通信制高校でイラストを学ぶ!学費は?

通信制高校は「マンガ・イラストコース」となっている事が多く、最初は共通の基礎を学習する事から始めます。

通信制高校の専門コースの場合、プロの講師の方が教えてくれるので、本気で絵を勉強したい方にはおすすめです!

(通信制高校の場合、就学支援金を利用する事ができます。支払いが不安な方はこの記事も参照しましょう!

通信制高校の就学支援金で学費を安くしよう)

通信制高校では現役のイラストレーターから学ぶことが出来る!

通信制高校で学ぶ場合、マンガ・イラストコースを多くの場合は選択します。

初年度は、2つに共通する人物造形や背景描写などの基礎を学び、2年次からどちらかを選択するような流れが一般的です。

プロの講師が指導してくれる!

通信制高校では、アパレル、雑誌、広告業界などで活躍するプロのイラストレーターが指導してくれます。

生徒に向けて講義を行うだけではなく、作品に対してアドバイスもくれるので、メキメキと実力がアップしますよ!

最短でプロになる為のイベントも開催!

通信制高校の専門コースに在籍することで、学内審査会や紹介制のコンテストに出場する事が出来ます。

審査会で評価される事がデビューのきっかけであるプロの方も多く存在しますし、残念な結果になっても、プロの講師や編集者から作品に対してのアドバイスをもらう事が出来ます。

こうしたイベントを通して業界で働く様々な人達と知り合う事で、プロの方との人脈を作る事も出来ます。

通信制高校の専門コースでは、好きな事を学べるだけでなく、プロになる為の授業や機会が豊富に準備されています。

学費はどれくらい?通信制高校でイラストを学ぶ場合

ここからは、通信制高校で学ぶ場合、どれくらい学費がかかるのかを紹介します。

ここでは、ヒューマンキャンパスの専門課程を例にあげます。

入学金 10,000円
授業料 204,000円
施設費 60,000円
教科学習費 32,000円
教育充実費 120,000円
キャリア教育充実費 320,000円
合計 736,000円

上記が、年間24単位の場合の学費となっています。

また、別途で教材費や専門道具の購入費もかかるので注意が必要です。

その他にスクーリング費用などもかかるので、総額で100万円弱は想定しておくべきでしょう。

通信制高校の学費は高めですが、コンテスト参加やプロによる作品へのアドバイスを貰う事が出来るなどの貴重な経験が出来る事を考えると、納得ではあります。

学費が高いと思うなら専門チャレンジ過程もおすすめ

「興味はあるが、プロを目指すほどの自信はない」というばあいもあるでしょう。

そうした方の為に、ヒューマンキャンパスでは、専門チャレンジ過程というコースを設けております。

入学金 10,000円
授業料 204,000円
施設費 60,000円
教科学習費 32,000円
教育充実費 120,000円
教育充実費 120,000円
進路・進学充実費 170,000円
合計 586,000円

専門チャレンジ過程は、通学過程の勉強を受けながら、自分の好きなことを少しだけ勉強する事ができるコースです。

他の通信制高校では、KTC中央高等学院のウィークデイコースでも同様のスタイルの学び方が出来ます。

学ぶことが出来る内容は、専門課程に比べれば少ないですが、基礎だけなら、このコースでも学ぶことは可能です。

「イラストを勉強したかったけど、通信制高校の専門課程は学費が高い…」、「普通の勉強も同じくらいしたい」と考えている方にもおすすめの学習プランです。

学費の支払いが不安な時は補助金を使おう

通信制高校の学費の支払いには、就学支援金などの補助金も使えるので、学費の支払いが不安な場合は利用する事をおすすめします。

卒業後もプロを目指して頑張りたいという方も多いと思いますが、イラストレーターは、下積みの時代は収入を得る事がなかなか難しい職業でもあります。

卒業後の進路もよく考え、返済時の負担を確認しましょう。

プロになる為に必要な事

プロになる為には、絵を描くことが大好きである事が何よりも必要です。

しかし、それだけではプロになる事はできません。

雑誌、お菓子のパッケージ、CDのジャケットなど、作品を載せる商品にはありとあらゆるものがあります。

幅広い仕事をこなす為にも、自分の好きな絵だけではなく、様々な絵柄や、タッチで書ける事が必要です。

また、今はどんな作品が世間に受けているのかといった情報を収集する力も必要になります。

学生のうちは想像が難しい話ではありますが、通信制高校の専門コースに通えば、講師の方から仕事で大切な事や、理想と現実のギャップなどを聞く事ができるでしょう。

デッサン力の向上だけでなく、現場の話を聞けるという意味でも、通信制高校で学ぶ事は、プロになりたい人にとって夢の近道であるといえます。

イラストを勉強したい、プロになりたいと考えているのなら、通信制高校も進路の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ