通信制高校に通いながら留学した場合の学費はどれくらい?

将来海外で活躍したい!外国人の友達が欲しい!と考えている方にとって海外留学はとても魅力的ですよね。
スポーツを極めたいと考えている人も将来的に英語を使うことを考えると海外に行くことを考えるのではないでしょうか。
今回は通信制高校の海外留学の制度がどういったものなのか、学費はどれくらいなのかを紹介していきます!

通信制高校の留学制度

通信制高校だったら日本の高校卒業資格取得を目指しながら海外留学をすることができます。大きく分けると、通信制高校の制度を利用したスタイルと、通信制高校にただ通学しながら海外の高校に通学するスタイルがありますよ。

正規留学は日本と海外の卒業資格が取得できる

正規留学とは海外の高校に正式に入学する方法で、この制度ですと海外の高校卒業資格を取得することができます。
しかしその代わりに、基本的に海外で生活することになるので、全日制の高校に通っている場合は高校を休学または退学してから行かなければなりません。
海外の高校卒業資格取得後に日本に戻って復学することもできますが、あまりやっている人はいないようです。
つまり日本での高校卒業資格は諦めなければならないということです。

しかし、通信制高校は年数回のスクーリングと課題レポートだけで高校卒業資格を取得できるので海外の高校卒業資格の取得と一緒に日本での高校卒業資格も取得することができます。
現地の高校での勉強に加えて通信制高校の勉強もしなければならないので、大変ではありますが、日本の大学に進学可能になるということを考えるとやる価値はあるかもしれません。

その際はスクーリングの回数が少ない通信制高校を選ぶか、学校によっては海外にキャンパスがある場合があるので、そういった学校を選んだほうがいいでしょう。似たようなものに語学留学があります。
海外の高校卒業資格の取得といったことは関係なしに、語学学校に通って本気で英語を身につけたい人やそのまま海外で進学したいと考えている人にオススメです。

交換留学は基本的に短期間のプログラムです

交換留学とは短期間だと2週間や3ヶ月、長期だと半年から1年ほど海外の高校に編入する方法です。
出発前に、ある程度の英語力の習得が求められており、カリキュラムとしての英語学習や面接などが必要になる場合があります。
海外の学校での授業に加えて、ホームステイなどによって異文化に直接触れることができるため、よりリアルなものを学ぶことができます。実際に行った人の中にも、最も印象に残っているのはホームステイだという人がいます。
日本を離れて異文化に触れることで、自分を客観的に見ることができるのではないでしょうか。
短期間の海外滞在は将来海外で活躍したいと考えている人だけでなく、英語を使った仕事がしたいと考えている人にも人気です。

どの国にするのかも大切!

海外留学をする上でどの国にするかというのも重要になってきます。国によって文化や慣習は異なりますし、英語にも訛があります。
特にオーストラリアは特徴的な訛をしており、できるだけフラットな英語を学びたいと考えている人は避ける傾向にあるようです。
自分がどの国に興味があるのか、漠然としたイメージじゃなく、きちんと考えたほうがいいでしょう。

海外留学をした場合の学費の目安は?

海外留学をした場合通信制高校の学費はどうなるのでしょうか?
N高等学校を例に見ていこうと思います。

N高等学校ではベルリッツ英語プログラムとして6ヶ月の日本での英語学習と3ヶ月のオーストラリアへの海外留学の計9ヶ月のプログラムがあります。また、マンツーマンレッスンかグループレッスンかで学費が異なります。
ベルリッツ英語プログラムの学費に加えてNを高等学校の学費が別途かかるため学費としては非常に高額といえますが、非常に充実したプログラムですので受ける価値はあるでしょう。

N高等学校の学費(インターネットコース)

出願費 5000円
入学費 50000円
授業料 5000円/単位数
施設設備費 50000円/年間
教育関連諸費 25000円/年間
合計 293912円

ベルリッツ英語プログラム費用

入学費 32400円
マンツーマンレッスン受講料 1350000円
教材費 35000円
留学費用 1600000円
合計 3000000円

合計金額

基本学費+ベルリッツ英語プログラム(マンツーマン)=3,293,912円

※この目安は高等学校等就学支援金を適用した場合です。
※留学費用においては別途諸費用がかかります。

海外留学でなりたい自分になろう!

海外留学をするとなるとどうしても学費は高額になってしまうようです。
学校によっては通信制高校自体の学費をある程度免除してくれる制度があるので資料請求などで確認する必要があります。
また、紹介した目安はあくまで交換留学の学費ですので、正規留学を希望している人はまたスクーリングの少なくて学費の安い通信制高校を探したほうがいいです。
海外留学といっても様々な手段があるので、自分のやりたいことと、将来を見据えて、自分に合った通信制高校を選んでくださいね!


「学費の安い通信制高校を検証」トップ