメージですが、通信制高校では自由参加の学校がほとんどです。
そのためこういった行事に参加するかどうかによって、卒業までにかかる費用も多く変わってきます。
入学前は「こんなもの行かないから大丈夫」と思っていても、入学後気持ちが変わることも十分考えられますし、少し多めに見積もって考えておくといいでしょう。

通信制の高校を卒業するまでに必要な費用について、少しはおわかりいただけましたでしょうか!
資料などに明記されていない費用に関しては、学校側に聞けば聞くほど出てくる可能性もあるので、負担に不安があればすぐ相談してみることをおすすめします。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ