父子家庭や母子家庭の通信制高校の学費はどうなる?

通信制高校の学費は決して安い金額ではありません。母子家庭や父子家庭の方は特に、経済的負担が重くのしかかってくることでしょう。しかし高校には通いたい、通わせたい。そんな母子家庭や父子家庭の方々に向けて、通信制高校の学費制度と減額制度について紹介します。

(特待生での入学を目指すならこちら→特待生入試で通信制高校へ!学費は?

父子家庭、母子家庭で心配?通信制高校の学費について紹介

シングルマザーの家庭、シングルファーザーの家庭にとって教育に対する学費は悩みの種ですよね。今回は通信制高校にフォーカスして、学費の仕組みについて紹介していきます。

通信制高校の学費ってどうなってるの?

通信制高校の学費は公立校であるか私立校であるかによってかなり変わってきます。まずは公立校から紹介していきます。公立校は私立校よりも学費が安くなっているのが一般的です。入学金はどこの公立校も一律で500円です。通信制高校は単位制なのでこれに一単位あたり300円程度のお金がかかります。自治体によって単位あたりの料金は違うので一概には言えませんが、だいたい一年間に1~3万円の授業料が加わる計算となります。

一方私立校です。私立校の学費は公立校に比べると結構高い水準となっています。入学金は2~5万円ほどするところがほとんどです。授業料ですが、安い学校で一単位あたりおよそ6000円となってます。ですので年間換算するとだいたい18万円になります。

通信制高校は入学金や授業料以外にもお金がかかる?

通信制高校は上記の入学金と授業料に加えて他にかかる費用がでてきます。

実習などに必要な教材費やレポートなどの郵送費がかかるのです。教材費ですがその学校や受ける科目によって大きく違ってくると思うので、確認してみてください。レポートなどの郵送費についても結構かかってきます。

登校日が少なくていい学校などは特に、登校の代わりにレポートの郵送費がかかります。

母子家庭や父子家庭でも学費は払える?

結論からいうと十分に払える金額だと思います。もちろん金額に個人差があるのは当然ですが、母子家庭の平均世帯収入は290万円程度、父子家庭の平均世帯収入は450万円程度となっています。

公立の通信制高校や、私立でも学費の安い通信制高校なら十分に通うことは可能です。ただし、学校のリサーチを細かく行う必要があるでしょう。そのポイントをこれからお伝えしていきます。

通信制高校にかかるプラスアルファの学費リサーチポイント!

通信制高校に通う上で心配なのが、学費以外にかかってくる諸経費。諸経費を抑えるには、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか。

レポートの提出はオンライン?郵送?

レポートの提出がどうなっているのか、これは比較的重要なポイントになります。先程も言ったとおり通信制高校に通っている以上、レポートの提出量が膨大です。この提出に郵送代がかかってくるのかかからないのかで、トータルの出費が結構違ってきます。またオンラインの場合はネットの通信料もかかってきますね。こうした料金も馬鹿になりませんので十分に確認しておく必要があるでしょう。

生徒一人ひとりのサポートが充実しているか?

サポート制度がしっかりしているかどうかも重要なポイントとなってきます。なぜなら学校の他にサポート校に通うか、他の進路指導サービスなどを受けるかなどに直結してくるからです。学校外でサポートをしてもらうとなると、もちろんさらに費用がかかってきます。しかしサポートが充実している通信制高校はこうしたサービスも学内で完結してくれたりします。このようなサポートが充実している学校を選ぶべきでしょう。そのためには資料請求などを活用して沢山の正確な情報を集めていくことが重要となってきます。

父子家庭や母子家庭の人におすすめの学費サポート制度を紹介

学費のことで悩みを抱える家庭のために、ぜひ使うべき学費のサポート制度を紹介します。サポート制度を有効に利用することができれば、年間でかかる学費の負担を減らすことができます。

就学金支援制度を使おう!

就学金支援制度は高校生のための学費サポートの中でもメジャーな制度のひとつです。通信制高校に通うおよそ9割の生徒が活用していると言われています。この制度は国の法律によって実施されている制度で、公立校であれば授業料が無料になります。また私立校であれば年間12万円が授業料補助として支給されます。また保護者の年収からこの金額の1.5倍から2倍の額が支給される可能性もあります。

狭き門だが受かれば高待遇!特待生制度

通信制高校には特待生制度がある学校もあります。学校ごとに条件を設けており制度もさまざまです。一般的には学力に対する特待生制度とスポーツ・芸術と言った分野に対する特待生制度が用意されています。ただこれらは狭き門です。学力であれば難関私立大学を合格する見込みのある者、芸術やスポーツは全国大会に出場もしくは全国規模の展覧会に作品が出品される、などのレベルにある人達が対象のものです。ごく一部の人しか適用されませんが、適用されればかなりの高待遇が見込めます。自分にあったものがあれば、チャレンジしてみるのもいいでしょう。

学費のサポート制度をうまく利用して通信制高校に通おう

父子家庭や母子家庭などの経済的ハンデがあっても、通信制高校は門戸が開いています。まずは情報を集めることから始めてみましょう。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ