広域通信制高校と狭域通信制高校って何?定義や学費について解説!

通信制高校と一口にまとめてしまいがちですが、実はその中にも「広域」と「狭域」という種類があることはご存知でしたか?
実はこの種類によって入学できるエリアが異なってくるので注意が必要です。
この記事では広域校と狭域校の違いや、おすすめの広域通信制高校2校の学費について詳しく解説していきます!

広域通信制高校と狭域通信制高校の違いは?

まずはそれぞれの通信制高校の定義と特徴からご紹介していきます。
ご自分に合った学校を見つけるために、まずはそれぞれのメリットやデメリットをしっかりと確認しておきましょう!

広域は3都道府県以上から入学が可能なのが魅力!

広域はその名の通り学区が広く、3都道府県以上から通うことができる通信制高校のことを言います。インターネットなどを利用して日本全国から入学が可能な学校が多数あります。また、学校によっては海外在住でも授業を受けられることもあります。
全て私立の高校となっており、独自のカリキュラムを持っているところも多いです。学びたいことが決まっている方や取りたい資格がある方でも、学校の遠さで諦める必要が無いのは非常に大きなポイントですね!
一方で、どうしても公立と比べると学費が高めになってしまったり、スクーリングの負担が大きくなってしまったりというデメリットもあります。ただし、学費は補助金を活用して安く抑えることができますよ。

狭域は学区が狭い分スクーリングが手軽!

一方、狭域は通える学区が狭くなってしまいます。学校の所在地の都道府県と、その都道府県と隣接する1つの都道府県のみとなっております。入学できる通信制高校がグッと減ってしまうというのはデメリットかもしれません。
しかし、本校が近い分スクーリングが手軽なのはメリットです。広域通信制高校も全国にある協力校や学習センターでスクーリングをすることはできますが、必ずしもすぐ近くにあるとは限りません。その点狭域は必ず通える範囲にあるのは嬉しいです。
また公立校が多いため学費が安いという特徴もあります。カリキュラムは国が定めたものとなっており、何か特別学びたいことがある方には不向きかもしれませんが、高校の卒業資格がほしいという方には向いているかもしれません。

メリット・デメリットはそれぞれに!

このように、広域通信制高校と狭域通信制高校にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
自分がどのようなことをやりたいのか、またどれくらいスクーリングに行けるのかなどを判断して、自分に合った学校を選ぶようすることが大切ですね!

おすすめの広域通信制高校の学費をご紹介!

先述したとおり、幅広いエリアから入学できるのが特徴の広域通信制高校。
狭域校とは異なり、行きたい学校が見つかれば距離に関係なく入学することが可能です!
ここからは日本全国どこからでも入学できるおすすめの通信制高校の特徴と、1年間にかかる学費をご紹介していきます。

鹿島学園高等学校の特徴と学費について

鹿島学園高等学校は全国に300ヶ所以上のキャンパスがあり、スクーリングの負担が少ない通信制高校です。
また、魅力的なカリキュラムが豊富であったり、通学スタイルも年間数日から週5日まで幅広く選べたりするのが特徴です。
鹿島学園高等学校の学費は以下の通り。

入学費 5万円
授業費 7000円/単位
通信関連費 5000円/年間
施設関連費 2万4,000円/年間
総額 66万5,000円

こちらは就学支援金適用前の費用となっているため、ご家庭の収入にもよりますが負担を一気に減らすこともできますよ。
また、鹿島学園高等学校は独自の学費サポートプランもあるため、金銭的に余裕がなくても通いやすい学校となっています。

角川ドワンゴ学園N高等学校の特徴と学費について

角川ドワンゴ学園N高等学校は、大手IT企業のドワンゴが開校した最先端の通信制高校です。
インターネットに精通した企業だけあり、学習システムも非常に利便性の高いものであるのが特徴です。また、様々なジャンルで活躍するプロフェッショナルの講師が揃っているのもポイントですね。
気になる角川ドワンゴ学園N高等学校の学費の目安はこちら。

入学費 15万8,000円
授業費 5,000円/1単位
通信関連費
施設関連費 2万5,000円
総額 40万3,700円~83万5,700円

もちろん、こちらも就学支援金適用前の費用となっています。収入次第では1単位あたり4,812円が支給されるため、かなり安く抑えることができますね。

自分のやりたいことに合わせてぴったりの高校選びを!

以上、広域と狭域の通信制高校の違いとおすすめの広域通信制高校2校の学費をご紹介してきました。
やりたいことがあっても諦めなくて良いのが広域通信制高校の特徴ですね!
ぜひご自分の夢を叶えるために素敵な通信制高校ライフを送ってください!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ