通信制高校クラーク記念国際高等学校の学費

みなさんはクラーク記念国際高等学校を聞いたことありますか。実は全国で11,000人の生徒が所属する日本最大級の通信制高校です。これだけの生徒がいるということはそれだけ魅力的だということです。今回は学費から授業システムまで全て見ていきましょう。

クラーク高校について

クラーク高校は「少年、大志を抱け」の言葉を残したクラーク博士の考えを教育理念に掲げた教育機関です。

この学校では定期的にアンケート調査を行っており、「保護者の教師への信頼度」は96%、「新入生の学校への満足度」は89.9%と生徒、保護者両方が満足のできる学校です。

これだけの満足度を得られている理由として、教員330人が学習心理支援カウンセラーの資格を持っているからです。そのため、生徒のちょっとした変化やサインいち早く気づくことが出来ます。

さらに、一般的な学校では見られない「パーソナルティーチャー」という制度を導入しているからです。生徒は自分で担任を選ぶことが出来ます。

これによって先生側も「えらばれた」という責任感が芽生え、より生徒と信頼感を築く事ができます。

学費について

以下で紹介しますがクラーク記念高等学校はシステムが非常に充実しています。
そこで気になる点が学費ですよね。

単位制

単位制の学費は

入学金:10,000 授業料:1単位8000円 設備費:13.000円

初年度学費223,000円 となります。私立の一般的な通信制高校とくらべてもあまり高くはありません。

全日制の学費

全日制コースの学費は

入学金:140.000円 授業料:448,000円 設備費:300,000円

初年度学費合計888,000円 となります。通信制高校にしては高いですが、私立の一般的な全日制の高校でしたら初年度100万円超えるところも多いため、クラーク高校は特に高いというわけではありません。

通信制高校でありながら全日型

続いて通信制高校の特徴である通学体制について見ていきましょう。

・週1日~5日通学するフレックス型

・月1~2日通学の在宅ウェブ型

・週5日通学する全日制

の3つのスタイルが有ります。

フレックス型

週1日~週5日の通学スタイルを自分で選択することが出来ます。

1週間に受ける授業を6コマ、12コマ、18コマの3つから選び、そのコマ数の中で独自の時間割を組みます。

選択する授業も基礎学力から国際系、大学受験対策といった様々な分野があります。

フレックス型を通してやっぱり全日制がいいと言う場合でも、わざわざ転校すること無く、クラークの全日型コースに変更するだけです。

在宅ウェブ型

続いて好きな時間に自宅で勉強し、高校卒業資格を取得する在宅ウェブ型について見ていきましょう。

在宅学習の生徒にも他のコースと同じように担任制導入し、勉強や普段の生活の悩みを先生と相談することが出来ます。

さらに、通信制高校の特徴であるスクーリングもあり、会場は最寄りのキャンパスな為、直接先生から指導を受けながらレポートを作ることも出来ます。

もし在宅学習を行っていく中で、やっぱりもう少し多く学校に行きたいと思い始めるとフレックス型に変更することも出来ます。

全日型

通信制高校では珍しい全日型を導入しています。

これは、週5日通学し、普段の全日制の学校と同じように制服を着て登校します。

コースは「総合進学コース」、「国際コース」、「クリエイティブコース(声優・放送)」など様々なコ-スが用意されています。

全日型コースに入学したあとでも週5日学校に行くのが難しいという生徒は、別のコースにも変更できるので気軽に挑戦できます。

国際教育にとにかく力を入れている

クラーク高校は国際教育に非常に力を入れていることでも有名です、

TOEIC900点以上を輩出

クラーク高校は毎年TOEIC900点以上の学生います。

週20コマ英語の授業を行うインターナショナルコース、があるため英語に力を入れたい生徒が多く集まっています。

また、国際大学IPU ニュージーランドと連携しており、高校卒業後にニュージーランドの大学に進学することも可能です。

高校卒業時はTOEIC500点ほどの生徒がニュージーランドで一年勉強してからTOEIC900点以上になり、自分の夢を掴んだ生徒も多くいます。

充実した留学制度

さらに、クラーク高校は独自のオーストラリアへの留学システムが有ります。このシステムを利用した生徒は述べ3000人ほどいて満足度95%に達しています。

年10回以上の渡航機会があり、3週間から27ヶ月まで選ぶことが出来ます。

留学いったから卒業が長引くのではないかと心配する方のために、現地で課題提出を行い、一時帰国の際にスクーリングやテストを行えば3年間で卒業することも可能です。

留学先でも1クラス18人以下の少人数のレベル別クラス編成によって先生とコミュニケーションを取る機会が多く、分からないところを直ぐに聞ける様になっています。

英語を勉強したい人におすすめの通信制高校

クラーク高校では英語を勉強するのではなく、英語で勉強をするようになります。英語でのプレゼンテーションなども行われます。

生活面では留学をする際の最大の魅力であるホームステイを行います。海外だから安全面が心配な方も多いと思いますが、日本人の受け入れの経験のある政府発行の許可書のあるホストファミリーが担当するため全く心配ありません。

通信制高校でこれだけの制度が充実しているところは非常に少ないので通信制高校でも「留学してみたい」といった生徒に非常に人気となっています。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ