学費の安い岡山の通信制高校をご紹介!

通信制高校へのご入学をお考えの方にとって学費の問題は避けては通れません。

通信制高校への通学をお考えの方の中には「私立は学費が高そうだから公立にしようかな…」なんてお考えの方も多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと待って下さい!

私立でも学費が安い通信制高校はたくさんあります。

(社会人でも通える通信制高校をお探しならこちら!→社会人も通信制高校に通える!学費は?)

学費から考える岡山県の私立通信制高校

まずはじめに岡山県から通うことのできる私立の通信制高校についてご紹介します。

私立高校は特殊な技術の教育に力を入れていたり、外部から優秀な教員を読んでいたりすることも多く、非常にレベルの高い教育を受けられることが特徴です。

専門的な職に就くために技術を習得したいといった方には断然私立がオススメです。

NHK学園高等学校

学費が非常に安く幅広い年代の生徒から人気を集めるのがこのNHK学園高等学校です。

社会人の方も多いので

「若者だらけの空間に馴染めるだろうか…」

というような不安を抱えている方にとっては非常に通いやすい通信制高校なのではないでしょうか?

もちろん学費も安いので、一押しです!

今治精華高等学校

自分の好きな日数を登校日数として選ぶことができるのが、この今治精華高等学校の特徴です。

また、課題は主にレポート作成なので自分のペースで進めることができます。

アルバイトや趣味など、自分の時間を多く確保しつつ、高校の卒業資格を取得したいという方にはオススメの通信制高校です。

学費から考える岡山県の公立通信制高校

次に岡山県から通うことのできる公立の通信制高校についてご紹介します。

やっぱり公立は学費が安いことが多いです。

ただ、その分頑張らなければいけないことも非常に多いです。

例えば、卒業に対するサポート等は私立のほうがしっかりしていることが多いです。

しかし、キチンと自分の力で勉強し、卒業できるという自信のある方にとって公立高校は学費も安く非常に通いやすい通信制高校であると言えるでしょう。

岡山県立岡山操山高等学校

1年分の学費が約5万円という値段で通うことができるのが岡山県立岡山操山高等学校です。

ICTを利用した学習支援等、学業の面にも非常に力を入れており、しっかりと学ぶことができます。

また、スポーツ祭などのイベントも盛りだくさんなので、すぐに学校に馴染めますよ。

岡山県美作高等学校

岡山県美作高等学校の特徴は、コースや系が豊富にあるところです。

ITコースや福祉コースといった自分の将来に役立つコースが揃っています。

また、図書館や寮等の施設も非常に充実しており、生徒が勉強に集中できるような環境が整っています。

学費から考える私立と公立それぞれのメリット・デメリット

最後に私立と公立それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

私立のメリット

私立のメリットはなんといってもそのサポートにあります。

大学進学や就職まで手厚くサポートしてくれる学校が非常に多いです。

また、卒業までの勉強もきっちりとサポートしてくれます。

実際に私立は卒業率が高い学校が多いです。

このように、生徒の将来まで手厚いサポートをしてくれる環境が私立には揃っています。

私立のデメリット

私立のデメリットとしては、やはり公立に比べてどうしても学費が高くなってしまうということ。

それだけ手厚いサポートを受けられるということなのですが、学費を払うのが難しいという方ももちろんいらっしゃると思います。

そんな方は、ぜひ【就学支援金制度】について調べてみてください。

公立高校のメリット

公立の最大のメリットとしては、私立よりも安い学費で通学が可能であるということ。

これはアルバイト等をしながらの通学を考えている方にとっては、非常にありがたいですよね。

また、生徒がその地域の人の場合が多く、友だちがご近所さんだったなんてこともあるかもしれませんね。

公立高校のデメリット

公立高校のデメリットとしては、私立に比べてサポートがしっかりしていないということが挙げられます。

なので、自分の意思を強く持ち、日々の学生生活を送っていく必要があります。

単位の取得や就職・大学進学等に不安がある方は、もしかしたら公立ではそれを全て解決するのは難しいかもしれません。

もちろん、公立でもキチンとサポートを行ってくれる高校もあるので、公立高校へ進学を希望されている方はそういった高校を探してみるのも良いかもしれません。

また、公立高校は全国に展開している通信制高校の中でも私立に比べて数も少ないので、自身の学びたいことを学べる学校を探すのが大変というのもデメリットの一つかもしれません。

ただ、私立についても公立についてもあくまでそういう傾向にあるというだけなので、全ての学校に当てはまるというわけではありません。

ぜひ、自分にあった通信制高校を探してみてくださいね!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ