通信制高校の学費の支払いを分割にする方法

通信制高校の学費は年間でおおよそ40万円が平均金額だとされています。

なかには80万円以上の支払いが必要な学校も。

正直一括での支払いが厳しいという家庭も多いのではないでしょうか?

通信制高校の学費は一括払いだけじゃない!

高校や大学の学費の支払いは一括払いだけだと思っていませんか?

実は通信制高校は授業料の支払いを分割にできるケースも多く存在するんです。

通信制高校は収入状況に不安がある家庭が全日制高校より多い傾向にあるので、支払い方法についてさまざまな工夫をしてくれている学校が多いんですよ。

分割で費用を支払う方法

でも各通信制高校の学費案内を見てみると、授業料の支払いは基本的には一括のみだとの表記が多いです。

どのような方法を使えば分割や月々の支払いにすることができるのでしょうか?

教育ローンの利用

おすすめなのは教育ローンの利用です。

お金を借りるものなので多少の金利はかかってしまいますが、教育ローンは一般的なローンよりは実はずっと低い金利で融資を受けることができます。

ローン会社と提携している通信制高校も最近どんどん増えているので、学校を通して申し込みできる場合も多く安心してローンを使うことができますよ。

この方法なら通信制高校を卒業したあとに生徒自身が学費を払うこともそう難しくはありません。

支払い方法を選べる学校もある

珍しいケースですが、一括払いか分割払いか始めから選択できる通信制高校もあります。

ここで支払いについて悩んでいる皆さんに質問です。なぜ通信制高校の授業料は一括払いが多いのでしょうか。

一概には言えませんが、一番の理由は学費を分割にすると、きりのいいタイミングで退学をする生徒が出てしまって学校の運営費用を集めにくくなってしまうからだといわれています。

そのため分割払いを選択できるということは、学校がそういった心配をあまりしていない=中途退学をする生徒が少ない学校だと読み取ることもできます。

分割での支払いができる通信制高校に絞って学校選びをしている保護者もたまにいます。

相談次第という学校も…

通信制高校に入学する際は、入学試験を受験する前に教職員や入学事務局のスタッフと保護者を含めて面談をすることが多いです。

こうした入学前面談のときに授業料の支払いについて相談をすれば、分割払いなど大抵のことは対応してくれます。

1年分は支払えるけど来年以降はどうなるかわからない…そんな不安も試しに相談してみると、通信制高校側が何かいい提案をしてくれるかもしれません。

成績が優秀だと学費が免除される学校なんかもあります。

支払いを分割にするメリット

ではここからは学費を分割で支払うメリットを紹介します!

この記事を参考に実際に費用を支払う際の、毎月のシミュレーションをしておくといいですよ。

生徒がアルバイトで支払うことも多い

年間学費が仮に40万円だったとしたら、月々の学費の支払いはだいたい3万3千円。

高校生アルバイトの時給は平均900円ですから、だいたい36時間のアルバイトで支払うことができます。

月36時間ということは一週間あたり9時間のアルバイト、ということは1日4~5時間のシフトを週2回働けばもう支払うことができるというわけです。

「生徒自身がアルバイトをして学費を支払う」と聞くとなんだかものすごく大変に聞こえますが、分割払いなら案外難しくないということがおわかりいただけましたか?

通信制高校は自分の自由な時間が多いのが大きなメリットです。

実際にアルバイトをしながら自分で授業料を支払っている生徒は非常に多いですよ。

転校の際などに無駄がない

通信制高校に入学後なんらかの事情で転校は中途退学をすることは十分に考えられます。

転校と聞くと悪いイメージがする人も多いかもしれませんが、全日制高校が運営している通信制高校では年に数人が通信制へ転籍をします。こうした転籍も転校です。

もしもこういった場合に年間学費をすでに一括で支払っていると、授業料の一部が無駄になってしまいますよね。

分割払いならきりのいいところで支払いをやめて、そのまま転校や中途退学を無駄なく行うことができます。

メリットとデメリットを考えて支払い方法を決めよう

通信制高校の学費の支払いを分割にする方法と、そのメリットについて今回は詳しく紹介しました!

今回はメリットに注目して紹介しましたが、メリットがあればもちろんデメリットもあります。

一括払いのメリットについて考えてみるのもいいでしょう。

→通信制高校の年間学費を一括で支払うメリット

家族で相談がおすすめ

学費を支払うのは保護者かもしれませんが、授業料については生徒本人も含めて家族でしっかり相談をしてみてください。

入学後にお金のことで問題が起きると勉強にも支障をきたすかもしれません。

なるべくなら家族全員で一度学費の支払いについてしっかりシミュレーションしてみるといいでしょう。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ