通信制高校の学費を節約するコツ

今この記事を見て下さっている方は、さまざまな理由で全日制高校ではなく通信制高校に通って卒業を考えている方が多いと思います。
でも、学費を払えるか心配という理由で、入学するのをあきらめてしまっていたりしませんか。結構お金がかかってしまうというイメージがある方もいるかもしれません。
ですが、まだあきらめるには早いです。

今回はそんな学費への心配を解消するために、少しでも学費を節約して高校卒業を果たすためのコツを紹介していきます。

通信制高校の学費はいくらくらい?

まず通信制高校に通うのにかかる学費はどのくらいでしょうか。全日制高校と同様に公立と私立で大きく変わってきます。
公立の通信制高校は比較的安い入学金と授業料で通うことができます。東京都の場合、入学金が500円で1単位336円です。卒業までに74単位必要ですから約20万円かかります。

一方で私立の通信制高校は1単位あたりの授業料は8000円程度が相場です。そして、施設費をはじめ諸経費が毎年かかってきます。
卒業までに50万円ほどから300万円ほどかかる学校まであり、通う頻度によってピンきりであるといえます。
公立の通信制高校と比べればとても高いことが分かります。
公立高校は自分で学習をすすめなければなりません。それに比べ私立高校は手厚いサポートがあります。

ですから、無理なく卒業するなら私立の通信制高校をおすすめします。
自分の性格的に一人でも学習をすすめることができるという方は、公立高校でもいいでしょう。

学費を節約して通信制高校を卒業するコツ

ここまでは通信制高校に入学して卒業するまでにかかる学費について紹介してきました。
ここからは学費を少しでも節約して高校を卒業するコツについて紹介していきたいと思います。

通学日数が少ないコースを選ぶ

通信制高校には完全に通信制で年に数回しか学校に通わなくて良いコースから、全日制と同じように週5日通うコースまでさまざまなコースがあります。

通信制高校の学費は登校スタイルによって大きく変わってきます。
登校スタイルが自宅学習メインであれば費用は安く、通学コースであれば通う頻度が高いほど費用が高くなります。

ですから、自分の学習スタイルと、通信制高校で選択するコースを一致させることが重要です。あまり通学するつもりがないのに、通学頻度の高いコースを選んでも、学費が無駄にかかってしまうだけです。

学校によってはインターネットを使った授業が充実している学校もあり、自宅でも十分学習を進めることができます。
高校を卒業するだけならば通学の少ないコースを選ぶといいでしょう。
ただ、将来的に専門的な職に就きたいと考えている方もいると思います。
通信制高校には普通の卒業資格を得るための授業だけでなく、オプションコースを選べる学校があります。
こういったコースは比較的に安い費用で提携先の学校で専門的に学べます。
ですから、一時的にはお金がかかりますが、将来的に働くことを考えるならば積極的に利用することをおすすめします。

奨学金制度を利用する

奨学金はいくつか種類があります。一番おすすめが就学支援金です。
就学支援金とは高校卒業するために国から受け取ることのできる支援金のことです。この支援金が給付されるかどうかは親の所得が関わってきます。

住んでいる地区によって制度が様々なので、受け取ることができる金額が変わってきます。一度確認してみましょう。
就学支援金によって私立の通信制高校であれば年間10万円以上の授業料を減額できるので、大きく学費を節約することができます。

また、これは奨学金なので後に返済する必要がなく卒業も安心です。
他に自治体の奨学金や銀行や国の教育ローンがあります。
前者は各自治体が無利息で就学意欲があるものの、金銭的な理由で学校に通えない生徒に給付される奨学金です。
後者は国や銀行が低金利でお金を貸して就学を支援するものです。低金利で長期返済可能なので比較的負担が少ないといえます。

卒業率が高い学校を選ぶ

期間内に卒業出来ない場合、1年余分にお金がかかり学費は高くなってしまいます。
そのためには期間内に卒業できるように卒業率が高い学校を選ぶ必要があります。
卒業率が高い学校は少人数で丁寧に授業をおこなっていたり、授業以外での学習支援があったりします。

先程も言ったとおり、基本的には私立高校は卒業のためのサポートが手厚い学校が多いです。
ですから、自分にあったスタイルで登校して学習できる学校を選ぶことが大切だといえます。

学費も大事だけど自分にあった学校を選びましょう

今回は学費を節約して通信制高校を卒業する方法について紹介してきました。
無理ないカリキュラムで学習をすすめて卒業することが大切です。
学費のためにアルバイトをたくさんしてしまい、勉強する時間が全くとれずに卒業できない、なんてことでは意味がありません。

ぜひ今回紹介したコツを頭に入れて自分にあった高校を探してみてください。
興味のある高校のサイトを見たり、資料請求をしたりして見比べて選ぶようにしましょう。


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ