宮崎県にお住まいのあなたが入学できる通信制高校の学費等の紹介!

宮崎県から入学申請ができる通信制高校に通いたいと考えているあなた。

しかし宮崎県から入学申請ができる通信制高校は全部で10校もあります。

そうなるとどこを選べばよいのか分からないですよね。

そこで今回はあなたの代わりに私が学費を重視していくつかの通信制高校を選びました。

もちろん学費以外の魅力的な部分や通信制高校の基本的な流れも教えていきます。

(もし、鹿児島だけでなく全国的な通信制高校の学費について知りたい方はこちら!

通信制高校の学費の相場を調べてみた)

延岡青朋は公立通信制高校ならではの学費の安さ!

宮崎県立延岡青朋高等学校は宮崎県でも数少ない公立の通信制高校です。

延岡青朋高等学校とは学年制ではなく単位制の通信制高校です。

単位制にはやり直しがきくという大きなメリットがあります。

学年制の場合は1年生の時に学ばないといけない科目を修得できなかったときには、もう一度1年生をやり直さないといけません。

しかし単位制であれば1年のときに履修した科目が修得できなくても、もう一度1年生をやらないといけないということはないのです。

つまり苦手な科目は時間をかけて修得していいということです。

延岡青朋高等学校の学費

この単位制を取り入れている延岡青朋高等学校の学費を紹介します。

入学金は500円・授業料は230円(1単位あたり)・校納金12,000円・教科書代18,000円程度となっています。

とても安いですね!

さすが公立の通信制高校といった感じです。

宮崎東は自分のペースで勉強できる!

宮崎県立宮崎東高等学校も公立の通信制高校です。

先に紹介した延岡青朋高等学校とこの宮崎東高等学校が宮崎県に2つしかない公立の通信制高校です。

宮崎東高等学校に通う場合、自宅での学習が中心になります。

レポート、スクーリング、テストという通信制の三本柱です。

レポートとは教科書、学習書、高校講座(ラジオ・テレビ)などで自分で学習し、レポートを書くということになっています。

レポートは年間で4~12回提出することになっています。回数は科目によって違いがあります。

スクーリングとは教科書や学習書だけで自分で学習を進めるのは難しいので学校に登校して直接指導を受けるというものです。

こちらも科目によって何日スクーリングするかは違いがあります。またスクーリングの一部をNHK高校講座を視聴することで代替することができる科目もあります。

テストは前期と後期で2回行われます。

宮崎東高等学校の学費

次に、そんな宮崎東高等学校の学費を紹介します。

入学金は2,100円・授業料は1,620円(1単位あたり)となっています。

しかし就学支援金の対象に認定された方は、授業料の負担はなくなります

その他に諸会費(教育充実費、生徒会費など)として82,435円です。

やはり公立なので学費は安いですね!

コースが充実している並木学院!

並木学院高等学校はコースが充実している私立の通信制高校です。

主に週5日登校するコース・週2日登校するコース・通信コースというのがあります。

週5日登校するコースにはアクティブクラス・アドバンスクラス・アニマルクラスの3つがあります。

アクティブクラスというのは文武両道を目指すコースです。

体育系のスポーツ専攻と音楽・ダンス・芸術などの芸術・パフォーマンス専攻というのがあります。

アドバンスクラスというのは大学進学を目指すクラスとなっています。

センター試験を全員が受験することを目指し、進学率100%を目指しています。

アニマルクラスというのは、隣接する専門学校と連携して質の高い専門的な講義が受けられます。

動物関係の大学・専門学校への進学を目指している人にオススメです。

週2日登校するコースはグローバルクラスと言われ、芸能活動やアルバイトなど学外での活動を充実させたい方にオススメのコースです。

それでもしっかり課題ができるように授業は展開されています。

並木学院高等学校の学費

このようにコースが充実している並木学院高等学校の学費を紹介します。

入学金は30,000円となっています。

授業料は週5日のコースであれば49,300円(月額)・週2日のコースであれば38,000(月額)円・通信コースであれば21,000円(月額)となっています。

授業料に施設設備費などは含まれています。

やはり私立なので少し学費が高くなりますね。

しかし就学支援金を利用すれば最低でも毎月9,900円の支援金を受けられます。

最大で24,750円の支援を受けられます。

支援金額は各家庭の状況によります。

積極的に補助金を活用しよう!

いかがでしたか?

いいなと思える通信制高校はありましたか?

これらの記事の中には比較的学費の安い通信制高校もありますが、それでも支払いに不安を感じている方はいるでしょう。

通信制高校は、就学支援金といった補助金を利用できるので、「高校に行きたい!」という夢を決して諦めず、こうした制度を利用してみましょう!

あなたにとって最適な通信制高校が見つかることを祈っています。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ