5分でわかる関東の通信制高校の学費講座

皆さんが通信制高校に通うことを検討する上で、1番気にかかることは何でしょうか?

カリキュラムでしょうか、入学難易度でしょうか、就職率や進学率でしょうか。

上記にあげた情報はどれも学校を選ぶ中で重要なことですが、実際問題として検討項目からどうしても外せないのは、やはり学費の問題ですよね。

「通信制高校に通いたいけれど、どれくらい学費がかかるか不安」「関東圏に住んでいるから、実家から通える範囲で学費の合う通信制高校を探したい」という方たちのために、今回は関東圏に存在する通信制高校の学費についてまとめながら、関東の一般高校と比較を行い、実際の学校や学費の例まで出して一挙に解説していきます。

関東圏の通信制高校に興味のある方、必見の記事になっています。

関東圏の通信制高校の学費

さて関東圏の通信制高校は実際にはだいたい費用がかかるのでしょうか。まず実際の学費を例示してから、その内訳まで踏み込んで説明していきたいともいます。関東で通信制高校に進学することを検討している方はぜひご覧ください。

実際の学費

・私立

関東圏の私立通信制高校の学費は例外は存在しますが、

年額25~45万円

上記の額が必要になると考えると、大きなズレは存在しないでしょう。

この金額は就学支援金を除いた額ですので、学校によっては就学支援金の12~18万円ほどを除いた額で進学できるところもあります。

別途でスクリーニング(年数日の必須登校日)費用がかかる場合があるので注意しましょう。

・公立

公立高校の学費は市立に比べて段違いに安いです。

関東圏のものでも年額ではなく、卒業までで10万円以下で卒業できます。

しかし市立に比べてサポートが無いため、あまりお勧めはできません。

学費の内訳

次に通信制高校の学費の内訳について以下にて解説します。一般的な高校とはだいぶ違う部分も存在しますので、理解しておくことをお勧めします。

・入学金

・1単位あたり授業料、もしくは年額授業料

・施設費

・諸費用

・スクリーニング費

入学金、施設費などは一般の高校と変わりません。

しかし授業料の払い方は、通信制高校では1単位あたりの支払いになっているところが多いようです。

諸費用では全日制高校にはないインターネット環境拡充などの費用が含まれる場合があるので注意して見ていく必要があります。

スクリーニング(年数日の登校日)の費用ですが、授業料にも諸費用にも含まれず、表示されていない場合があるので授業料の総計を求めたい時はきちんと資料を確認しましょう。

以上のように通信制高校は全日制高校と違い、授業料の内訳に差があります。

関東の一般高校と比べた場合

さて通信制高校の学費やその内訳についてある程度理解したところで、次に気になってくるのは年額35万円~45万円というのは高いのか、安いのか、いったいどれくらいの額なのだろうかということですよね。

その疑問に答えていくために、関東の通信制高校と一般の全日制の高校の費用を比較してみたいと思います。

私立全日制高校の学費と比較

私立の全日制高校の費用は入学金などを含めた額として、

年額約70万円必要になると言われています。

内訳として、

・入学金17万円

・授業料38万円

・施設設備費17万円

という風になっています。

さらにこの金額に加え、修学旅行費や社会科見学費などの諸費用がかかりますので。平均して年額100万円程と考えればよいでしょう。

上記の金額を見れば分かりますが、同じ私立でも通信制高校よりはるかに高額ですよね。

毎日の学校設備と教師の人件費がかかるため、このような差が生じます。

公立全日制高校の学費と比較

次に公立の全日制高校の費用と比べてみたいと思います。

公立の全日制高校の費用は、

年額で約25万円必要になると言われています。内訳は私立とほぼ同じなので省略しますが、諸経費をプラスして年額平均35万円と考えればよいでしょう。

やはり公立の通信制高校と比べると、費用には大きな開きがありますね。

実際の学校と学費の例

ここまで通信制高校の学費とその内訳を全日制高校と比較しながら説明してきました。

次に実際の関東圏の通信制高校を例示しながら、学費やそのカリキュラムまで踏み込んで列挙していきます。

N高等学校

N高等学校はネットコースと通学コースがあり、自分に合ったコースを選んで通える、インターネット教育に強い通信制高校です。学費がとても安いことも特徴です。

・学費

年額約25万円

内訳として入学金(1万円、初年度のみ)、施設設備費、教育関連諸費、授業料という構成になっています。

これは就学支援金を除いた状態です。就学支援金を受けることができる場合には、最高で年額約7万円まで支払額が減額できます。

ルネサンス高等学校

ルネサンス高等学校は留学コース、タレントコース、美容師コースなどというように個人の資質と興味にあった教育を提供することを強みにしている通信制高校です。

・学費

年額約43万円

内訳として入学金(5万円、初年度のみ)、施設設備費、教育関連諸費、スクリーニング費という構成になっています。

これは就学支援金を除いた状態です。就学支援金を受けることができる場合には、年額31万円まで支払額を減額できます。

以上の2校以外にも、関東圏には多くの通信制高校が存在します。

学費、カリキュラム、進学率を照らし合わせながら、自分の趣味嗜好にあった通信制高校に進学しましょう。

関東圏の通信制高校まとめ

さて、関東圏の通信制高校の学費、全日制高校との比較、実際の通信制高校の例示までを行ってきましたが、皆さんの進学先の選択に役に立ったでしょうか。

通信制高校は一般の全日制高校に比べて学費の構成が複雑になっていることが多いです。

実際に進学先を決定する段階には、必ず資料請求を行い、しっかりと三年間の学費の総計を調べてから決定しましょう。

では皆さんが良い通信制高校選びができることを祈っています。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ