音楽が勉強できる通信制高校の学費はどれくらい?

誰もが一度は音楽業界で働いてみたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし現実は厳しく、生半可な技術では生きていけない業界です。本当に実力主義、弱肉強食の世界です。自分の夢を叶えるためにはそれに見合った努力をしなければなりません。

だからこそ、高校時代も精一杯専門的に勉強しなければならないんです!高校生活という大事な時間に集中することができれば、きっと業界で活躍できるほどの成長ができるはずです。

通信制高校なら高校卒業資格の取得を目指しながら本格的な勉強もできちゃうんです。

通信制高校で学べる音楽はどんなもの?

通信制高校は高校卒業資格を取得する学校ですが、それと一緒に音楽についての専門的な勉強もできます。専門的に教えている通信制高校だと、非常に豊富な学科があり、楽器の修理やセラピーといった派生的で特徴的な勉強ができる学校もあります。

業界の中でもミュージシャンだけでなく、ミュージシャンを支える人たち、音響エンジニアといった進路もあるので、実際に勉強してみて、そちらを深く勉強したいと考えるようになる人もいるらしいですよ。

プロに教えて貰える実践的な学習

基本的に通信制高校で専門的な勉強する場合は、プロが講師である場合がほとんどです。つまり高校時代という非常に早い段階からその業界のより専門的で、実践的なことを学ぶことができるんです。

もちろん、初めて勉強する人のために、基本的な学習もカリキュラムとしてあるので初心者の方も安心です。

生徒全員が効率的に成長できるようにマンツーマンレッスン少人数授業を取り入れていることがほとんどなので、その点でも初心者の方は嬉しいのではないでしょうか。

また、周りの人たちも積極的に学びたいと考える人たちばかりです。熱意のある仲間達と切磋琢磨して勉強していくのもいいのではないでしょうか。

本物の環境で勉強ができる

音楽を勉強できる通信制高校ではどこも最新の設備を備えている場合がほとんどです。まさにプロが働く環境で勉強ができるといってもいいでしょう。

学校によっては自前のスタジオを備えていて、360日いつでもスタジオが使用可能という場合もあります。いつでも自分がやりたい時間に練習ができるのは魅力的です。

卒業後の進路はどういうもの?

卒業後はそのままプロとして活躍していく人もいますし、専門性のある大学に進学する方もいるようです。これも高校卒業資格を取得しながら専門的な勉強ができる通信制高校だからこそできることですよね。

それ以外でも、学校の講師や、メジャーデビューのための活動を続けていく人たちもいます。

通信制高校だからできる面白いカリキュラム

通信制高校によっては在学中にiTunesに楽曲をリリースすることができるカリキュラムがあります。また、バンド活動やCD制作など、本物のプロに近い活動をプロと一緒にすることによって、実際に業界で働くということはどういうことなのかがわかるようになります。

そうしたことを通じて、自分の将来を考える機会ができるのではないでしょうか。

音楽を勉強する場合の学費は?

専門的な勉強をしながら高校卒業資格を取得した場合の通信制高校の学費はおよそどれくらいなのでしょうか?ここではヒューマンキャンパス高等学校の学費の例を紹介しようと思います。

ヒューマンキャンパス専門課程の場合

入学費 10000円
授業料 8500円/単位数
施設費 60000円
教科学習費 32000円
教育充実費 120000円
キャリア教育充実費 320000円
合計 736000円

※別途スクーリング費や教材費がかかる場合があります。

専門性があるため学費は高め

専門性のある勉強ができるため、基本的に学費は高めに設定されています。

しかし、最新の設備やプロの講師の指導を受けることができる事を考えれば当然と言えるのではないでしょうか。

通信制高校サポート校である場合、別途通信制高校の学費がかかる場合があるので、注意が必要です。

就学支援金を利用しよう

通信制高校では、生徒の学費の負担を軽減するべく、支援金を配布している場合があります。

それらの制度を使えばもっとお得に通信制高校に通えます。

若いうちから音楽を勉強しておこう

音楽は才能的な面もありますが、どれだけ長い時間関わっているか、勉強しているかでも大きな差が生まれます。そういった意味でも、通信制高校で音楽の勉強をすることは、他の人との差を大きく拡げることができるでしょう。

少々基本的な通信課程の学費と比較すると高いと言えますが、それに見合った結果を得ることができるのではないでしょうか。

自分にどれだけ熱意があるかによって入学してからの成長は大きく違ってくると思いますが、自分の夢を追いかけるための勉強できる通信制高校に通うのは価値ある決断であるといえるのではないでしょうか。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ