ストレスフリーな通信制高校の学費の調べ方

「通信制高校に通いたい」と考え、実際に通えるかどうかを検討するために学費を調べてみたけれど、なかなか正確な情報がでてこないという方。

もしくは「資料請求をするのは面倒くさいからインターネットで学費を調べたい」という方。

そのように考えている方は多くいらっしゃると思います。

そうです、通信制高校の費用はとても調べにくいようになってしまっています。

年額約~円という表示が出てきたとしても、正確にはいくらなのか、内訳はどうなっているのか、本当にそれしかお金がかからないのか。

以上のような不安は尽きませんよね。

そのような方々の悩みを素早く解決するために、今回は通信制高校の費用の調べ方について、深く詳しくガイドしていきます。

この記事の情報を得れば、もう皆さんが通信制高校の学費探しに煩わされることはなくなるでしょう。

通信制高校の学費の調べ方概要

通信制高校の調べ方には大きく分けて2通りの調べ方があります。

・オンラインで調べる

・資料請求をして調べる

オンラインで調べる場合というのは学費を調べる初期段階に多いですよね。「少し気になっているけれど、資料請求をするのは少し面倒くさい」という方はまずオンライン回線を駆使して調べましょう。

具体的な手段はインターネットで調べるか、直接学校に電話をかけて調べるかの2通りが存在しています。それぞれの方法のメリット、デメリットについては後述していきます。

資料請求をして学費を調べるのは基本的には、既に通信制高校に進学することは決めていて、数校の中で迷っているという段階に多いと思います。

これに関してもメリット、デメリットについては後述していきます。

インターネットでの調べ方

まだ「気になっている」「少し興味がある」という初期段階では、いきなり資料請求をするのは、とても面倒くさく感じられますよね。

そんな場合にとても役に立つのがインターネットです。しかしネットを使って通信制高校の学費を調べる場合には気をつけなくてはならない点もあります。

インターネットで調べるメリット

情報にリーチするまでにかかる時間というのは、間違いなくインターネットが最短です。調べて10秒後には求めている情報がある、という素早さがネットの魅力です。

インターネットで調べるデメリット

ネットで調べるデメリットは何といっても情報の不正確性です。よくあるまとめサイトや、個人のブログ、そのようなサイトの情報は正確性が担保されていません。

注意して調べていきましょう。

インターネットを使って正確な通信制高校の学費を知る方法

正確性の担保された情報というのは究極的には学校のホームページにしか存在しません。

しかしここで厄介なのが、通信制高校のサイトは具体的な費用が非常に分かりにくいように構成されているということです。以下にてどこを調べればよいのかを書きます。

1、まずサイト上部のメニューを見る。

2、『募集要項』『入学案内』などの文字を探す。

3、それらのメニューあれば基本的にそこに載っています。

4、『募集要項』『入学案内』の文字がない場合、各カリキュラム過程に載っています。

以上の4ステップを踏むだけで、ほぼ確実に正確な通信制高校の費用情報を知ることができるでしょう。

電話での調べ方

電話の利点は手軽さと正確さがバランスよく偏在している点です。

しかし電話を使って全ての情報を得ようとするのはやめましょう。

電話の使用方法として正しいのは、ネットの情報に正確性を後付する使用です。電話を学校にかける場合には、情報をほぼ集めきってから、それでもわからない部分の補完と、「本当に情報が正しいのかを聞く」という使い方をしましょう。

オンラインで調べる方法は以上となります。

資料を請求して調べる

次に通信制高校の学費を調べるために、資料請求をする場合について書いていきます。

この方法は上述しましたが、基本的に「通信制高校への進学は決定し、詳しい学費などの項目を検討し、あと数校の中から最適な学校を選択する」という段階で使われることが多いです。

以下にて資料請求をするメリット、デメリットについて解説します。

資料請求のメリット

・どこよりも正確な学費情報が得られ、いつでもすぐに情報を見返すことができる。

・資料請求をしたサイトや学校によっては特典がつく。

資料請求のデメリット

・単純に1番手間が多い。

・時間がかかる

以上のようにメリットとデメリットがあります。

しかし気になっている学校は必ず資料請求を行うことを強くおすすめします。

なぜなら学校資料には公式ホームページにも載ってない情報が存在していることが多くあるからです。

例えば通信制高校独自の費用であるスクリーニング(年数日の必須登校日)費はホームページ上にものっていない場合があります。

三年間の費用の総計を出すためには、資料請求が必須なのです。

通信制高校の学費調べ方まとめ

さてここまで通信制高校の学費の調べ方、それら1つ1つの方法のメリット、デメリットに関して詳しく解説してきましたが、覚えられたでしょうか。

以下にてもう一度まとめます。

オンラインで調べる

・インターネット:他のどの方法より早いが、正確性の担保が無いため、必ず公式ホームページを調べる。ホームページを見る際には『募集要項』『入学案内』などのメニューを探す。

・電話:正確性と素早さのバランスがよい。情報を補完、正確性を確かめる意味で使うべし。

資料請求

他のどの方法より時間と手間が掛かるが、正確性と情報量は段違い。費用の総計を調べる際には必ず取り寄せる。

以上の情報をうまく活用し、ストレスフリーな情報収集を行ってください!


→「学費の安い通信制高校を検証」トップへ