通信制高校の未来を予想!学費無償化で何が起こる?

前回の記事で東京都の私立高校の授業料に対しての国からの給付金が増えることをご紹介しました。

→通信制高校の学費も!東京都「私立高校授業料無償化」って?

この授業料の無償化によってどんなことが起きると予想されるのでしょうか。

通信制高校にも無償化は適用

まず大前提として確認しておきますが、私立高校の授業料無償化は全日制高校だけでなく通信制高校にも関わってきます。

今回の給付金額の変更が実際に行われると、給付金は40万円を超える金額になりますが、通信制高校の年間学費の平均は30~40万円です。結果的にちょうど学費を無料にすることができるようになるんです。

企業が運営する学校は影響されやすい!?

全日制高校と違って通信制高校は企業が運営している学校もたくさんあります。

学校法人が運営する学校は学費の変更をあまり頻繁にすることはありませんが、企業が運営する学校は学費が変わったりコースが増えたり、さまざまな変化が起こりやすいです。

そして人気の私立高校のなかにも、このような企業が運営する学校はたくさんあります。

この無償化によっていろいろな変化が起こると予想することができるんです。

では気になる部分を一つ一つ予想していってみましょう!

学費が安くなるかも

給付金が44万円になることによって、年間学費が44万円以上かそうでないかによって学校が比較されるようになると予想できます。

授業料が無料の学校と、不足分を支払う必要がある学校とではどちらが人気になるかは皆さんも想像できますよね。

そのため、現在年間の授業料を50万円から60万円に設定している学校はもしかしたら少し費用が安くなるかもしれません!

今回の制度の変更によって学校側はいろいろと大変になるのかもしれませんね。

公立高校の倍率が下がるかも

現在、公立通信制高校は私立の通信制高校に比べてかなり入学試験の倍率が高いです。

それはとにかく費用が安いから。

しかし今回私立高校に入学する場合にも国から給付金が受け取れることになれば、公立高校の「学費が安い」ことがそれほど大きなメリットではなくなってしまいます。

そのため通信制高校への入学希望者は公立と私立に今までよりもバラけるのではないかと予想されているんです。

現在公立の通信制高校の多くは、私立通信制高校と違いサポートの質や量など全日制高校とほとんど変わりません。

そのため学費面のメリットがなくなれば、私立高校に入学希望者がどんどん流れていってしまうことも考えられるでしょう。

費用が高い学校も人気が上がるかも

その逆で、今は学費が高くてあまり人気がない学校も、今回の制度の変更によって人気が上がってくるとみられています。

たとえば年間学費100万円の学校でも、国からの私立高等学校等授業料軽減助成金を使えば、負担する金額を50万円前後に抑えることができますよね。

私立高校に通う生徒やその保護者はあまり学費を気にする必要がなくなるぶん、学校側にどんどん優れたサポートや教育を求めるようになるでしょう。

通信制でも週3日以上通う時代に

昨今増えてきている、全日制高校のように週3日以上通うことができる通信制高校。

登校日数が少ない学校に比べて授業料が高いため、通いたくても通えなかったという人もたくさんいるのではないでしょうか。

しかし授業料無償化によって、今までだったら年数日しか通えなかった費用と同じ金額で、週3日以上通うことができるようになる学校もあります。

通信制という制度を利用していたとしても、登校日数をどんどん増やすようになるかもしれません。

大学進学もしやすくなる

登校日数が多いコースのほかに、学費が高いコースの代表例として大学進学に特化下コースがあげられます。

授業料が安くなればこうしたコースの人気もどんどん上がってくるでしょう。

もしかしたら塾に通うよりも大学進学に対応した通信制高校に通うほうが実際に負担する授業料は安くなることもあるかもしれません。

高認試験よりも通信制高校のほうが費用が安くなる!?

高校卒業と同等の資格を取得しようとしたとき、通信制高校のほかに考えられる選択肢が高卒認定試験の受験です。

高校の授業料よりもこの試験の授業のほうがもちろん費用が安く済むので、経済的な問題から高卒認定試験を選んでいた人もたくさんいます。

しかしこの高卒認定試験には国からの給付金などは付与されません。

そうなると学校に通ったほうがお金がかからない可能性も出てくるんです。

まとめ

私立高等学校等授業料軽減助成金が現在の報道通りに変更された際に、起こりうると予想されることについていくつか解説しました。

今回ご紹介した内容が確実に起きるとは言い切れませんが、今通信制高校への入学を検討されている方はぜひとも参考にしていただければと思います。

なるべく安い金額で有意義な高卒資格の取得ができることを祈ってします!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ