通信制高校の学費を自分で払うには

通信制高校を選ぶ方で、高校は卒業したいけど全日制高校は自分の生活スタイルに合わないと思っている方、家計的にアルバイトをしないといけない方、様々いると思います。今回は通信制高校の学費を自分で払おうと思っている方にお勧めな方法を提案していきます。一緒に良い方法を見つけていきましょう。

通信制の高校の学費について

それではまず、通信制高校の学費がどれくらいかかるのかみていきましょう。

初年度にかかるのは主に

・入学金

・授業料

・諸費用

です。実は、諸費用が意外と高いところもあるので注意しましょう。

この諸費用にかかるのは制服代や施設管理費、教材費、スクーリング費などです。

更に私立の通信制高校の場合はこの中に修学旅行なども含まれるところもあるので、諸費用が想像の何倍もしてしまう時があります。

公立通信制高校の学費

それでは、公立の通信制高校の学費の相場を見てみましょう。

入学金:500円~ 授業料:年間3万円以内 諸費用:年間2~3万円

合計年間10万円くらい

私立通信制高校の学費

続いて私立の通信制高校の学費をみてみましょう。

入学金:2万円以内 授業料:年間20万円~ 諸費用:年間2~5万円

合計:30万円~

このように公立の3倍ほどかかってしまいます。

公立と私立の違い

公立と私立でこれだけ違うのになぜ、私立を選ぶ人が多くいるのでしょうか。一番最初にあげられる理由として、私立のほうが進学率が高いからです。

通信制高校は学校が必要だと思えば教員を増やすことができます。しかし、公立高校は教員数は生徒数によって定められるため、先生1人あたりの負担が大きい傾向があります。

通信制高校は何かしらのトラブルを抱えている生徒が多いです。そのため、先生の目が行き届く私立を選ぶ場合が多いです。

自分で払うには

それでは、本題の自分で学費を払う方法を提案していきます。

アルバイトをして払う

一番最初に挙げられるのはアルバイトで自分で払うことです。

先程も述べたように、公立の学校の場合は年間10万円ほどしかかかりません。そのため、月に9000円しない程度です。

現在の東京都の最低賃金は958円ですので、月に10時間ほどアルバイトをすれば十分稼げます。

さらに、公立の通信制高校は週に1日のみの登校でも大丈夫なところが多いため、アルバイトをする時間が十分にあります。

続いて、私立の通信制高校の場合はどうでしょうか。

先程の初年度の学費は月30万円~とあったので、月に最低25,000円ほどです。

最低賃金で働く場合、月に26時間の勤務で払えることになります。週に1日、6,5時間働くことで自分で払えることになります。

このようにアルバイトをして自分で学費を賄うことは可能です。

就学支援金を利用する

続いての方法は高校卒業するために国から受け取ることのできる支援金を利用することです。

この支援金は就学支援金と呼ばれ、受理できるかどうかは親権者の所得が関わってきます。

もしこれを受け取ることができるのであれば、年間10万円以上の授業料が減額されるので、公立の高校であればほぼ無料で卒業できるということです。

また、これは奨学金なので返済する必要もなく、非常に良いシステムなので受け取ることができるかどうか調べておくといいでしょう。

学費を安くするポイント

私立の通信制高校で中には学費が年間100万円超えてしまうところもあります。

せっかく入ったのに、授業料が払えないからやめてしまうのはもったいないですよね。

そこでどうしたら安く済ませることができるのか見ていきましょう。

登校日数・コース選択で調整

・登校日数を減らす

・専門分野を学ばない一番シンプルなコースを選ぶ

通信制高校は登校日数が多ければ多いほど高くなる傾向があります。

最近はインターネットで授業を受けることのできるコースなども増え、人件費がかからないため意外と安いところも多いです。

このようなコースを選択することで学費が安くなる可能性もありますので調べてみるといいですね。

続いては専門分野についてです。

通信制高校は自分の学校の特徴を出すために、メイクコースやイラストコース、料理コースといったより専門的な分野を設置している学校が多くあります。

しかし、これらのコースを選択してしまうと一気に費用が上がることが多いため、お金が気になる方は選択せずに、一番シンプルなコースを選びましょう。

分割払い

実は、学校案内を見ると授業料の分割払いができるところもあります。

分割払いにすると自分の都合のいいタイミングで退学をしてしまう生徒もいるため、多くの学校が一括払いです。

そのため、退学する生徒が少ない学校に分割払いを選択できる場合が多いです。中には分割払いのできる学校を絞って学校選択する人もいるくないです。

そして、入学案内に書いていなくても入試試験の前に学校側と面談をして相談する人もいます。

このように相談すると多くの学校は分割払いを受け入れてくれます。

分割にすると自分でアルバイトなどをして払いやすくもなりますよね。

さらに成績優秀な場合は授業料が免除になると場合もあるので、相談してみるといいでしょう。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ