通信制高校の学費は生活保護でも払えるの?

通信制高校への入学を検討しているけど学費が心配だというみなさん。

特に生活保護を受けているご家庭では費用の支払いについて不安が多いのではないでしょうか。

「生活保護を受けているうちでも学費を支払えるの?」そんな疑問に今回はわかりやすくお答えします!

通信制高校の学費はどのくらい?

そもそも通信制高校の学費ってどのくらいなんでしょう。

実は全日制高校以上にピンキリなのが現状です。

→通信制高校の学費の相場を調べてみた

なぜなら通信制高校は全日制高校よりも安い授業料の学校がたくさんあるからです!しかし学費が高い学校というのは金額に上限がないので、通信制高校のほうがお金のかかる学校とかからない学校の間にものすごい金額の差が生まれてしまうんです。

平均的な年間学費は30~40万円といわれていますが、100万円以上の負担をしなければならない学校もたくさんあります。

就学支援金や奨学金の利用もできる

そうなるとできるだけ授業料が安い学校を選ばないとなんだか悔しいですよね!

でも学費が安いとそれだけサポートも減ってしまうケースがほとんど。

勉強に自信がないなどの理由で学校側からのサポートはたくさん受けたい、けど生活保護だからあまり学費は支払えない…。

そんな人は就学支援金や奨学金など、授業料の負担を減らせるさまざまな制度を利用することをおすすめします。

→通信制高校の就学支援金で学費を安くしよう

こうした制度を利用すれば実質的な負担はほぼ0円にして通信制高校へ通うことだってできます。

世帯年収が250万円未満の場合には、基本支給額の2.5倍の金額を給付金として受け取ることができるんですよ。

生活保護受給家庭も多い!

以上を読んでおわかりいただけたように通信制高校は学費が全日制高校よりも安く、さまざまな制度も利用できるということで、実は生活保護を受給している家庭の生徒も多く在籍しています。

全日制高校では修学旅行など行事ごとに支払うお金も「かなりの出費だけどでも払えないなんていえない…」なんて家庭の悩みの種になってしまいがちですが、通信制なら行事の参加は自由。

社会人の生徒も多いので行事に参加しないからといって目立つようなこともないので、高校卒業に必要な学費だけを負担すれば済みます。

制服やジャージの購入もない学校が多い

制服の購入で困ったことがある家庭も多いでしょう。

生活保護を利用している家庭では、中古の制服の購入をしたケースも多いと思います。

通信制高校なら指定の制服やジャージがない場合が多いので、そういった授業料以外の購入費用もほとんどないです。

私服だとそれはそれで大変だという声もありますが、通信制なら登校日数自体が少ないので通学用に私服を購入する必要も特にありません。

生活保護を受けている家庭にはかなり優しいシステムだというのがお分かりいただけたでしょうか。

生徒がアルバイトで学費を支払うケース

通信制高校は登校日数が少ないので、生徒自身が自分で働きながら学費を支払っているケースも多いです。

全日制高校だとアルバイト禁止の学校も多いですが、通信制ではむしろ先生もバイトを勧めてくることが多いので、勉強に差し障りのない程度で働きながら卒業までにかかる費用を生徒が支払うこともできます。

おすすめの通信制高校

ここで学費が安いおすすめの通信制高校を1校ご紹介します!

→飛鳥未来高等学校

飛鳥未来高等学校の魅力は費用の安さだけではありません。

88.5%もの高い数字を誇っている卒業生の進路決定率です!

進路が決まりやすい学校を選びましょう

生活保護を受けている家庭では、お子さんの進路が家族の生活に関わってくることも多いでしょう。

お子さんが高校卒業しただけで終わらないようにその後の進路についてもしっかりサポートしてくれる学校を選ぶのがおすすめです。

通信制は高校卒業後にそのまま就職をする生徒が多いので、就職についての指導がとても充実しています。

就職活動の際の面接練習や、履歴書の書き方なども授業の一環として教わることができる、そんな飛鳥未来高等学校のような学校を選ぶのがおすすめです。

3年間で卒業できるのが大前提

高校卒業までに莫大な費用がかかってしまう一番のケースは、3年間で卒業ができなかったケースです。

そりゃあ4年間在籍したら1年分の在籍費用がかかってしまうので最も避けたいケースだといえるでしょう。

飛鳥未来高等学校は卒業率も高いのでおすすめです!

まとめ

結論として生活保護を受けている家庭でも通信制高校なら負担を少なくして卒業できるということがお分かりいただけたのではないでしょうか!

通信制は生徒が自由に使うことができる時間が多いので、案外家族の距離も縮まりやすいという声もあります。

両親が共働きだったり、シングルマザーで母親はずっと仕事に出ていたりと言った事情で家族の距離がなかなか縮まらない家庭こそ、実は通信制高校がおすすめなんです。

たくさんの学校を見て生徒にぴったりの学校を見つけられるといいですね。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ