通信制高校の学費はインターネット授業だとどう変わる?

昔は通信制高校といえば、レポートは家で手書きをして郵送で送るのが当たり前でした。

しかし最近ではインターネットを使って授業を受けられる学校が増えてきています。

郵送でのやりとりとインターネットを利用した勉強方法では学費はどのように変わるのでしょうか?

今人気のインターネット授業

最近インターネット授業が通信制高校での学び方としてとても人気が高いです。

しかし高校の勉強といえば紙とシャープペンシルで行うイメージしか持っていない人がほとんどでしょう。

そもそもインターネットで授業を受けるってどういうことのでしょうか。

授業はオンラインで視聴

通信制高校でも一切授業を受けなくていいわけではなく、実は週に1回くらいのペースで授業を受ける必要があります。

インターネットで勉強ができる学校なら、その授業をオンラインで視聴して受けることができるんです。

どこかに出かける途中の電車の中やお風呂の中でも授業を受けられるというわけです。時間がない人や勉強が嫌いな人でもこれなら気軽に授業が受けられそうですね!

授業時間・登校日数を減らすことができる

このように家にいながら授業を受けることができるので、結果的に通信制高校へ登校する日数を減らすことができるのがインターネットを勉強に利用する大きなメリットです。

生徒が学校に行かないということは先生の出勤日数も減ることになるわけなので、なんだか学費も安くなりそうな気がしてきます。

お子さんがいる主婦の方なら家事をしながら授業を受けることだってできちゃうわけです。

一番登校日数が少ない学校では年間3日程度の出席で単位が取得できます。

スマホやタブレットでレポートを提出できる

インターネットが普及する前も、実はビデオを視聴して通信制高校の授業を受けることはできました。

オンライン授業で大きく変わったところは、レポートの提出もそのままスマートフォンやタブレットなどを通してできてしまうことです。

しかも先生からの添削もオンライン上で受け取ることができます。

勉強中に何か困ったことがあればメールで質問し、回答してもらえるような学校だってあるんです。

ここまでできてしまうと、従来の通信制高校と比べて学費が高くなるんじゃないかと心配になってきます。

またネット環境を利用する費用のことも心配です。

学費はどう変わる?

では気になる学費は従来の学び方と比べてどう変わってくるのでしょう?

安いのか高いのかどちらだと思いますか?

登校して授業を受けるよりネットのほうが安い!

「安い」が正解!

オンラインでの授業やレポート提出ができるコースは、従来の学び方をするコースよりも学費が安い場合がほとんどなんです。

ちなみにオンラインで授業を受けられるコースは「WEBスクール」や「WEBキャンパス」という呼ばれ方をすることがあります。

学費も安くて学校に通う日数も少ないなんて、普通に通うコースよりオンライン授業を利用したコースに人気が集中してくるのも納得です。

登校日数が少なければ少ないほどアルバイトができる時間も増えて、生徒自身で学費を支払うことも難しくなくなってきます。

実際の費用例

ではインターネット学習を利用している鹿島学園高等学校の学費を見てみましょう。

ここでは年間25単位を取得した場合の初年度納入学費を例にあげます。

入学金 50,000円
授業料 175,000円
施設費 24,000円
通信費 5,000円
初年度納入学費合計 254,000円

こちらは鹿島学園高等学校に通う際の学費のなかでも一番安い金額。

もしも通学を希望される場合には、別途費用がかかるんです。

登校日数が多いほうが授業料は高くなりがち

各通信制高校や希望する登校日数にもよりますが、インターネット中心の通い方と登校がメインの通い方とでは、学費が年間で30万円以上変わってくることもあります。

インターネットをもともとお持ちの家庭であれば、オンライン授業は学費面でかなり嬉しいスタイルなんです。

最近では自宅学習に必要なタブレットを無料で貸出してくれる通信制高校もあるんですよ。

しかもWi-Fiなどのネット環境は最近駅やカフェなど至るところにあるので、ネットの回線を家に繋がなくても日頃授業を受けることはできます。

まとめ

ネットで授業を受ける通信制高校の通い方について、学費はどのように変化があるのか、実際どのくらいの授業料になるのか詳しく解説しました。

スマートフォンやパソコンで勉強をするなんて身になるのか不安だという人もいるでしょう。

しかし隙間時間を利用して勉強できることもあって、実はこうした勉強の仕方のほうが通信制高校の卒業率は高くなるといわれています。

勉強が嫌いな人でも簡単に学習できそうですよね。学費でも卒業率でも評判が高い学習方法なので、通信制高校への入学を迷っているという人はぜひ一度こうした勉強スタイルについて検討してみてください。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ