指定校推薦のある通信制高校の学費は?

指定校推薦とは、大学などが指定した学校に推薦枠を設ける選抜制度です。

高校での成績が良い事が指定校推薦合格には必要ですが、受験勉強をする事なく有名、難関大学に入学できる事も多く、人気の制度です。

実は、通信制高校にも、指定校推薦枠が充実している学校があります。

こうした学校に入学する事で、難関大学進学を効率良く目指す事が可能です!

(優秀な成績を目指すなら、奨学金の基準を満たす可能性が大です!

→奨学金で通信制高校の学費を安く!)

通信制高校で指定校推薦を目指すメリット

多くの通信制高校では、進学希望の生徒を対象に特進コース(名称は各校で異なる)を設けています。

こうしたコースは主に一般受験での大学合格を目指すものであり、推薦を目指したものではありません。

しかし、この様に受験勉強に力を入れるよりも、推薦を狙った方が良いという場合もあります。

受験は一本勝負!

希望の大学の学部試験は、それぞれ1年に1回しか行われません。

受験前には合格確実視されていた学生が、本番での緊張やケアレスミスで不合格になってしまった例は毎年山ほどあります。

こうした状況を防ぐ為、多くの受験生は大学を併願しますが、私立大学の場合は願書を取り寄せて受験を申し込むだけで1学部あたり1~3万円程かかります。

一般受験を受ける場合は、どんなに優秀な学生でも膨大な費用がかかってしまう事が想定されるのです。

受験の内容と授業の内容はかなり違う

通信制高校の学生の中には、特進コースに通いながら有名予備校にも通っているという方がいます。

特に有名私立大学の入試では、教科書には明示されていないような内容を問われる場合が多く、こうした対策が必要となってくるのです。

特に早稲田や慶應といった大学の場合は、「〇〇事件が起きた当日の気温と天候を答えなさい」という問題が日本史の試験で出るというように、授業で扱われない超難問が当たり前のように出題されるので、特別な対策が必要になってきます。

とはいえ、こうした予備校に通う場合は、学費以上のお金がかかってしまう事もありますし、都市以外には校舎自体があまり在りません。

指定校推薦の場合は、学校の評定が合格基準になるので、こうした難問・奇問の対策に時間をかける必要がなくなります。

興味のある事を継続して学べる!

指定校推薦で進学する事をおすすめするのは、難関大学狙いだけの方ではありません。

通信制高校時代に専門に学んだものを継続して学んでいきたいと考えている方にもおすすめです。

公表されている推薦枠一覧に、早稲田大学、法政大学といった超難関大学の他に、ものつくり大学、デジタルハリウッド大学といったロボットやゲームの制作、アニメについての学習などができる大学が掲載されている通信制高校もあります。

推薦枠を使うことで、高校、大学の7年間をアニメ制作やロボット制作に費やすという、一般的な同世代とは全く違った人生設計を立てる事が出来ます。

もし、好きなことや得意分野にとことん打ち込み、自分らしく行きたいと思うのであれば、指定校のある通信制高校への進学を考えてみてはいかがでしょうか!

指定校推薦の実績が優れている通信制高校の学費

ここからは、指定校の枠が、質・量ともに優れている高校の学費を紹介していきたいと思います!

クラーク記念国際高等学校の学費

ここでは、クラーク記念国際高等学校の学費について紹介していきます。この通信制高校は全国の4年製大学、短大から300以上の推薦枠をもらっているという、正に指定校推薦に強い通信制高校となっています。

クラーク高校は、通信制高校には珍しく制服があり、全日制、毎日通学が基本となっております。

今回は、「全日制で高校に通うのは難しい」という方の為に、クラークの通信制課程の学費を紹介します。

入学金 10,000円
授業料 8,000円(1単位)
教育充実費・施設費 13,000円
合計(初年度) 223,000円

上記が通信制課程(単位制)を選択した場合の初年度の学費の合計となります。

これらに加え、制服や各種テキストの購入費などもかかるので、注意が必要です。

全日制がある高校の場合は注意が必要

初年度の学費を見ると、もちろん安いわけではありませんが、「全日制よりも安い学費を払って、勉強さえ真面目に受ければ難関大に進学できる!」と考える人もいるのではないでしょうか。

ただ、こうした全日制が併設されている高校の場合、推薦を受ける条件に「全日制の生徒である事」と記載されている可能性が高いです。なぜなら、評定基準は全日制、通信制、コースによって大きく異なる場合が多いので、最も一般的な全日制の氷帝の付け方のみを参考にするという事態になってしまうのです。

指定校狙いの場合はあいまいな部分を明らかにしておこう!

今回は、クラーク記念国際高等学校を紹介させていただきましたが、優れた指定校枠を目の当たりにすると、「通信制課程の生徒も申し込めるの?」といった大切な質問を忘れてしまいそうになります。

こうした情報が気になる場合は、高校の窓口に相談をしましょう。

学費に限らず、「大学等進学率100%!」といった曖昧なコピーも良く見かけますが、気になった場合は、とことん聞きましょう。

わからない事をなくして、納得のいく通信制高校選びをしていきましょう。


「学費の安い通信制高校を検証」トップ