年収が低いほど有利!? 通信制高校の学費補助

今日本では全日制高校の入学者が減り、通信制高校の入学者の増加しつつあります。

いつでも、誰でも、好きな頻度で通うことのできる通信制高校はとても便利ですが、いざ入学するとなると問題になってくるのはやはり「学費」の問題ですよね。

「自分の年収では通えるかわからない」という考えで通信制高校への進学を諦めてしまっている方、諦めるのはまだ早いです。

通信制高校は学費補助制度が充実しているため、年収が低くとも通うことが可能です。

今回は通信制高校の学費とその補助制度までしっかりと解説していきます。

この記事を読んで分かること:

・通信制高校の学費の概要

・学費補助制度の活用について

・実際にどれくらいの減額が可能なのか

通信制高校の学費について

補助制度について理解するためには、前提として学校費用について少しの理解が必要です。

よってまず通信制高校の学費について「学費概要」「内訳」という2点分けて説明していきます。

学費の概要

通信制高校の費用は補助制度を活用すると大きく減額されます。まずは全く制度を活用しなかった場合の初年度費用を紹介します

・私立:年額25~45万円

以上のような額になっています。これは入学金を含んでいるため、2年度からは1万円程の減額可能です。

一般の全日制高校の初年度費用が100万円程なので十分に安いと言えるでしょう。

・公立:卒業するまでに10万円以下

公立の通信制高校はサポートが無い代わりに、圧倒的に費用が安いです。

内訳

費用内訳は以下のようになっています。

・入学金

・授業料

・施設費

・諸費用

・スクリーニング費

授業料は1単位ごとの事が多いのが通信制高校の特徴です。

他にもスクリーニング(年に数日の必須登校日)には別途費用が必要になることも多いです。

上手く就学支援金制度を使おう

通信制高校の費用についてある程度理解して頂けたでしょうか。

次に学費補助制度の説明を行っていきます。

通信制高校に通うに当たって使うことのできる補助制度の正式名称は「高等学校等就学支援金」と言います。この制度を使えば最大で年額20万円近くの減額が可能です。

誰のための制度か

高等学校等就学支援金は「公立高校と私立高校間の費用格差がありすぎて、不公平だ」という声に答えるために作られた制度です。

主に低収入が原因で高校に進学することが難しい方を助ける制度です。

この制度を使えば「年収が低くて生活が厳しいから高校進学は諦めよう」と考えていた方でも、高校に進学することができるようになります。

対象外の方について

収入が原因で進学が難しい方を支援するための制度なので、当然年収の制限は存在します。

具体的な数字は以下のようになります。

30万4,200円以上(年収910万円程度)

これ以上の世帯収入を得ている場合には支援金を受け取ることは出来ません。

さらに上記の額以下の収入の方の中でも、その額により支援金は上下します。実際に通信制高校の進学を考え、費用計算を行う場合には資料を取り寄せて、しっかりと自分の収入と照らし合わせましょう。

実際にはどれくらい安くなるの?

さて通信制高校の学費とその支援制度についてある程度理解できたところで、次に気になってくるのは「実際にはどの程度の額が減額されるのか」ということですよね。

今回は「N高等学校」という通信制高校の学費を例に取り、就学支援金により実際にどれぐらいの額が給付されるかについて見ていきましょう。

N高等学校はインターネットでの教育に力を注いでいることが特徴の通信制高校です。

・補助金無しの場合の初年度費用:25万3千円

・補助金を受けた場合の初年度費用は以下です

年収~約590万円の世帯の場合、初年度費用は7万3千円

年収約590~910万円の世帯の場合、初年度費用は13万2700円

以上のように支援金を受け取ることにより、大幅な減額が可能です。

年収が590万円未満程の場合には年間約18万円の支援金が受け取れるため、3年間合計で考えると54万円程の学費減額が可能です。

590~910万円程の場合でも年間約12万円の支援金が受け取れるため、3年間合計として36万円の減額が可能となります。

高等学校等就学支援金制度が、低収入世帯の通信制高校進学をいかに助けてくれるか分かっていただけだでしょうか。

自分の収入をしっかりと把握した上で、使える場合にはどんどん活用していきましょう。

年収が低くても通信制高校に通える

さてここまで通信制高校の学費概要と、減額の方法について記載してきました。

以下にてもう一度おさらいしておきます。

・補助金を受けなかった場合の初年度費用は25~45万円程。

・補助金は世帯年収が約910万円未満の世帯のみが受けることができる。

・学校によっては年間約18万円、3年間で総額約50万以上の支援金の給付が可能。

「収入が低いから通信制高校に通えるかわからない」と考えていた方も、これならば安心ですよね。

皆さんは是非、高等学校等就学支援金制度を最大限に利用し、楽しく充実した通信制高校生活を勝ち取ってください。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ