通信制高校の学費は年間いくら必要?

通信制高校への進学を考えているけれど入学金いくらかかるのだろう?一年間の学費は?学校によって学費が違うからよくわかんない!

などなど周りに通っている人がいないとなかなか聞きづらい、疑問になるところをまとめました。

全日制高校とは違うからこそお金の不安があるとおもいますが、これをみれば通信制高校の学費はバッチリです!

(三年間の学費はこちらをチェック→通信制高校を3年間で卒業するまでの学費は?)

公立通信制高校の3年間でかかる学費について

まず、通信制高校は普通の全日制の高校とは違い学費は1年間ごとには支払いません。通信制高校は単位を取得するごとにお金を支払う仕組みになっています。

また、1単位にかかる学費も私立と公立によって異なります。

通信制にも公立と私立があります。公立の一番のメリットはかかる費用が安いことといっても過言ではありません。

入学金が500円で1単位取得するのにかかる費用が336円卒業に必要な単位が74単位なので336(円)×74(単位)なので24864円で入学金やそのほかの費用を入れても3万円以内で収まります。

公立の通信制高校を卒業するまでに必要な費用は3年間で3万円程度と私立に比べて段違いに安くなっています。

公立通信制高校のデメリット

経済的な面ではとてもいいように感じる公立の通信制高校ですがデメリットももちろんあります。公立なので学費が安いということもありますが、学生へのサポート体制がほとんどありません。

カリキュラムが単位を取得するためだけに作られているので学生が卒業するまでの学習面や精神面でのフォロー体制があまりありません。

通信制高校は登校するのが少なく基本的には自宅での勉強になるので自宅で勉強するのが苦手な方など途中で挫折してしまうかもしれない人にはあまりおすすめできません。

公立の通信制高校の中には卒業率が約50%程度のところもあるようなので公立への進学を考えている人はよく考えて選ぶことがおすすめです。

私立通信制高校の3年間でかかる学費について

私立の通信制高校の学費は公立と比べてかなり高くなります。

私立の通信制高校場合学校によって学費の高さは変わりますが入学金が10000円~50000円程度で1単位取得にごとにかかる受講料が5000円~12000円ほどかかります。他にも施設設備費などといった学校によって様々な費用がかかります。

また学費が高くなる一番多きい要因としてサポート校があります。サポート校でかかる費用はコースや、登校日数によって異なりますが50万円~100万円程度かかります。これは一般的な私立の全日制高校でかかる費用と同額です。

就学支援金を使おう!

しかし、ここから就学支援金制度を使えることができれば年間12万円程安い費用で抑えることができます。

また、通信制高校とサポート校が一緒になっている学校選ぶことにより別で通うよりお得になります。

通信制高校とサポート校が一緒になっているところの平均的な学費としては年間60万円~80万円前後になり一般的な私立高校にかかる費用と同じくらいになります。

また、就学支援金も合わせると私立の全日制の高校に比べて少しお得になります。

サポート校とは?年間でどれくらい学費がかかるのか。

私立の通信制高校の説明の時でてきたサポート校とはなんでしょうか。そもそもなぜサポート校に通わなければならないのか。サポート校に通うことでどんなメリットがあるか紹介したいと思います。

サポート校とはその名の通り通信制高校に通う学生の方の学習面や生活面や精神面などできめ細やかなサポートしてくれるところです。

通信制高校の勉強には独自の魅力も!

学習面では個人の学習の進み具合にあわせて細かい指導を受けることができます。

また、個人の才能や興味によって芸能やスポーツやアートなど普通の高校では学ぶことができない知識や技術を学ぶことができます。

精神面のサポートも充実しているので不登校やいじめ経験者の方でも通いやすい環境を整えてくれます。

多くのサポート校にはカウンセラーが常駐しているので子どもだけでなく保護者の方も相談に乗ってもらうことができます。

サポート校にも通うことで通信制高校を3年間で卒業しやすくなると思います。

自分でしっかり学習しスクーリングに行けるのならサポート校は必要ないといえます。ですが自学自習のみで、卒業できるのは20%~30%とも言われているので、途中で挫折してしまう人が多いのも事実だと思います。

最後に

ここまで公立と私立の通信制高校の違いや1年間にかかる学費について紹介してきましたが全日制高校にはない制度がいっぱいあるので一番自分に一番合ったところを選んでください。

しっかりとした勉強する意志のある方は3年間で3万円程度の安い費用で通える公立がおすすめですし。公立に比べると高くなりますが、やりたいことがある人や学校に行きづらくなってしまった人、絶対3年間で卒業したい人けど自分で学習することが不安な人は私立がおすすすめだと思います。

一人一人にあわせてくれた柔軟なサポートをしてくれますよ。

目的や理由を考えて行けば一番自分に合った高校が選べて素敵な高校生生活が送れると思います。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ