学費のかかる通信制高校とかからない高卒認定試験どちらがいいのか検討してみた!

通信制高校と高認試験どちらがいいんでしょうか?通信制高校は意外に勉強やレポートで忙しいですし、スクーリングなどで時間を奪われてしまうのが嫌な人も多いはず。そうなると高認試験を受けようと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、通信制高校には通うべき理由がちゃんとあるんです。今回は通信制高校と高認試験について紹介していこうと思います!

通信制高校か高認試験どっちにするか?

進路に迷っている方はだいたい通信制高校に通うか、高認試験を受けるかで悩んでしまう場合が多いですよね。卒業するなら同年代の人たちと一緒に卒業したい。大学受験に集中したい。など、それぞれ重視していることは違うと思います。

通信制高校の特徴

通信制高校は基本的に3年間の在籍と74単位の取得によって高校卒業資格を取得するものです。

学校によっては全日制の高校のような生活スタイルの場合もありますし、専門コースを選択すれば自分の興味のある専門分野の勉強をすることもできます。また、卒業後の進路についてもサポートしてくれますし、進路の上で必要な知識なども学ぶことができますよ。

前の学校だとうまく学校生活に馴染めなかったけど高校生活を楽しみたいと考えている人も、通信制高校でしたら学校行事や体験スクーリングなどを通じて楽しい高校生活を過ごせるのではないでしょうか。

通信制高校は、いろいろと寄り道をして、進学するか、就職するかを考えながら学校生活を通じていろんなことを学んでいきたいと考えている方にオススメできます。

高卒認定試験の特徴

高認試験は8月と11月の年2回行われる試験です。

基本的に難易度は低めで、だれでも高校卒業資格が取得できるようになっています。ですので高校卒業資格を取得するだけでしたら高認試験を受けるだけでもいいといえます。進学する場合は、高校卒業資格を取得するために時間を奪われることもなく、大学受験対策に時間を使えるのでそれだけ有利です。

しかし気をつけていただきたいのは、あくまで高校卒業と同程度の資格があるというだけで、正式に高校を卒業したということはではないということです。高認試験に合格して進学などをしない場合は公務員試験といった高卒以上の方を対象にしている募集に応募することはもちろんできますが、履歴書の最終学歴を中卒と書かなければなりません。

それによって就職が不利になることはありませんが、あまりそういう情報は履歴書に載せたくないと考えてしまう方はやめたほうがいいかもしれません。

高認試験はすでに高校卒業後にやることが決まっている方、高校卒業資格を取得して最短で目標を達成したいと考えている方、学校生活をできるだけせずに大学進学、就職をしたい方にオススメです。

学費を払うだけの価値があるのが通信制高校

以上のように、通信制高校と高認試験を比較してきました。手っ取り早いのは確実に高認試験のほうですよね。

しかし先程紹介したとおり、通信制高校では高認試験を受けるだけでは学ぶことができないようなことまで学ぶことができます。

学費を支払わなければならないので、それだけ家庭に負担を与えてしまいますし、卒業まで時間がかかってしまいますが、まだ自分の将来をどうするか分からないという方には確実に通信制高校をオススメします。

高校時代という大切な時期に自分の将来を見据えて考える時間があってもいいと思いますし、学校で勉強をして、友達をつくって学校行事を楽しむことで自分がどんなことをやりたいのかということが分かってきます。

学校が苦手だと感じる方にとってまた学校に通うことは抵抗のあることだと思いますが、同じ悩みを抱えて通信制高校を選択した方もいますし、そういった悩みを軽くするようなサポートをしている学校もあるので、学校が苦手な方でも安心して学校に通うことができますよ。

もし学費を安く抑えたいと考えている方には就学支援金というものがあるのでそちらをご確認ください。

学校に通いながら高認試験を受けてみる

通信制高校に通いたいけど毎日の勉強と課題がちゃんとできるかわからなくて不安だと感じている人は多いのではないでしょうか。

そういうときは通信制高校に通いながら高認試験を受けることをオススメします!

基本的に高認試験は、通っている高校で取得した単位の試験を免除できるようになっているので、高認試験を上手に使えば学校で出されるレポートや授業を減らすことができますよ。

高卒認定試験を上手に使うべし!

高校卒業資格を取得するだけでしたら高卒認定試験を受けるだけでいいと思いますが、やはり通信制高校には学費を払うだけの価値があります。

通信制高校に通いながら自分のやりたいことを探したり、やりたいことの勉強ができたりと非常に魅力的なカリキュラムがある学校がたくさんあるので資料請求などをして調べてみてください。

また高認試験も単位のことを考えると、利用すれば便利になるので、両方を上手に使って高校卒業資格を取得するという方法が非常に効率的でオススメです。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ