三重県の学費が安い通信制高校

不登校、ひきこもり、仕事など様々な理由で全日制高校への進学が難しい方におすすめなのが通信制高校。

通信制高校への入学を検討するときに重要となってくるのは、やはり学費ですよね。

私立は県立に比べ学費が高いですが、県立にはない手厚いサポートを用意しているところが多いです。

良質なサービスを提供しながらも比較的安い学費で入れる私立通信制高校もあります。

今回は、三重県で通信制高校をお探ししている方に知っていただきたい、通信制高校を学費に注目して紹介していきます。

(三重県だけでなく全国的な通信制高校の学費について知りたい方はこちら!

通信制高校の学費の相場を調べてみた)

三重県の通信制高校の学費や詳細について

平成27年度での三重県内の県立高等学校の数は、全日制高校が56校、定時制高校が11校、全日制高校と併設された通信制高校が2校となっています。

生徒数は全日制で3万7537人、定時制高校で1889人、通信制高校は2266人です。

私立だと全日制高校15校、通信制高校は独立校が4校と全日制との併設校が1校設立されています。

学費の安い三重県立松阪高等学校

まずは「三重県立松阪高等学校」。

明治43年に創設された古い歴史を持つ通信制高校です。

学費は入学時に教材費や通信費、体操服や体育館履きなどの諸経費として合計4万5千円ほど必要です。

次年度からは毎年2~3万円ほどかかります。

授業料は不要です。

スクーリングは月二回ほど、日曜に参加しなければなりません。

そこで授業やテストを受け、特別活動に参加します。

特別活動とは、ホームルーム活動、生徒会活動、学校行事を示し、卒業のためには年間10時間以上参加する必要があります。

クラブ活動にも参加することができます。

勉強は基本的に自学自習でレポートを作成します。

提出したレポートが合格点に達することができれば、スクーリングの際にテストを受験する資格が得られます。

すべての課程を修了すると三重県立松阪高等学校普通科の卒業証書を取得することができます。

好きな曜日に通える三重県立北星高等学校

次に紹介するのは「三重県立北星高等学校」。

学費は、教科書代と諸会費で毎年2~3万円かかります。

安心・安全な環境の中で、自分ならではの学びを目指すことを目標とする通信制高校です。

スクーリングは日曜に行われており、編入生のみ木曜コースが選択できます。

そこで面接指導を受けます。

原則として、指定曜日以外のスクーリングは認められていません。

面接時間が不足した場合、火曜に行われているスクーリングサポートに参加できます。

また、火曜にはレポートサポートも行われています。

レポートは教科書、学習書、機関誌を利用して1単位あたり3枚程度提出する必要があります。

卒業単位数は必履修科目を含め74単位となっています。

多くの科目で半期につき2回のテストが行われます。

こちらの通信制高校もクラブ活動に参加することができます。

卒業するには在籍半期あたり5時間以上の特別活動参加が条件となります。

コース充実の鹿島朝日高等学校

上記二校と比較すると高額な学費とはなってしまいますが、私立の通信制高校の中ではお手頃な学費であるのが、「鹿島朝日高等学校津キャンパス、四日市キャンパス」。

学費年間およそ20万円から通うことができます。

学習スタイルは週2~5日通学、週一日制、自宅学習制、個人指導制、家庭教師制、ネット指導制、全寮制と自由に選択することが出来る点が最大の魅力です。

他の通信制高校と同様、レポートを期日までに提出し、9月と2月に行われる定期テストを受ける必要があります。

また、制服と私服どちらでも通学可能です。

オプションコースには進学コース、就学支援コース、美容コース、資格コース、国際コースなどがあり、夢の実現を支援するためのサポートも豊富に用意されています。

様々な分野が学べる大橋学園高等学校

四日市市にある通信制高校「大橋学園高等学校」は学費として入学時に12万円、授業料は個々で変わってきますが、およそ年間30万円かかります。

午前中は高校卒業のための科目の学習を行い、午後は総合教養タイムとチャレンジタイムの2種類を選んで学習することができます。

総合教養タイムの時間は調理や製菓、情報処理、福祉保育、総合体育、デザインなどの分野から選択して学習できます。

チャレンジタイムは放課後に各種資格取得や検定合格のための勉強をすることができます。

自由な代々木高等学校

最後に、「代々木高等学校」を紹介します。

代々木高等学校は津サテライト教室、松阪教室、伊勢中川サテライト教室、伊勢サテライト教室、伊勢理美容サテライト教室と三重県内だけでも多数あります。

「キャンパス」は代々木高校の学習拠点、「サテライト教室」は代々木高校と提携し、多彩な教育を提供する教室です。

こちらも県立の通信制高校と比べると高めですが、学費合計およそ68万円からで卒業することができます。

通学スタイルは、通学日数を週1、3、5日から自分で設定することができる通学型コース、webコースのほか、働くことと学ぶことが一体となった奨学金コースなど様々な通い方を選ぶことができます。

このような自分の生活スタイルや状況に合わせて学べるという点が魅力となっています。

まとめ

通信制高校選びにおいて学費のみを考慮するならば確実に県立の通信制高校がおすすめですが、自分のライフスタイルを考慮した柔軟な学習計画を立てたい方や、資格などの夢がある方は、学費が少し高くなってしまいますが、サポート体制が整った私立の通信制高校を選ぶのも手かもしれません。

通信制高校の学費に着目した本記事が三重県にお住みの方々の通信制高校選びにおける一助となれば幸いです。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ