通信制高校の日本航空高等学校ウィングハイスクールの学費はどのくらい?

航空業界を目指すため、学校に通わなければならない、でも住んでる場所が学校から遠い、毎日電車にのる時間が勿体無い、学校だとかえって集中できないなどの問題があります。また、ずっと学校にいるのは嫌だ、そういったことで悩みを抱えていませんか?

これらの悩みを解消させるために、どういった学校選択をすればよいか隠さず教えします!

今回は日本航空高等学校ウィングハイスクールの学費や学校の特徴についてご紹介します。

日本航空高等学校ウィングハイスクールの学費は安い?

学生は通信制学校の学費を気にしない人はいません。そこで、日本航空高等学校ウィングハイスクールの学費について丸裸にしていきます!

日本航空高等学校[普通科・航空学科]

  • 志望登録料:30,000円
  • 入学金、証明書:51,000円(入学時のみ)
  • 単位料:8,000円
  • 補習料:360,000円
  • 情報量:20,000
  • 航空科の実習費用:スクーリング費用50,000円
  • 災害共済給付金:252円(日本スポーツ振興センター)
  • 教科書・教材代:5,000円(1科目に付き)

学費はこのようになっています。

今見たのは学校の申込料などを全て含めての価格です。実際、学校でかかる通年の費用は、毎年必要となる授業料は一単位に付き8000円、年間25単位の科目を受講する場合、200,000円となります。学費の目安は年間約190,000円程度です。通信制高校の学費は登校日数によって変わってきますが、平均では20~40万円程度といったところです。日本航空高等学校ウィングハイスクールの学費は一般的な値段です。

今後航空業界を目指す学生にとって、負担が少なく学ぶことができます。

パイロットの年収は日本平均年収の約5倍!

最近訪日外国人の影響もあって、各航空会社は国際線の拡大に力を入れ始めました。そのことで、今後パイロットとして働きたいと考える若者が増えました。
普段、男性がパイロットになるのが多かったですが、今では多くの女性もパイロットになりたいと応募するようになりました。

日本航空高等学校ウィングハイスクールでは卒業した後、入学者の約95%が日本全国の大学、短大の指定校推薦を含めて進学します。また、当学校の学生の就職率はなんと100%です。就職先として航空会社が多いです。そのなかでもパイロットになった学生は厚生労働省で調査した日本平均年収を上回った給料を受け取ることができます!平均年収は約20,000,000円と、高収入です。

日本航空高等学校ウィングハイスクールを簡単に紹介!

学校の費用についてご説明しましたが、今から学校の歴史について少し触れていきます。学校の歴史はとても古く、1932年に航空発動機練習書として設立されたのが始まりです。
家から学校が遠い、経済的に困難な家庭はアルバイトをしながら勉強することができます。航空機について学べる学校として全国から注目が集まっています。また、この通信制高校では4つのキャンパスがあります。もし学校に通って勉強をしたいと考えている学生は、選択肢が増えて良いですね。

学校のコースは学生の目的にあわせて多種多様!

日本航空高等学校ウィングハイスクールでは、学生の登校スタイルに合わせて自由にコースを選択できます。
それぞれ通学・WEB学習・スタンダード・社会人と言った4つのコースがあります。これからそれぞれのコースの特徴を説明していきます。

通学コース

これは皆さんもご存知のように、基本的に全日制で毎日通学します。
通学コースでは毎日規制正しい生活が送れる他、ホームルームなどでクラスメイトと関わる機会も多いので、たくさんの人と友達を作ることができます。毎日通学して学習するという高校生活を送りたい方は当コースをオススメします。

スタンダードコース

通学コースト比べ、登校日数が愕然と少ないので、自宅での学習が中心になります。
年間20日程度の登校で済む他、最短4日のスクーリングを学習センターで実施します。
通学の時間がもったいない、仕事をたくさんして家族の負担を減らしたいと考えている学生はこのコースは良い選択です。

WEB・社会人コース

WEBと社会人コースの特徴はほぼ一緒です。学校などに通学せず、iPadを使ってインターネット講座で勉強をすすめていきます。また、インターネット講座の内容で分からないことはビデオ通話で先生に相談することができるので、1人での学習面で不安があっても安心して学習できます。

自分の過ごし方に合わせて通学頻度を選べる!

好きな時間に勉強したい、電車にのりたくない、学校から遠いなど、個人の都合にあわない人はこのコースを選ぶべきです。

いかかでしたか?4つのコースを説明して来ましたが自分にあったコースは見つかったでしょうか?まだ見つかっていない人は焦らないでください。ゆっくり観察していくことが大切です。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ