通信制高校から看護師に!学費は?

看護の仕事は、体力的にも精神的にも辛いという側面を持っていますが、人を助けるという魅力や、達成感がある仕事です。

一度、一般企業に勤めていた人が、看護職を目指すという例も多くある位、人気の職業でもあります。

今回は、そんな、看護師を目指すことの出来る通信制高校と、学費についてご紹介したいと思います!

通信制高校から看護資格合格を目指すというのはまだ一般的ではありませんが、十分可能性がありますよ!

(看護師になる為に何より大事なのは、高校を卒業することです。もし、学費の支払いが不安ならこちらの記事を参照してください!→通信制高校の就学支援金で学費を安くしよう)

通信制高校から看護師をどうやって目指すの?

看護師になる為には資格が必要となります。

通常の場合は高校を卒業後に3年制の看護専門学校、看護系短大か、4年制の看護系大学に進学して国家試験合格を目指します。

この試験に合格すると、各病院や医療機関に就職をします。

このように、看護師になる為には、専門学校、短大、大学卒業の経歴と、国家試験に合格する事が必要となります。

高卒では看護師になれない?

高校卒業後にすぐ現場で働くには、5年制一貫高等学校の看護科に通うという手があります。最初のうち3年は高校の衛生看護科、最後の2年は看護専攻科で学びます。

この方法を取れば、高校卒業後すぐ現場で働けますが、通信制高校はどうなのでしょうか?

通信制高校では、メディカルコースが設けられているところがあります。

ここでは、病院や医療機関の先生が講師となり、医療の基礎を教えてくれます。

通信制高校メディカルコースで現場に触れよう!

こうした学校では、在学中に医療事務や医療秘書といった資格を取得する事ができますが、看護の資格は取得できません。

また、看護系の大学、短大、専門学校は入試時に医療の知識を深く問うわけではないので、通信制高校のメディカルコースに通っても、通常の勉強をしっかりと行わなければ、入試に合格出来ません。

ただし、通信制高校のこうしたコースは医療業界と強いつながりを持っているので、現場の空気に触れる事や、先輩の看護師の声を聞くことができます。

こうした経験は、看護の道で働きたいというモチベーションの強化や、将来のイメージが明確になるという意味で大変意義があります。

看護師になるには自発的な努力も必要!

「通信制高校に通うと、看護学校に落とされてしますのでは?」という悩みを持っている方も多いそうです。結論から言うと、卒業した高校が通信制、全日制のどちらであっても合否には関係ありません。

看護科で学ぶ為に必要な高卒資格は、通信制高校を卒業しても取得できるからです。

ただし、毎日スクーリングがあるようなコース以外に所属していると、入試に必要な勉強が遅れている場合があります。

入試に向けて、勉強を自発的に行っていく必要があるでしょう。

通信制高校メディカルコースの学費について

次に、実際に看護の道を目指す場合、通信制高校の学費はどれくらいかかるのかを紹介していきたいと思います。

前述の通り、卒業後すぐに看護師として働けるようなカリキュラムを持っている通信制高校は在りません。

なので、今回はヒューマンキャンパス高校メディカルコースの学費を紹介していきたいと思います!

このコースは在学中に医療事務、歯科助手、介護福祉士などの資格を取得する事が可能です。看護を通して「人を助けたい」と考えている方は、将来の選択肢の1つとして、こうした資格を取得しておいてはいかがでしょうか。

ヒューマンキャンパス・メディカルコースの学費

入学金 10,000円
授業料 204,000円
施設費 60,000円
教科学習費 32,000円
教育充実費 120,000円
キャリア教育充実費 320,000円
合計 736,000円

上記が、年間24単位の場合の学費となっています。別途で諸費用もかかるので注意が必要です。

総額で100万円弱は想定しておくべきでしょう。

無理にメディカルコースにこだわる必要はなし!

メディカル専門コースの学費は高額になっていますが、看護学校に入るにあたって、こうした医療分野のコースに通っているかどうかはあまり重要ではありません。

前述の通り、看護資格に合格する上で重要なのは高校卒業後なので、大切なのは第1に高校を卒業する事、第2に看護科合格に必要な学力をつける事です。

もちろん、通信制高校在学中から医療が学べるのに越したことはありませんが、学費の支払いが不安な方は、一般的な通信課程を選ぶ、公立の通信制高校を選ぶといった方法をとり、学費を安く済ませましょう。

補助金も積極的に使おう!

看護資格を取得するとなれば、通信制高校卒業後も多額の費用が予測されます。

こうした事を想定して、就学支援金といった補助金を利用していきましょう。

この支援金は、国が学費を負担してくれるという制度です。返済義務のあるローンや奨学金などよりも、こちらを積極的に利用しましょう!

通信制高校を卒業する為には、学費を継続して支払える事が前提条件となります。将来の夢を叶える為にも、しっかりとした支払いの計画を立てましょう。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ