成人の方へ!通信制高校の年齢層と学費

通信制高校とは全日制高校と違って年齢の制限がないと言っても、やっぱり10代の方が多いのではないかと思っているあなた。

それは間違っています。

これから通信制高校の実際の年齢構成を紹介します。

さらに通信制高校の学費についても紹介します。

通信制高校の学費は全日制高校に比べれば安いとはいえ、もっと安くできるなら安くしたいですよね。

そんなあなたに費用を安くすることができる方法も教えます。

(学費を安くする方法を更に詳しく知りたい方はこちら!→通信制高校の就学支援金で学費を安くしよう)

通信制高校には年齢の壁が存在しない

通信制高校には年齢の上限がありません。それなので15歳以上の方なら誰でも入学が可能です。

そうは言っても、「高校」なので自分だけ年上になってしまうのではないかと不安ではないですか。

そのような不安は不要です。

通信制高校は名前の通り通信教育が中心なので登校日数がとても少ないです。通われる通信制高校にもよりますが、少ないところでは年に6回ほどの登校で卒業できるところもあります。

毎日登校するとなると、年齢が上になると目立つかもしれませんが、あまり学校に通うこともないので心配いりません。

通信制高校の年齢構成

では実際のところ年齢構成はどうなっているのでしょうか。詳しくは以下の記事を見てください。

→通信制高校に年齢は関係ない?実態とメリット

実は10代の生徒は約半分しかいないのです。

以前はもっと少なかったのですが、通信制高校は最近専門課程の勉強ができる新たな学び場として注目され、若い人の入学者が増えました。

若い人も成人している人も、ちょうどいいバランスで高校卒業資格取得をめざして学習に励んでいます。

成人されている方が多いのは公立と私立どっちなの?

通信制高校はどこを選んでも、若者がそんなに多くないのかといえば、そうではないです。

公立の通信制高校の場合だと10代の生徒が大変多いです。

その理由の1つに入学試験があることです。

どうしても成人されている方だと、中学の学習内容を忘れてしまっていて、入学するのに勉強が必要になります。

そのため公立の通信制高校は10代の生徒が多いです。

一方で私立の通信制高校は公立と違い入学試験がありません。

それなので成人されている方が多いです。

そのために成人されている方へのサポートも充実しています。具体的にはスクーリングの際の成人専用のクラスが設けられていたり、コースに成人の方用のものが設けられていたりします。

既に成人されている方は私立の通信制高校を検討してみるほうが良いかもしれません。

気になる!通信制高校の年間でかかる学費はいくら?

年間でかかる費用も公立か私立によって大きく変わってきます。

特に成人されている方で、働きながら学費を払うという方にとっては重要な問題ですよね。私立と聞いてなんとなくわかる人も多いと思いますが、私立は費用が比較的高いです。

まずは比較的安い公立の通信制高校の平均の学費を紹介します。

公立の場合、入学金は500円となっています

通信制高校とは全日制高校と違って年齢の制限がないと言っても、やっぱり10代の方が多いのではないかと思っているあなた。

それは間違っています。

これから通信制高校の実際の年齢構成を紹介します。

さらに通信制高校の学費についても紹介します。

通信制高校の学費は全日制高校に比べれば安いとはいえ、もっと安くできるなら安くしたいですよね。

そんなあなたに費用を安くすることができる方法も教えます。

通信制高校には年齢の壁が存在しない

通信制高校には年齢の上限がありません。それなので15歳以上の方なら誰でも入学が可能です。

そうは言っても、「高校」なので自分だけ年上になってしまうのではないかと不安ではないですか。

そのような不安は不要です。

通信制高校は名前の通り通信教育が中心なので登校日数がとても少ないです。通われる通信制高校にもよりますが、少ないところでは年に6回ほどの登校で卒業できるところもあります。

毎日登校するとなると、年齢が上になると目立つかもしれませんが、あまり学校に通うこともないので心配いりません。

通信制高校の年齢構成

では実際のところ年齢構成はどうなっているのでしょうか。詳しくは以下の記事を見てください。

実は10代の生徒は約半分しかいないのです。

以前はもっと少なかったのですが、通信制高校は最近専門課程の勉強ができる新たな学び場として注目され、若い人の入学者が増えました。

若い人も成人している人も、ちょうどいいバランスで高校卒業資格取得をめざして学習に励んでいます。

成人されている方が多いのは公立と私立どっちなの?

通信制高校はどこを選んでも、若者がそんなに多くないのかといえば、そうではないです。

公立の通信制高校の場合だと10代の生徒が大変多いです。

その理由の1つに入学試験があることです。

どうしても成人されている方だと、中学の学習内容を忘れてしまっていて、入学するのに勉強が必要になります。

そのため公立の通信制高校は10代の生徒が多いです。

一方で私立の通信制高校は公立と違い入学試験がありません。

それなので成人されている方が多いです。

そのために成人されている方へのサポートも充実しています。具体的にはスクーリングの際の成人専用のクラスが設けられていたり、コースに成人の方用のものが設けられていたりします。

既に成人されている方は私立の通信制高校を検討してみるほうが良いかもしれません。

気になる!通信制高校の年間でかかる学費はいくら?

年間でかかる費用も公立か私立によって大きく変わってきます。

特に成人されている方で、働きながら学費を払うという方にとっては重要な問題ですよね。私立と聞いてなんとなくわかる人も多いと思いますが、私立は費用が比較的高いです。

まずは比較的安い公立の通信制高校の平均の学費を紹介します。

公立の場合、入学金は500円となっています。

そして年間授業料が1万円~3万円程度となっています。

そのほかに年間3万円程度かかります。

つまり年間でかかる費用は数万円ということになります。

続いて私立の通信制高校の学費を紹介していきます。

入学金は2~5万円となっています。

そして授業料が年間で18万円~となっています。(1単位あたり6,000円)

そのほかに年間で3万円程度かかります。

このように私立の学費は公立に比べて高くなっています。

私立の学費が高いのはなぜ?

先ほど学費を紹介しましたが、私立の学費は高かったですよね。しかしただ高いだけではないのです。

私立は学費が高いぶん、サポート体制が充実しているのです。

サポート体制が充実していますので、学習を進めるうえでの疑問点や不安をそのままにすることなく、学習を進めていくことが可能になっています。

このようなことから、私立の通信制高校のほうが卒業しやすいと言えます。

通信制高校の学費を安くする知識を教えます!

就学支援金というのを知っていますか。

就学支援金というのは高校の授業料の援助を国が行うというものです。

もちろん通信制高校も対象です。

実際にどのくらい支援金が出るかというと、公立の場合は24単位修得した場合、約8,000円~16,000円ほど支援金がでます。

私立の場合は1単位あたり4,812円でます。年間で12万円ほど支援金が受けられます。

もちろん成人されている方でも支援を受けられます。

しかし注意することが2つあります。

1つは一度学費を全額納めたあとに、支援金が出されるということです。

2つ目は支援金が出るかどうかは、各世帯の年収によります。世帯年収が910万円を超える場合は対象外になってしまいます。

都道府県独自の学費減免措置制度もある

就学支援金のほかに、学費減免措置制度もあります。

これは各都道府県によって対象となる学校、内容、条件が異なるので、ご自身で調べるしかありません。

この制度が最も充実しているのは、大阪府です。

大阪府では年収610万円未満の世帯は、保護者の負担額は無償になります。

このような負担額を減らしてくれる制度を知らないのと知っているのでは大きく違うと思うので、ぜひ覚えておいてください。

そして年間授業料が1万円~3万円程度となっています。

そのほかに年間3万円程度かかります。

つまり年間でかかる費用は数万円ということになります。

続いて私立の通信制高校の学費を紹介していきます。

入学金は2~5万円となっています。

そして授業料が年間で18万円~となっています。(1単位あたり6,000円)

そのほかに年間で3万円程度かかります。

このように私立の学費は公立に比べて高くなっています。

私立の学費が高いのはなぜ?

先ほど学費を紹介しましたが、私立の学費は高かったですよね。しかしただ高いだけではないのです。

私立は学費が高いぶん、サポート体制が充実しているのです。

サポート体制が充実していますので、学習を進めるうえでの疑問点や不安をそのままにすることなく、学習を進めていくことが可能になっています。

このようなことから、私立の通信制高校のほうが卒業しやすいと言えます。

通信制高校の学費を安くする知識を教えます!

就学支援金というのを知っていますか。

就学支援金というのは高校の授業料の援助を国が行うというものです。

もちろん通信制高校も対象です。

実際にどのくらい支援金が出るかというと、公立の場合は24単位修得した場合、約8,000円~16,000円ほど支援金がでます。

私立の場合は1単位あたり4,812円でます。年間で12万円ほど支援金が受けられます。

もちろん成人されている方でも支援を受けられます。

しかし注意することが2つあります。

1つは一度学費を全額納めたあとに、支援金が出されるということです。

2つ目は支援金が出るかどうかは、各世帯の年収によります。世帯年収が910万円を超える場合は対象外になってしまいます。

都道府県独自の学費減免措置制度もある

就学支援金のほかに、学費減免措置制度もあります。

これは各都道府県によって対象となる学校、内容、条件が異なるので、ご自身で調べるしかありません。

この制度が最も充実しているのは、大阪府です。

大阪府では年収610万円未満の世帯は、保護者の負担額は無償になります。

このような負担額を減らしてくれる制度を知らないのと知っているのでは大きく違うと思うので、ぜひ覚えておいてください。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ