サポート充実した埼玉の通信制高校なら志学会高等学校!学費や口コミ解説

通信制高校を選ぶ上で重視される項目ナンバーワンといえば学費。しかしその次に重視されるのは、サポート体制です。
埼玉県内で通信制高校をお探しの人におすすめしたい、志学会高等学校の学費やそのサポートについて紹介します。

志学会高等学校って?

志学会高等学校は埼玉県にある通信制高校です。この高校の特徴は充実したサポート。
入学や転入したときはたくさんの不安があると思います。そのような悩みが多い生徒のために担当の先生が親のように一人ひとり親切に対応する制度が整っています。
また決まった曜日で通う必要が無いので自分のペースで通うことができます。そのため必要な学習やレポート作成に取り組むことができます。不登校の方や中退の経験がある人もしっかり学習できるようにサポートができています。

進学にもばっちり対応

将来のことなどもしっかりとした個別対応により、進学や就職を目指す生徒に合っている進路を見つけ出すように対応してくれます。また大学や専門学校への推薦もあるので進路が見つけやすいというのも大きなメリットですね。

登校日数が多い通い方も選択できるため、入学当初は登校日数が少なくても受験が近い3年生になった段階で増やすこともできます。

普通の高校のような大きな校舎

通信制高校のほとんどはビルのワンフロアを借りて運営している塾のようなスタイルですが、志学会高等学校は全日制高校と同じような見た目の大きな校舎を持っています。

校庭や専門教科を学ぶ特別教師もあるので、全日制に劣らない学習ができます。

志学会高等学校の学費

通信制高校の学費は全日制よりもかなり安いです。志学会高等学校の学費や募集要項を紹介します。

  • 入学金:1万
  • 施設整備日:2万
  • 教育関連諸費:2万
  • 1単位あたりの授業料:8,800円
  • 年間学費:26万
  • 上記の通り、私立の全日制高校の年間学費と比べると低い金額で通うことができます。

    購入品が少ないのも通信制の特徴

    私立の高校というと、制服はもちろん指定ジャージの購入など授業料以外での費用も多くかかる印象がありますよね。通信制の場合はそういった指定品が非常に少ないのが特徴。志学会高等学校も校舎こそ全日制高校に見劣りしませんが、制服の購入などが必要ないので授業料以外のお金は基本的にかかりません。

    いじめが多い国日本では通信制の需要が急増

    文部省によるといじめは「一定の人間から心理的に、肉体的に攻撃を加えたことにより精神的な苦痛を感じることと」と定義されています。日本の小学校・中学校・高等学校での年間いじめ総数は約7万5000件以上あるといわれており、認知されていないものもあるのでそれを含めれば10万件あってもおかしくないでしょう。児童1000人あたり5,6件ある計算ですが、なかなか発見し辛いのがいじめの性質です。

    いじめを受けると自殺や犯罪に繋がるケースも多いです。調査によるといじめをうけた生徒は約6倍自殺しやすいと出ています。海外の事例ですが、銃乱射事件なども悲劇的な事件も引き起こしやすいです。また近年SNSの発展により身体的いじめより言葉による暴力が増えています。例えばLINEとかのグループラインでの誹謗中傷や無視など、また悪質なものだと個人情報の流失などのものです。そういったことから不登校になったり、高校を退学してしまうケースも増えています。

    高校を中退するリスク

    現実問題、就職など高等学校を卒業していないだけで不利になります。また資格が取れないことや大学に行きたいと思っても卒業していないので行くこともできません。そんな人のために勧めたいのが通信制高校です。

    通信制高校はスクーリングでない限り人に合う機会が少なく、集団行動が苦手な人でも通いやすいです。イベントなどもあり、友達が欲しい方も安心できます。スケジュールも自分で作成するので自分の時間がしっかり組めて自由度もあります。志学会高等学校もそんな通信制高校のうちの一つです。

    埼玉県に住んでいるなら埼玉県内の高校を選ぼう

    志学会高等学校だけでなく、埼玉県にはいくつかの通信制高校があります。通信制とはいえ年間に最低数日間は登校しなければならないのが現在の法律。埼玉県内にお住まいなら、できるだけ埼玉県内に本校がある学校を選びましょう。東京都の学校に少し足を伸ばして通う生徒も多いです。

    選び方は学費だけじゃない

    よく学校選びを学費だけでしてしまう人がいますが、実際のところ登校日数が同じくらいなら学費はどこの学校に行ってもあまり変わりません。そのため本当に重視したほうがいいのはサポートや立地など、学費以外の部分。

    個別指導に対応しているかどうか、授業が土日にも受けられるかどうか、先生がたくさんいるかどうか。通信制高校を選ぶポイントは学費以外にもたくさんあります。入学前には自分に合う学校がどんな学校か十分に考えてみてください。そうすることで卒業の確率も上がります。


    →「学費の安い通信制高校を検証」トップへ