石川県の通信制高校の学費はいくら?

通信制高校によって学費は大きく異なります。

ここでは通信制高校に通う意義を説明したあとに石川県にある2つの通信制高校をご紹介し、それぞれの高校を卒業するためにはいくら学費がかかるかを説明していきたいと思います。

(石川県だけでなく全国的な通信制高校の学費について知りたい方はこちら!

通信制高校の学費の相場を調べてみた)

何のために通信制高校に通うの?

通信制高校は、高校卒業資格を取るための高校です。

高校卒業資格を取るには全日制高校や定時制高校、通信制高校に通い高校卒業に必要な単位を取得しなければなりません。

高卒認定試験に合格すると得られる高卒認定資格は、高校卒業資格と似ていますが、高卒認定資格は高校卒業程度の学力を認めるものであって高校を卒業したことにはならず、最終学歴が中卒になります。

高卒認定資格があれば日本の大学を受験できます。

大学進学希望者は高認資格を得て大学に進学し、卒業することで最終学歴が大卒になるため、高卒認定資格を得ることは一つの選択肢になります。

しかし、大学進学するか就職するかがわからないのであれば高卒資格を取得しておくべきでしょう。

高卒資格があれば大学受験の要件を満たすことができるばかりではなく、就職の際の募集条件の「最終学歴:高卒以上」を満せるからです。

全日制高校と定時制高校と比較すると、通信制高校は学校に通う時間が短いです。

そのため、働きながらであったり、自分の夢に向かいながらであったりしても通いやすい学校のスタイルです。

石川県にある2校をご紹介

では次に石川県にある2つの通信制高校をご紹介していきたいと思います。

1校目が、石川県立金沢泉丘高等学校です。

金沢市にある県立高校で、2016年度の卒業生数は109名で、大学、短大、専門学校へ進学する人もいれば就職したり職業訓練校に通ったりする人もいます。

2校目が、美川特区アットマーク国際高等学校です。

こちらも金沢市にある私立高校です。

2016年度の卒業生数は53名で、金沢大学や国士館大学への進路実績が報告されています。

学費はいくらかかるの?

通信制高校に通うとなると気になるのが学費ですよね。

通信制高校の学費は公立か私立かやサポートの充実度によって大きく変わります。

ここからは前章でご紹介した金沢泉丘高校とアットマーク国際高校の受験料と学費はそれぞれいくらになるのかをご紹介します。

学費が安い金沢泉丘高校

入学手数料 500円
授業料 310円(1単位当たり)
合計(3年間) 約59,140円

まずは受験料についてです。

入試では面接と作文が課され、受験料は950円です。

次に学費です。

金沢泉丘高校を卒業するのに必要な学費は入学手数料、受講料、教材費、レポート料に分けることができます。

入学手数料は入学時のみ500円がかかります。

次が、受講料です。1単位当たりの受講料は310円となっています。

卒業要件が74単位の取得なので、310円×74単位で22,940円がかかります。

教科書・学習書は、履修する科目で使用する教科書が異なるため一概には言えませんが、およそ22,000円かかるようです。

最後が、レポート料です。通信制高校では高校へ通わず、自宅学習でレポートを提出することが多くなります。

レポートは1単位当たり50円となっています。

卒業要件の74単位をすべてレポートで提出したとすると、50円×74単位で3,700円がかかります。

これら4つを合計すると卒業するために学費がいくらかかるかがわかります。

74単位全てをレポートで提出したとすると59,140円の学費がかかることになります。

受講方法を選べるアットマーク国際高校

まずは受験料についてです。

入学試験では作文と面接が課され、受験料は15,000円です。

入学金 100,000円
授業料 10,000円(1単位当たり)/td>
諸経費 252,000円(3年間)
合計(3年間) 1,502,000円(スクール)・1,386,000円(ネット)

アットマーク国際高校を卒業するのに必要な学費は入学金、単位履修料、コース別経費、教育諸経費に分けることができます。

入学金は、100,000円かかります。

単位履修料は、1単位当たり10,000円かかり、卒業するには74単位が必要なので、10,000円×74単位で74万円かかります。

コース別諸経費は、学習センターに通うスクール生は410,000円が、ネットでのサポートを受けるネット生は294,000円がかかります。

教育諸経費は、一か月あたり7,000円かかるので、3年間通うとすると7,000円×36か月で252,000円がかかります。

これらの4つを合計すると、スクール生の場合はおよそ1,502,000円がネット生の場合は1,386,000円がかかることがわかります。

最後に

今回は石川県立金沢泉丘高校とアットマーク国際高校という2つの通信制高校の学費をご紹介してきました。

公立か私立か、またネット生かスクール生かで学費が大きく変わることがわかりました。

ただし、それぞれの通信制高校の学費を高いととらえるか安いととらえるかは、通う人次第です。

あなたにぴったりの通信制高校が見つかり、充実した人生を送ることができるよう応援しています。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ